2017年12月10日

2017年12月10日OA

  1. Liam Gallagher「Bold」(2017)
  2. The Waterboys「Love Walks In」 (2017)
  3. Michell Legrand & Stephane Grappelli「Les parapluies de Cherbourg」 ※SOUND INSURANCE
  4. 村井邦彦「翼をください」 ※SOUND INSURANCE
  5. Tomoko「Wanna Be Startin’ Something」(2016)
  6. Bonnie Raitt「Shake A Little」(1995) ※ROOTS OF MASTERS

投稿者 : mins|2017年12月10日

2017年12月10日

ザ・グレート・ライヴ:ボニー・レイット(12/10)

伝説のミュージシャンから最新のアーティストまで、
過去から今、未来へとつながる音楽のルーツを紹介するコーナー「Roots Of Masters」。
現在のテーマは“ザ・グレート・ライヴ”です。

♪Bonnie Raitt

ドン・ウォズと言うプロデューサーがプロデュース。
ライヴは日本に初めて来た時にみたが、
当時はまだワーナーに所属していて、才能はあるけど、なかなか売れない時代だった。
ワーナーをクビになって移籍したとたんにグラミー賞をとったりして売れる。
ステージ上でのギターがとにかくカッコイイ。
女の人がギターを弾くのは観たことはあったが、彼女のギターは男勝りで印象的だった。
今日は、アメリカ・ポートランドで行なったライヴから、ギターをフィーチャーした曲を。

 

♪セレクト曲
「Shake A Little」
(AL『Road Tested』より)

投稿者 : mins|2017年12月10日

2017年12月10日

ゲスト:村井邦彦(12/10)

毎月ゲストをお迎えして、その方が大切にしている心の1曲、

「パートナーソング」をご紹介していく「Sound Insurance」のコーナー。

12月は、村井邦彦さんのミュージック・ヒストリーを紐解いて行きます♪

 

 

♪2週目のセレクト:Michell Legrand & Stephane Grappelli「Les parapluies de Cherbourg」

 

♪セレクト理由

僕が1番「こう言う人になりたいな」って思った作曲家。
彼が世界的に知られるようになったのが、
1964年の映画「シェルブールの雨傘」で。
今日はステファン・グラッペリがバイオリンを弾いているヴァージョンを。

 

***

 

村井邦彦さんのパートナーソング、如何でしたか?

<Info>
12/13(水)『「翼をください」を作った男たち~山上路夫・村井邦彦作品集~』リリース

 

 

*日本カバヤ・オハヨー presents
村井邦彦作曲活動50周年記念コンサート LA meets TOKYO

日時:2017年12月15日(金)
場所:Bunkamuraオーチャードホール
開場:午後6:00 開演:午後6:30

投稿者 : mins|2017年12月10日