blogトップ

カテゴリー:Roots of Masters

2018年1月14日

ザ・グレート・ライヴ:スティング・アンド・ギル・エヴァンス

伝説のミュージシャンから最新のアーティストまで、
過去から今、未来へとつながる音楽のルーツを紹介するコーナー「Roots Of Masters」。
現在のテーマは“ザ・グレート・ライヴ”です。

♪Sting and Gil Evans

 

非常に珍しいライヴ。
有名なキーボーディスト、ギル・エヴァンスとの共演で、
1987年ペルージア・ジャズフェスティバルの音源。
スティングの曲以外にも、
ジミ・ヘンドリックスの曲なんかも、ジャズアレンジを取り入れて演奏。
今CDでは手に入りづらいレアなアルバム『Last Session』から、
ポリス時代の大ヒット曲を、ギル・エヴァンスと演るとこうなります。

 

♪セレクト曲
「Roxanne」
(AL『Last Session』より)

投稿者 : mins|2018年1月14日

2018年1月7日

ザ・グレート・ライヴ:ポール・サイモン(1/7)

伝説のミュージシャンから最新のアーティストまで、
過去から今、未来へとつながる音楽のルーツを紹介するコーナー「Roots Of Masters」。
現在のテーマは“ザ・グレート・ライヴ”です。

♪Paul Simon

 

今日は、割と最近発売されたポール・サイモンのコンサートを。
2012年7月15日にハイドパークで行ったライヴ。
アルバム『グレース・ランド』発売から25周年を記念したもの。
『グレース・ランド』の曲を主にやる、というものだった。
終盤にはポール個人のヒット曲も演奏していて、ライブベスト的な1枚。
DVDも付いているため、映像も楽しめる。

 

♪セレクト曲
「Slip Slidin’ Away」
(AL『The Concert in Hyde Park』より)

投稿者 : mins|2018年1月7日

2017年12月24日

ザ・グレート・ライヴ:エリック・クラプトン(12/24)

伝説のミュージシャンから最新のアーティストまで、
過去から今、未来へとつながる音楽のルーツを紹介するコーナー「Roots Of Masters」。
現在のテーマは“ザ・グレート・ライヴ”です。

♪Eric Clapton

 

 

♪セレクト曲
「Christmas Tears」
(AL『A Very Special Christmas Live』より)

投稿者 : mins|2017年12月24日

2017年12月17日

ザ・グレート・ライヴ:キャロル・キング(12/17)

伝説のミュージシャンから最新のアーティストまで、
過去から今、未来へとつながる音楽のルーツを紹介するコーナー「Roots Of Masters」。
現在のテーマは“ザ・グレート・ライヴ”です。

♪Carole King

去年7月3日、ロンドンのハイドパークで
『Tapestry(つづれおり)』のリリース45周年記念コンサートをやって、
アルバムを完全再現した公演。
娘のルイーズ・ゴフィンとギタリストのダニー・コーチマーもステージに参加していて絆を感じる。

 

♪セレクト曲
「Will You Love Me Tomorrow?」
(AL『Tapestry:Live In Hyde Park』より)

投稿者 : mins|2017年12月17日

2017年12月10日

ザ・グレート・ライヴ:ボニー・レイット(12/10)

伝説のミュージシャンから最新のアーティストまで、
過去から今、未来へとつながる音楽のルーツを紹介するコーナー「Roots Of Masters」。
現在のテーマは“ザ・グレート・ライヴ”です。

♪Bonnie Raitt

ドン・ウォズと言うプロデューサーがプロデュース。
ライヴは日本に初めて来た時にみたが、
当時はまだワーナーに所属していて、才能はあるけど、なかなか売れない時代だった。
ワーナーをクビになって移籍したとたんにグラミー賞をとったりして売れる。
ステージ上でのギターがとにかくカッコイイ。
女の人がギターを弾くのは観たことはあったが、彼女のギターは男勝りで印象的だった。
今日は、アメリカ・ポートランドで行なったライヴから、ギターをフィーチャーした曲を。

 

♪セレクト曲
「Shake A Little」
(AL『Road Tested』より)

投稿者 : mins|2017年12月10日

2017年12月3日

ザ・グレート・ライヴ:ジョニ・ミッチェル(12/3)

伝説のミュージシャンから最新のアーティストまで、
過去から今、未来へとつながる音楽のルーツを紹介するコーナー「Roots Of Masters」。
現在のテーマは“ザ・グレート・ライヴ”です。

♪Joni Mitchell

バーーッと盛り上げるのではなくて、
淡々とやって、聴衆をその世界に引き込んでいく。
それが彼女のライヴです。

 

♪セレクト曲
「Woodstock」
(AL『Woman In The East』より)

投稿者 : mins|2017年12月3日

2017年11月26日

ザ・グレート・ライヴ:リトル・フィート(11/26)

伝説のミュージシャンから最新のアーティストまで、
過去から今、未来へとつながる音楽のルーツを紹介するコーナー「Roots Of Masters」。
現在のテーマは“ザ・グレート・ライヴ”です。

♪Little Feat

テクニックやうまさに関しては、The Bandに並んでピカイチ。
ローウェル・ジョージが生きている間は、1度しか来日は実現しなかった。

 

♪セレクト曲
「Dixie Chicken」
(AL『Waiting for Columbus』より)

投稿者 : mins|2017年11月26日

2017年11月19日

ザ・グレート・ライヴ:AC/DC(11/19)

伝説のミュージシャンから最新のアーティストまで、
過去から今、未来へとつながる音楽のルーツを紹介するコーナー「Roots Of Masters」。
現在のテーマは“ザ・グレート・ライヴ”です。

♪AC/DC

KISSやエアロスミス、ヴァン・ヘイレンなどと並んで
ハードロックで人を集められる数少ないバンド。
今日かけるライヴ音源は、
2008年に発売したアルバム『Black Ice』の後のワールドツアーのもの。
2009年12月2日、4日、6日、南アメリカでの公演。
このワールドツアーの動員は、最終的に500万人を記録。
収益は日本円に換算して、約45億円。

 

♪セレクト曲
「Shoot To Thrill」
(AL『Live At River Plate』より)

投稿者 : mins|2017年11月19日

2017年11月12日

ザ・グレート・ライヴ:ザ・ネヴィル・ブラザーズ

伝説のミュージシャンから最新のアーティストまで、
過去から今、未来へとつながる音楽のルーツを紹介するコーナー「Roots Of Masters」。
現在のテーマは“ザ・グレート・ライヴ”です。

♪ザ・ネヴィル・ブラザーズ

兄弟バンド。
ニューオリンズ出身。
アメリカにニューオリンズ系のサウンドを定着させたバンド。
1959年だからアーロン・ネヴィルは活躍していたけど、
アーロン抜きのライヴをニューオリンズの小さな箱でチョコチョコやったりしていて、
とにかくブラックミュージシャンのノリやスペイン系のグルーヴがすごい。
1980年代以降ニューオリンズを代表するバンドと言われるようになった。
どんなゲストでもバックができるバンドで、
売れる前からとにかく演奏に力を入れていた。
セカンドラインファンクなどとも言われる。
今日は1993年のワールドツアーの録音を。

 

♪セレクト曲
「Yellow Moon」
(AL『Live on Planet Earth』より)

投稿者 : mins|2017年11月12日

2017年11月5日

ザ・グレート・ライヴ:キッス(11/5)

伝説のミュージシャンから最新のアーティストまで、
過去から今、未来へとつながる音楽のルーツを紹介するコーナー「Roots Of Masters」。
現在のテーマは“ザ・グレート・ライヴ”です。

♪キッス

単なるゲテモノバンドじゃない、ということを証明したライヴ。

 

♪セレクト曲
「Cold Gin」
(AL『Alive!』より)

投稿者 : mins|2017年11月5日