2016年11月20日

プロデューサー列伝〜第3章:トミー・リピューマ②

伝説のミュージシャンから最新のアーティストまで、
過去から今、そして未来へとつながる音楽のルーツを紹介するコーナー
「Roots Of Masters」

第3章は、トミー・リピューマに迫ります。

lipuma

「自分がやるミュージシャンに関しては確固たる音作りをする人なんだけども

音を聞くというか優れたプロデューサーだなと思うのは、

音楽を聴いてこれは売れるあるいは世界に通じる価値がある、

そういうものに関してもトミー・リピューマっていうのはものすごいいろんな人を見つけてる

1979年か1980年かな、日本に来た時に日本の音源をいろいろ聞いて

まだ日本で話題になっていなかったYMOこれは絶対世界で売れるってピックアップして、

アメリカで出るような手配とかいろんなサポートをしたっていう

そういう意味でYMOをプロデュースするってことはないけど聞いてこれは日本の中でも

世界に持って行った方が売れるんじゃないかって聞く耳はすごい人なんだですね

1970年にワーナーブラザーズに移った頃ちょうどレコーディングもですね

70年代中期になると16chから24chになっていろんなスタジオのワーキングができるようになって

それで彼が目指していたアル・シュミットなんかと組んで

整然とした美しい音を作ることができて、それが出来たのが

ジョージ・ベンソンのブリージングというアルバムと

マイケル・フランクスのアート・オブ・ティーっていうアルバムなんだけど

この2枚によってトミー・リピューマは整理した音、綺麗な音、

オーディオ的な音を作るプロデューサとして世界に知らしめたんじゃないかなと思います。」

71of42fnhql-_sl1425_

<オンエア曲>

George Benson / Breezing’

投稿者 : mins|2016年11月20日

2016年11月20日

2016年11月20日

20161027_153856

  1.  Led Zeppelin「Communication Breakdown」(1969)  
  2. Billy Bragg & Joe Henry「Early Morning Rain」 (2016) 
  3. The Plastics「Top Secret Man」(1979)※SOUND INSURANCE
  4. 野宮真貴「想い出のロックンローラー」(2016)※SOUND INSURANCE
  5. 安藤延晃「プロメテウスの火」(2016)
  6. George Benson「Breezing’」 (1976)※ROOTS OF MASTERS

投稿者 : mins|2016年11月20日

2016年11月20日

Sound Insurance(11/20)

毎月ゲストをお迎えして、その方が大切にしている心の1曲「パートナーソング」を、

ご紹介していく「Sound Insurance」のコーナー。

今月は野宮真貴さんをお迎えしています♪

第3回目となる今夜のセレクトは…

20160902_162845

♪第3回のセレクト

The Plastics「Top Secret Man」

 

41hjhse02al

「デビュー寸前に佐久間さんからCMの歌唱のお仕事いただいて

それが初めてのCMソングの仕事でした、

もちろんプラスチックスを佐久間さんがやっているのを知っていたし

プラスチックスの大ファンで、私のボーカルスタイルとかファッションと音楽ができた

ところもあるのですごく尊敬しているんですけど、

その時のボーカルディレクションで佐藤チカちゃんみたいに歌ってとか言われて

いろいろためにました。」

 

投稿者 : mins|2016年11月20日