blogトップ

2018年7月29日

健康になるキレイな歩き方:足のお悩み相談室(7/29)

ここでは、番組が注目する“ヘルス・トピック”をご紹介します。
今月は「カラダの内側・外側、両方から健康になろう!」ということで、
続いて外側からのアプローチ!
意外と知られていないけど、健康にも大きく関係する、
「正しい歩き方」「綺麗な歩き方」を、
ジャパン・ヘルスケア代表で足病医でもある、
岡部大地さんに教えて頂きます!
今日は足のお悩み相談室!

 

*ベルちゃんの足のお悩みは「ぷっくりしたふくらはぎ」
既に歩き方も足も綺麗なので、
理想を追い求めすぎていると言われてしまったベルちゃん(笑)
強いていうなら、外反母趾を改善するとふくらはぎを使いやすくなって、
ふくらはぎがほっそりする可能性がある、とのこと。
外反母趾とは、足の親指が内側に入ってしまう変形足のことで、
足の親指の方に力をかけて歩くことが難しくなっている状態です。
指を曲げにくいので、ふくらはぎを使った歩き方がしづらいそうです。
指をうまく曲げて歩くようにすることで、
ふくらはぎもしっかり使うことができ、ちょっと改善するかも、とのこと。
それから、立つ時の重心のかけ方も大事だそうです。
立つときは、かかとと親指の付け根、小指の付け根の3点で立つようにしましょう。
この3点で3角形ができると安定するそうです。
また、かかとから親指の付け根に向かって体重移動させると
しっかり指が曲が流ので、ふくらはぎもバランスよく使えて、
結果として筋肉のバランスが整って、
ふくらはぎが綺麗にほっそりする可能性もあるそうですよ。

 

*若い女性の足の悩みナンバー1は、外反母趾!
外反母趾には、断然インソールがオススメ!
それだけで効果があります。
岡部さんは、日本初の足の総合病院:下北沢病院で週に1度外来もしていて、
こちらで診察を受ければインソールを保険適用で使えるとのこと!
オーダーメードのインソール、高いですからね、保険適用はありがたい。

 

*O脚には、心意気の改善で対処すべし!
O脚は日頃から相当意識を持って取り組まないと、なかなか改善しないそうです。
歩き方やストレッチ、筋トレなど色々ありますが、
1番は「楽をしよう」と思う気持ちを改善すること。
本来膝は本当は真っ正面にしか曲がらないのですが、
ちょっと楽して横に広げてしまうのがO脚の1番の原因。

 

*****

 

美と健康は、1日にしてならず。
インソールやストレッチも大切ですが、
まずは自らの心がけ、改善してみましょう!

 

投稿者 : mins|2018年7月29日