2016年11月27日

2016年11月27日

img_2821

  1. Snoop Dogg「Ten Toes Down」 (2016)  
  2. Rich Robinson「Music That Will Lift Me」 (2016)  
  3. Jackie DeShannon「What The World Needs Now Is Love」(1965) ※SOUND INSURANCE
  4. 野宮真貴  「東京は夜の7時〜盆踊りVersion」(2016) ※SOUND INSURANCE
  5. Hurricane #1「I Wanna Kill You」(2016)
  6. Diana Krall「Dancing In The Dark 」(2001)※ROOTS OF MASTERS

投稿者 : mins|2016年11月27日

2016年11月27日

プロデューサー列伝〜第3章:トミー・リピューマ最終回

伝説のミュージシャンから最新のアーティストまで、
過去から今、そして未来へとつながる音楽のルーツを紹介するコーナー
「Roots Of Masters」

第3章は、トミー・リピューマに迫ります。

lipuma

「オーディオファンが好きな音であると、非常に整然としたそしてジャストな音を作る
アーティストで、一緒に組んでいるクラウス・オガーマンっていう
ストリングのアレンジをする人そしてユーミンでもお馴染みの世界を代表するエンジニア
アル・シュミットなんかと組んでいてあんまり極端なロックはしない、
80を過ぎてなおも現役で、ここ最近ではキス・オン・ザ・ボトムという
ポール・マッカートニーが全部スタンダードを歌ったアルバムなんかのプロデュースは
トミー・リピューマでバックはトミー・リピューマが手がけているダイアナ・クラールに頼んで
ダイアナ・クラールのバンドがポール・マッカートニーのバックを務めたっていう
そういう風に音楽って繋がっていてポール・マッカートニーとダイアナ・クラールと
ジョージ・ベンソンなんて全然つながんないように見えて実はちゃんとプロデューサーとか
エンジニアで繋がっていくっていうのが音楽の面白いところ。」

投稿者 : mins|2016年11月27日

2016年11月27日

ゲスト:野宮真貴(11/27)

毎月ゲストをお迎えして、その方が大切にしている心の1曲「パートナーソング」を、

ご紹介していく「Sound Insurance」のコーナー。

今月は野宮真貴さんをお迎えしています♪

最終回となる今夜のセレクトは…

20160902_162845

♪最終回のセレクト

Jackie DeShannon「What The World Needs Now Is Love」

1280x1280

「ピチカートでワールドツアーしてる時に、私たち『Me, Japanese Boy』を日本語でカバーしていて
それがアメリカのラジオ局ですごくかかったんですね。
それを本人聞いてくださって。
その時はお会いしなかったんですけど、電話でお話しすることができて、

Me, Japanese Boyを電話の向こうでピアノで弾いてくださいました。
バート・バカラックは小西さんが本当に好きで、それを教えてもらってだんだん好きになりました。
でも最初に買ってもらったカーペンターズのアルバムの中にもバカラックの曲は入っていたし、
知らずに聞いて育っていたっていうか、子供の頃から渋谷系のルーツを聞いていたんだなって。」

 

 

投稿者 : mins|2016年11月27日