2016年12月25日

プロデューサー列伝〜第5章:ヒュー・パジャム

伝説のミュージシャンから最新のアーティストまで、
過去から今、そして未来へとつながる音楽のルーツを紹介するコーナー
「Roots Of Masters」

第5章は、ヒュー・パジャムに迫ります。

hugh-padgham

「ヒュー・パジャムは純粋なエンジニアからプロデューサーになった人なんです

向こうのエンジニアの特徴というのは日本のエンジニアは一部を除くと楽譜が読めたり

絶対音感があったり楽器ができたりって人はなかなか少ないんですけど

向こうのエンジニアはそれができている人が多いんですよね

逆にあるプロデューサーなんかはそれが常識じゃないかっていう人がいるし

ヒュー・パジャムの場合は一番初めはアドビジョンスタジオっていう

イギリスの1960年代に有名だったスタジオで初期のYESとかELPなんかの

レコーディングのアシスタントのアシスタント、つまりテープをまわす人だよね

そういうとこからスタートして段々仕事を覚えてラウンドソンスタジオってとこに移った後に

ここもアシスタントだったんだけどタウンハウススタジオっていうのをバージンが儲かり始めた時

二つ目のスタジオとして作った時にチーフエンジニアに昇格した。

本当に駆け出しからやってようやくチーフエンジニアになって一番初めに注目されたのが

フィル・コリンズだと思うんだよね。

この人の特徴っていうのはエンジニア出身だから作れる音というものがあるんだよね

それはドラムの音にノイズゲートリバーブとかゲーテットリバーブっていうんだけど

ノイズゲートっていうのが1970年代から普及してそれまでドラムっていうのはマイクをいっぱい立てると

どうしても音が被ってしまうとか4chしかないときは一つのチャンネルに全部音を入れなきゃいけなかった

それがノイズゲートができたことによって音を別々に録ることができるようになって

音が分断できるようになって、ドラムサンドに関しての特殊なリバーブを聞けば

ヒュー・パジャムだってわかるような音を作るようになった。」

<オンエア曲>

41opmxmpmyl

XTC / Runaways

投稿者 : mins|2016年12月25日

2016年12月25日

2016年12月25日

img_2829

  1. Green Day「Somewhere Now」 (2016)
  2. Bon Iver「_____45_____ 」(2016)
  3. Rhianna featuring Jay-Z 「Umbrella」(2007)※SOUND INSURANCE
  4. MINMI「初夢」(2010)※SOUND INSURANCE
  5. 榊原真久「愛情」(2016)
  6. XTC「Runaways」 (1978)※ROOTS OF MASTERS

投稿者 : mins|2016年12月25日

2016年12月25日

ゲスト:MINMI(12/25)

毎月ゲストをお迎えして、その方が大切にしている心の1曲「パートナーソング」を、

ご紹介していく「Sound Insurance」のコーナー。

今月はMINMIさんをお迎えしています♪

最終週となる今夜のセレクトは…

minmi4

♪第4回のセレクト

Rhianna featuring Jay-Z 「Umbrella」

615h6nqncal

「リアーナにハマったきっかけは、うちの長男が赤ちゃんの時に、
なぜかリアーナのこの曲をかけたら泣き止むって現象があって。
泣きやますために何百回もかけて、そこからリアーナが大好きになったんです。
その後リアーナってクリス・ブラウンとDVで暴力を受けてその写真を公開したじゃないですか。
最初はアイドルみたいな感じだったのに、どんどん変わっていって、
表も裏も全部出すし、傷の部分をさらけ出してくれているっていうところがすごいカッコよくって。
アーティストのスタンスみたいな意味でもリアーナから影響を受けてます。
自分の真面目じゃないとことかまともじゃないところも表現するっていうのは素晴らしいなって。」

投稿者 : mins|2016年12月25日

2016年12月18日

★プレゼントクイズの正解発表☆

受付終了〜〜〜!!!

今日の「Music Insurance〜音楽の心を保険〜」では、

正解した方の中から抽選で2名の方に、

Amazonで使える5000円分のギフトカードが当たる

プレゼントクイズを実施しました!
81gk7qcjzql-_sl1500_

クイズに正解した方の中から抽選で2名の方に、

Amazonで使える5000円分のギフトカードをプレゼントいたします!

<問題>

2016年は音楽界の偉大なる重鎮たちが多数この世を去った1年でした。
先日、アメリカ経済誌・フォーブスが、
既に亡くなった著名人で昨年10月から今年9月までの1年間に、
印税などで稼いだ金額を調べた長者番付を発表しました。
その1位に輝いたのは、ミュージシャンでしたが、
さてそれは、次のうち誰でしょうか?

① レナード・コーエン

② マイケル・ジャクソン

③ ジミー・ペイジ

という問題でしたが、正解は・・・
② マイケル・ジャクソン でした。


2009年に逝去したマイケル・ジャクソンが
この1年間で稼いだ金額は8億2500万ドル(日本円にしておよそ860億円)!!
ちなみにランキングの2位は、
「ピーナッツ」の作者チャールズ・シュルツさん、
3位は9月に逝去した
男子ゴルフの往年のスター選手アーノルド・パーマーさんでした。

たくさんのご応募、ありがとうございました!

投稿者 : mins|2016年12月18日

2016年12月18日

2016年12月18日

img_2826

  1. Eric Clapton With J.J. Cale「Cocaine」 (2007-2016) 
  2. Pixies「Classic Masher」 (2016)  
  3. Ella Fitzgerald「How High The Moon」(1993)※SOUND INSURANCE
  4. MINMI「四季ノ唄」(2004) ※SOUND INSURANCE
  5. Re:Daze「Spade」(2015)
  6. Van Halen「You Really Got Me」(1978)※ROOTS OF MASTERS
  7. Little Fear「Willin’」 (1972)※ROOTS OF MASTERS

投稿者 : mins|2016年12月18日

2016年12月18日

プロデューサー列伝〜第4章:テッド・テンプルマン

伝説のミュージシャンから最新のアーティストまで、
過去から今、そして未来へとつながる音楽のルーツを紹介するコーナー
「Roots Of Masters」

第4章は、テッド・テンプルマンに迫ります。

images-1

「テッド・テンプルマンの功績はやっぱりヴァン・ヘイレンを見つけてデビューさせたっていうね

ヴァン・ヘイレンは1枚目から6枚目までアルバム制作に関わっていますけど

可能性のあるミュージシャンを見つけるのが上手いなと、

それとキャプテン・ビーフハートとかリトル・フィートとか前衛的な音楽をやる人も手がけている

一方で、エリック・クラプトンとかエアロ・スミスなんかの仕事もしているので

非常に幅の広いプロデューサーなんだけど、その元にあるのはバーバンクサウンド

所謂ウエスト・コーストサンドだったんじゃないかな

ヴァン・ヘイレンがハードロック不在というアメリカで1970年代末、

急に出てきて大スターになったっていうのは一つはハードロック不在だった中に

スター性のあるヴァン・ヘイレンが出てきた、

もう一つはヴァン・ヘイレンのサウンドっていうのは非常にイギリスのハードロックとは違う

クリアなサウンドだったんだよね、その辺はテッド・テンプルマンの腕だったんじゃないかな

ちなみにテッド・テンプルマンは後にヴァン・ヘイレンに加入するサミー・ヘイガーという

ボーカリストをプロデュースしてるしヴァン・ヘイレンをやめた

デイヴィッド・リー・ロスもテッド・テンプルマンはプロデュースしている

そういった面倒見のいいプロデューサーでもあるのかなと思います。」

<オンエア曲>

41tvpjbsxjl

Van Halen / You Really Got Me

51fqie4p8jl

Little Fear / Willin’

 

投稿者 : mins|2016年12月18日

2016年12月18日

ゲスト:MINMI(12/18)

毎月ゲストをお迎えして、その方が大切にしている心の1曲「パートナーソング」を、

ご紹介していく「Sound Insurance」のコーナー。

今月はMINMIさんをお迎えしています♪

3週目となる今夜のセレクトは…

minmi4

♪第3回のセレクト

Ella Fitzgerald「How High The Moon」

hqdefault

「私スキャットに憧れて、ちょっとラップっぽいっていうか

私もアドリブが好きで今でもライブでアドリブで歌ったりするんですけど

エラのアドリブ聞いてあんな風に音の上で、

子供の時も自由にピアノ弾くのが好きだったので

決められたものを作って演奏するっていうんじゃなくて

その時のフィーリングで音に乗っていくっていうのがすごい好きだし

憧れたっていうか影響受けましたね。」

投稿者 : mins|2016年12月18日

2016年12月18日

★クイズに正解してAmazonカードをゲットしよう★

今日の「Music Insurance〜音楽の心を保険〜」では、

リスナーのアナタにプレゼントをご用意!

81gk7qcjzql-_sl1500_

クイズに正解した方の中から抽選で2名の方に、

Amazonで使える5000円分のギフトカードをプレゼントいたします!

2016年は音楽界の偉大なる重鎮たちが多数この世を去った1年でした。
先日、アメリカ経済誌・フォーブスが、
既に亡くなった著名人で昨年10月から今年9月までの1年間に、
印税などで稼いだ金額を調べた長者番付を発表しました。
その1位に輝いたのは、ミュージシャンでしたが、
さてそれは、次のうち誰でしょうか?

① レナード・コーエン

② マイケル・ジャクソン

③ ジミー・ペイジ

ご応募は、番組メールアドレス ins@bayfm.co.jp まで!

件名に「クイズの答え」、

本文に「お名前」「住所」「電話番号」を忘れずに書いて下さい。

応募の締め切りは、このあと11時50分まで。

当選者の発表は、商品の発送をもって代えさせて頂きます。

たくさんのご応募、お待ちしています!

投稿者 : mins|2016年12月18日

2016年12月15日

★番組からプレゼントのお知らせ★

今週の「Music Insurance〜音楽は心の保険〜」では、

リスナーのアナタにプレゼントをご用意!!

81gk7qcjzql-_sl1500_

番組内で出題されるクイズに正解した人の中から抽選で2名様に、

Amazonギフト券5000円分をプレゼント!!

詳細は今週の番組をチェックして下さい!

投稿者 : mins|2016年12月15日

2016年12月11日

2016年12月11日

img_2824

  1. Robert Glasper Experiment「Day To Day」 (2016)    
  2. Wallis Bird 「The Deep Reveal」 (2016) 
  3. Daryl Hall & John Oates「Private Eyes」(1981)※SOUND INSURANCE
  4. MINMI「Run」(2016)※SOUND INSURANCE
  5. 齊藤さっこ「ほめてあげたい」(2015)
  6. The Doobie Brothers「China Grove」(1973)※ROOTS OF MASTERS

投稿者 : mins|2016年12月11日

1 2