blogトップ

2018年6月24日

マインドフルネスのススメ:応用編(6/24)

ここでは、番組が注目する“ヘルス・トピック”をご紹介します。
今月は、「マインドフルネス・トレーニング」をピックアップ!

これまでのおさらい・・・
マインドフルネスは1言で言うと「瞑想」に近い、集中力、注意力を養うトレーニングで、
痛みや憂鬱な気分を抑制する効果が期待されています。
最終回の今日は、「マインドフルネス応用編」をご紹介します!
お話を伺うのは、キャンパス・フォー・エイチのリサーチマネージャーで、
「働く人の健康づくり」を研究している、西本真寛さんです!

* 働く人の健康づくり:働き方改革に付随した、働きやすさの作り方や、
          働きがいの作り方、効果的な休み方などを研究。
               

* 応用トレーニング:自分を客観視。自分の行動を言葉で実況中継!
         タモリさんがジェットコースターに乗る自分を
         実況中継することで、恐怖を打ち消していた。
         アメリカの研究では不安を紙に書き出すことが、
         ストレス軽減やパフォーマンスを最大限に引き出すことに
         効果的であるという結果も。

 

===

 

今月は「マインドフルネス」をピックアップしました。
お話を伺ったのは、キャンパス・フォー・エイチの西本真寛さんでした!

投稿者 : mins|2018年6月24日