2017年7月30日

2017年7月30日OA

今夜は月刊「ステレオ」編集長の岩出和美さんをゲストにお招きして、
「良いステレオで聴くと良さが際立つ曲」をセレクトして頂きました!

  1. Emmylou Harris「Goodbye」
  2. Eric Bibb「Goodnight Irene」
  3. Phoebe Snow「Poetry Man」
  4. Diana Krall「Sway」
  5. Daymé Arocena「Maybe Tomorrow」
  6. Alan Parsons Project「Time」

投稿者 : mins|2017年7月30日

2017年7月23日

2017年7月23日OA

  1. Robert Randolph & The Family Band「I Thank You」(2017)
  2. Declan O’Donovan「Broken Sky」 (2017)
  3. The Devo「(I Can’t Get No)Satisfaction」※SOUND INSURANCE
  4. あがた森魚&はちみつぱい「べいびぃらんどばびろん」※SOUND INSURANCE
  5. The Berrys「地球—ほし—」(2017)
  6. The Doobie Brothers「Long Train Runnin’」(1996)※ROOTS OF MASTERS

投稿者 : mins|2017年7月23日

2017年7月23日

ザ・グレート・ライヴ:ドゥービー・ブラザーズ(7/23)

伝説のミュージシャンから最新のアーティストまで、
過去から今、未来へとつながる音楽のルーツを紹介するコーナー「Roots Of Masters」。
現在のテーマは“ザ・グレート・ライヴ”です。

♪ドゥービー・ブラザーズ

ライヴが完璧なバンド、Doobie Brothers。
ウエストコーストサウンドを代表するバンドでイーグルスとの2代巨頭時代を経て、
マイケル・マクドナルドが加入し、以降はAORの要素が強くなっていく。
ライヴに関しても、初期のウエストコーストサウンドが好きな人と、
後期のマイケル・マクドナルド時代が好きな人に分かれる。
今日は1996年5月に開催したニューヨーク公演と
ナッシュビル公演の模様を録音したライヴアルバムをセレクト。
ライヴの出来がアルバムとしてものすごく良い。
※クレジットがないため、
ニューヨーク公演の音源なのかナッシュビル公演の音源なのか不明。

 

♪セレクト曲
Doobie Brothers「Long Train Runnin’」
(AL『Rockin’ Down the Highway: The Wildlife Concert』より)

投稿者 : mins|2017年7月23日

2017年7月23日

ゲスト:あがた森魚&鈴木慶一(7/23)

毎月ゲストをお迎えして、その方が大切にしている心の1曲、

「パートナーソング」をご紹介していく「Sound Insurance」のコーナー。

7月は、あがた森魚さんと鈴木慶一さんのミュージック・ヒストリーを紐解いて行きます♪

 

 

♪4週目のセレクト:鈴木慶一

Devo「(I Can’t Get No)Satisfaction」

 

♪セレクト理由

これでショックを受けてニューウェーブだ!パンクだ!なんて騒ぎ出したんだよ。
ストーンズのトラディショナルなこのナンバーを、このアレンジにしてしまう。
本当にショックををうけた!アメリカは恐ろしいよ。
武道館も観に行ったけど、相当感銘を受けたね。

 

***

 

あがた森魚さんのパートナーソング、如何でしたか?

<Info>
4/26(水)ニューアルバム『べいびぃろん』リリース

「ベルウッド・レコード45周年記念コンサート」
日時:2017年10月8日(日)
場所:新宿文化センター 大ホール
開場:午後4:30 開演:午後5:30
出演:あがた森魚/鈴木茂/はちみつぱい/細野晴臣/高田漣
   45th Bellwood BAND
   (高田漣(g)・林立夫(drs)・北山ゆう子(drs)・伊賀航(b)・野村卓史(key))
    feat.キセル/曽我部恵一/ハンバート・ハンバート 他

 

あがた森魚さん、鈴木慶一さんのその他のスケジュールや近況は、
オフィシャルサイトをチェックしてみて下さいね!

 

あがた森魚オフィシャルサイト: http://www.agatamorio.com/
鈴木慶一オフィシャルサイト:http://www.keiichisuzuki.com/
Bellwood Recordsオフィシャルサイト:http://bellwoodrecords.co.jp/

 

投稿者 : mins|2017年7月23日

2017年7月16日

2017年7月16日OA

  1. Kendrick Lamar feat. U2「XXX」(2017)
  2. The Orchestra Of Syrian Musicians feat. Damon Albarn & Bassekou Kouyate「Out Of Time」 (2017) 
  3. Bob Dylan「Just Like A Woman」※SOUND INSURANCE
  4. あがた森魚&はちみつぱい「もおたりぜいしょん」※SOUND INSURANCE
  5. 宇尾元太「No Continue」(2017)
  6. Smooth Ace「すてきなミュージック」(2017)
  7. Dave Mason「All Along The Watch Tower」(1976)※ROOTS OF MASTERS

投稿者 : mins|2017年7月16日

2017年7月16日

ザ・グレート・ライヴ:デイヴ・メイソン(7/16)

伝説のミュージシャンから最新のアーティストまで、
過去から今、未来へとつながる音楽のルーツを紹介するコーナー「Roots Of Masters」。
現在のテーマは“ザ・グレート・ライヴ”です。

♪デイヴ・メイソン

Trafficやソロで大ヒットしたデイヴ・メイソン。
彼のライヴは完璧なことで有名である。
彼のライヴアルバムには、
「保証された」「アブソリュート」などとクレジットされるほど。
今日は1976年のライヴ音源をセレクトしているが、この頃のライヴのPAと言えば、
60年代は返りのモニター無かった。
70年代に入って返りのモニターが導入されるようになってもたったの4ch。
ところが70年代中期になると24chまで増える。
このことにより、ライヴ音源もミスをしたりアーティストが気に入らない部分は
差し替えができるようになった。
70年代中期、差し替えが当たり前になった時代にもなお、
「保証された」「アブソリュート」などと評価される彼のライヴはそれほどまでに完璧で、
彼のライヴにかける心意気を感じる。

 

♪セレクト曲
Dave Mason「All Along The Watch Tower」
(AL『Certified Live』より)

投稿者 : mins|2017年7月16日

2017年7月16日

ゲスト:あがた森魚&鈴木慶一(7/16)

毎月ゲストをお迎えして、その方が大切にしている心の1曲、

「パートナーソング」をご紹介していく「Sound Insurance」のコーナー。

7月は、あがた森魚さんと鈴木慶一さんのミュージック・ヒストリーを紐解いて行きます♪

 

 

♪3週目のセレクト:あがた森魚

Bob Dylan「Just Like A Woman」

 

♪セレクト理由

1言でいうと、ボブ・ディランって掴みようのない人なんだけど、
女性に対して非常に冷淡かな、と思う。
まさにこの曲がそうなんだけど、
女性に対して冷淡だけど、愛があるっていうか、そういうと安直だけどね。
でも表裏一体だと思う。
彼の女性論・・・この1曲でやられるんだよ。
彼の女性論とか、本当のところはわからないよ、メディアでしか知らない。
でもディランの女性観・人生観は、俺にとって兄貴的、師匠的で大前提なんだよね。

 

***

 

あがた森魚さんのパートナーソング、如何でしたか?

<Info>
4/26(水)ニューアルバム『べいびぃろん』リリース

「ベルウッド・レコード45周年記念コンサート」
日時:2017年10月8日(日)
場所:新宿文化センター 大ホール
開場:午後4:30 開演:午後5:30
出演:あがた森魚/鈴木茂/はちみつぱい/細野晴臣/高田漣
   45th Bellwood BAND
   (高田漣(g)・林立夫(drs)・北山ゆう子(drs)・伊賀航(b)・野村卓史(key))
    feat.キセル/曽我部恵一/ハンバート・ハンバート 他

 

あがた森魚さん、鈴木慶一さんのその他のスケジュールや近況は、
オフィシャルサイトをチェックしてみて下さいね!

 

あがた森魚オフィシャルサイト: http://www.agatamorio.com/
鈴木慶一オフィシャルサイト:http://www.keiichisuzuki.com/
Bellwood Recordsオフィシャルサイト:http://bellwoodrecords.co.jp/

 

投稿者 : mins|2017年7月16日

2017年7月9日

2017年7月9日OA

  1. Conor Oberst「Overdue」(2017)
  2. Roger Waters「Is This The Life We Really Want?」 (2017)  
  3. The Beatles「Strawberry Fields Forever」※SOUND INSURANCE
  4. あがた森魚&はちみつぱい「クリーニングはエイハブ」※SOUND INSURANCE
  5. サニー久保田 & Old Lucky Boys「トーマス・ジェローム・ニュートンは死なず」(2017) 
  6. Eagles「Heartache Tonight」(1994) ※ROOTS OF MASTERS

投稿者 : mins|2017年7月9日

2017年7月9日

ザ・グレート・ライヴ:イーグルス(7/9)

伝説のミュージシャンから最新のアーティストまで、
過去から今、未来へとつながる音楽のルーツを紹介するコーナー「Roots Of Masters」。
現在のテーマは“ザ・グレート・ライヴ”です。

♪イーグルス

ザ・バンド同様、だいたい完璧なライヴが出来るバンド。
1980年代にライヴアルバム『イーグルス・ライヴ』をリリースして解散。
1994年に『Hell Freezes Over』という新曲とライヴで構成したアルバムを出して再結成。
ドン・ヘンリーと共にバンドの中核を担っていたグレン・フライが昨年亡くなってしまい、ライヴは2度と観られない可能性が高い。
普通ライヴはパケージ化する際に、差し替えなどを行うことがあるが、
イーグルスのライヴは完璧だったため、それをする必要がなかった。
『Hell Freezes Over』はDVDにもなってるが、新曲との兼ね合いもあって、
ステージの全貌をとらえてはいない。
今日は昨年リリースされた『Unplugged 1994 – The Second Night』から。

 

♪セレクト曲
Eagles「Heartache Tonight」
(AL『Unplugged 1994 – The Second Night』より)

投稿者 : mins|2017年7月9日

2017年7月9日

ゲスト:あがた森魚&鈴木慶一(7/9)

毎月ゲストをお迎えして、その方が大切にしている心の1曲、

「パートナーソング」をご紹介していく「Sound Insurance」のコーナー。

7月は、あがた森魚さんと鈴木慶一さんのミュージック・ヒストリーを紐解いて行きます♪

 

 

♪2週目のセレクト:鈴木慶一

The Beatles「Strawberry Fields Forever」

 

♪セレクト理由

数あるビートルズの曲の中で、やっぱりこの曲。
これが、真冬の1967年に流れた時に目眩がした。
それくらいに景色を変えてしまった。

 

***

 

鈴木慶一さんのパートナーソング、如何でしたか?

<Info>
4/26(水)ニューアルバム『べいびぃろん』リリース

「ベルウッド・レコード45周年記念コンサート」
日時:2017年10月8日(日)
場所:新宿文化センター 大ホール
開場:午後4:30 開演:午後5:30
出演:あがた森魚/鈴木茂/はちみつぱい/細野晴臣/高田漣
   45th Bellwood BAND
   (高田漣(g)・林立夫(drs)・北山ゆう子(drs)・伊賀航(b)・野村卓史(key))
    feat.キセル/曽我部恵一/ハンバート・ハンバート 他

 

あがた森魚さん、鈴木慶一さんのその他のスケジュールや近況は、
オフィシャルサイトをチェックしてみて下さいね!

 

あがた森魚オフィシャルサイト: http://www.agatamorio.com/
鈴木慶一オフィシャルサイト:http://www.keiichisuzuki.com/
Bellwood Recordsオフィシャルサイト:http://bellwoodrecords.co.jp/

 

投稿者 : mins|2017年7月9日

1 2