blogトップ

2017年3月19日

プロデューサー列伝〜第8章:ジョージ・マーティン③

伝説のミュージシャンから最新のアーティストまで、

過去から今、未来へとつながる音楽のルーツを紹介するコーナー「Roots Of Masters」。

現在のテーマは“プロデューサー列伝”です。

 

第8章:ジョージ・マーティン③

ビートルズを見出して、ジェフ・ベックの方向性を決めたプロデューサー。

素材としての曲を調べ上げて、

アーティストと、ともに、その中に入り込んで行くような制作をしてきた。

ビートルズのことを彼は「宝だ」と公言していたが、

それは2枚目以降のことだった。

普通のアーティストとプロデューサーやエンジニアの関係は、

1つの作品のレコーディングが終わると、

打ち上げをやってそこで関係が終わることが多いが、

ポール・マッカートニーとジョン・レノンは、

翌日以降も同じように曲をつくっては、ジョージ・マーティンに意見を求めた。

彼が“忙しいから”と断っても、

2人がそれをやめることはなかったそうで、

そういう彼らの部分を「宝」だと評したそうです。

投稿者 : mins|2017年3月19日