blogトップ

カテゴリー:Sound Insurance

2017年5月14日

ゲスト:西本智実(5/14)

毎月ゲストをお迎えして、その方が大切にしている心の1曲、

「パートナーソング」をご紹介していく「Sound Insurance」のコーナー。

日本を代表する指揮者、西本智実さんのミュージック・ヒストリーを紐解いて行きます♪

 

 

♪1週目のセレクト

シューマン:女の愛と生涯
作品42 第1曲 あの人をみたときから(歌 ジェシー・ノーマン)

♪セレクト理由

ピアノと歌がすごく好きで、選びました。

 

西本智実さんのパートナーソング、如何でしたか?
彼女のことをもっと知りたくなった!というアナタは、
西本さんのオフィシャルサイトやSNSで近況やスケジュールをチェックしてみて下さいね!

オフィシャルサイト:http://www.tomomi-n.com/jp/

投稿者 : mins|2017年5月14日

2017年4月23日

ゲスト:SHANTI(4/23)

毎月ゲストをお迎えして、その方が大切にしている心の1曲、

「パートナーソング」をご紹介していく「Sound Insurance」のコーナー。

今月は新パートナー:SHANTIのミュージック・ヒストリーを紐解いて行きます♪

(SHANTIのニューアルバム『SHANTI sings BALLADS』好評発売中です!)

 

♪4週目のセレクト

Joni Mitchell「Tea Leaf Prophecy」

(AL『Chalk Mark in a Rain Storm』より)

♪セレクト理由

すごく影響されています。
ソングライティングセンスもそうだし、知的だし。
絵描きでもあったりするところが、自分にもリンクする。
今日はあえて、「Tea Leaf Prophecy」を選びました。
この曲のストーリーが面白いんですよ。
ジョニーの曲のストーリーは、
人間が実際に体験したことが生々しく描かれている。
「Tea Leaf Prophecy」は、ある女性が占いの所に訪ねていくって物語で、
街中には女性や子供しかいなくて、
男はみんな戦争に行ってしまったって設定なんだけど、
コーラスのインパクトがすごい!
“Study war no more”=“戦争を追求するな”みたいな意味かな。
このメッセージを軽ーーーくコーラスに入れてるんですよね。
和を感じるアレンジも好きです。
わたし、彼女のファンサイトをフォローしているんだけど、
女性のエンタメビジネスの中での在り方に対するジョニの意見がおもしろい。
ある意味、フェミニストですからね。
年齢を重ねても、尖っているカッコイイ女性。
励まされますね。

 

さぁ、今月からパートナーとしてお迎えしているSHANTIのパートナーソング、如何でしたか?
彼女のことをもっと知りたくなった!というアナタは、
SHANTIのオフィシャルサイトやSNSで近況やスケジュールをチェックしてみて下さいね!

オフィシャルサイト: shantisnydermusic.com
twitter: @ShantiSnyder
facebook group: Shanti Snyder Music

投稿者 : mins|2017年4月23日

2017年4月16日

ゲスト:SHANTI(4/16)

毎月ゲストをお迎えして、その方が大切にしている心の1曲、

「パートナーソング」をご紹介していく「Sound Insurance」のコーナー。

今月は新パートナー:SHANTIのミュージック・ヒストリーを紐解いて行きます♪

(SHANTIのニューアルバム『SHANTI sings BALLADS』好評発売中です!)

 

♪3週目のセレクト

Lizz Wright「Blue Rose」

(AL『Salt』より)

♪セレクト理由
ちょっと最近のシンガー、リズ・ライト。
横浜のモーションブルーに出始めていたころに、リズ・ライトがきて。
それで調べてみたら、すごい良いシンガーだなって。
わたしの好きな低音ヴォイス。
ジャズのジャンルから出してるんだけど、
ゴスペルのバックグランドが強いシンガーで、
すごく暖かくて癒されるんだけど、とっても切ない。
この「ブルー・ローズ」って曲には神秘的なものを感じる。
アサガオの曲、朝しか見れないから「ブルー・ローズ」ってタイトルなんだけど、
とっても美しい。

 

さぁ、今月からパートナーとしてお迎えしているSHANTIのパートナーソング、如何でしたか?
彼女のことをもっと知りたくなった!というアナタは、
SHANTIのオフィシャルサイトやSNSで近況やスケジュールをチェックしてみて下さいね!

オフィシャルサイト: shantisnydermusic.com
twitter: @ShantiSnyder
facebook group: Shanti Snyder Music

投稿者 : mins|2017年4月16日

2017年4月9日

ゲスト:SHANTI(4/9)

毎月ゲストをお迎えして、その方が大切にしている心の1曲、

「パートナーソング」をご紹介していく「Sound Insurance」のコーナー。

今月は新パートナー:SHANTIのミュージック・ヒストリーを紐解いて行きます♪

(SHANTIのニューアルバム『SHANTI sings BALLADS』好評発売中です!)

 

♪2週目のセレクト

Sade「Please Send Me Someone To Love」

(AL『Best Of Sade』より)

♪セレクト理由
自分の好きなシンガー5本の指に入るシャーデー。
今日選んだのはシャデーのオリジナルではなくて、
カヴァーしたスタンダード曲。
ボストンのバークリーにいたときに、現地のCDショップに通って
とにかく色んなものを聴きあさってたんですよ。
シャデーもその中の1つで、この曲がぐっとささって。
最初スタンダードって知らなかったの。
R&Bのくくりにありつつ、サックスが入ってきたりとかジャズの要素も感じる。
妖艶で低くてスモーキーな声、ムーディーなアンビアンスに憧れるんですよね。
歌詞の中に歌ってる人物像の根源、
弱者への思いやりや母の強さ、優しさみたいなものも感じる。

 

さぁ、今月からパートナーとしてお迎えしているSHANTIのパートナーソング、如何でしたか?
彼女のことをもっと知りたくなった!というアナタは、
SHANTIのオフィシャルサイトやSNSで近況やスケジュールをチェックしてみて下さいね!

オフィシャルサイト: shantisnydermusic.com
twitter: @ShantiSnyder
facebook group: Shanti Snyder Music

投稿者 : mins|2017年4月9日

2017年4月2日

ゲスト:SHANTI(4/2)

毎月ゲストをお迎えして、その方が大切にしている心の1曲、

「パートナーソング」をご紹介していく「Sound Insurance」のコーナー。

今月は新パートナー:SHANTIのミュージック・ヒストリーを紐解いて行きます♪

(SHANTIのニューアルバム『SHANTI sings BALLADS』好評発売中です!)

 

 

♪1週目のセレクト

Aretha Franklin「What A Difference A Day Made」

(AL『Aretha Sings The Blues』より)

 

 

♪セレクト理由

中学時代ドリカムが好きで、
学校が終わって家に帰ると、宿題も何も差し置いて、
まずはドリカムの全てのアルバムを聴いて歌うってことをしてたの。
当時15才で歌のレッスンをスタートした頃で、先生に色々教えてもらったことがあって。
その先生に言われたのが、

“ドリカムが好きなんだったら、ひたすらドリカムを聴き続けるだけじゃなくて、
ドリカムが好きだって言ってる曲を調べて探して聴きなさい”

だったの。
そしたら吉田美和さんは、アレサが好きだってことがわかって、
アレサを掘り下げて行くうちに『Aretha Sings The Blue』に出会った。
このジャズスタンダードを歌っている彼女の声に人生を感じるんですよね。
15歳ぐらいだったので、思春期で色々思い悩むことも多く、
暗い曲が好きだったけど、この曲は本当によく聴きました。
家路は毎日これを歌いながら帰っていましたよ。

 

さぁ、今月からパートナーとしてお迎えしているSHANTIのパートナーソング、如何でしたか?
彼女のことをもっと知りたくなった!というアナタは、
SHANTIのオフィシャルサイトやSNSで近況やスケジュールをチェックしてみて下さいね!

 

オフィシャルサイト: shantisnydermusic.com
twitter: @ShantiSnyder
facebook group: Shanti Snyder Music

投稿者 : mins|2017年4月2日

2017年3月26日

ゲスト:田村直美(3/26)

毎月ゲストをお迎えして、その方が大切にしている心の1曲、

「パートナーソング」をご紹介していく「Sound Insurance」のコーナー。

今月は田村直美さんをお迎えしています!

最終週となる、今夜のセレクトは・・・?

♪「Sweet Dreams」— Eurythmics

「とにかく、ヴォーカルが好き。
去年からちょくちょく一緒にライヴをやってる
同郷のバンドjaco:neco(じゃこうねこ)の元ドラムのグレースと、
ベースのしのぶ、ギターのちえとわたしの4人でギャルバンを組んでて。
何演奏しよっかーってなった時に、
やっぱりユーリズミックスとかアレサ・フランクリンとか女のパワーソングになるのね。
なんといっても声が素敵だし、アニー・レノックスのメッセージも好き。
この人の声は、アメリカもヨーロッパも、どっちでもいけるしね。
自由自在で何でも歌えちゃう声、絶妙なバランス、プロデュース能力もあって。
ユーリズミックスでは、ロックギターよって立ち位置を確立しているところも、
今わたしがやってるSHO-TA with Ten pack Riverside Rock’n roll Bandのカタチにも
通ずるものがあって。まぁ、これはみんな聴くでしょう!」

投稿者 : mins|2017年3月26日

2017年3月12日

ゲスト:田村直美(3/12)

毎月ゲストをお迎えして、その方が大切にしている心の1曲、

「パートナーソング」をご紹介していく「Sound Insurance」のコーナー。

今月は田村直美さんをお迎えしています!

第2週となる、今夜のリクエストは・・・?

♪「Me And Bobby McGee」— Janis Joplin

 

「ジャニスはすごい。

例えば私がジャニスと同じ時代に生きてて彼女を見ていたら、

同じようなヴォーカリストになろうと思ったかな?

(でも、金子マリさんやカルメン・マキさんみたいに、憧れていたらなれるのかな?)

また、彼女の映画を見たときに、彼女の悲しみとか、自身の居場所を探している時に、

たまたま素晴らしい歌声を持っていたって思って、

私はどこに自分の武器があるかを探すことが大事なんだと教えられたんです。」

投稿者 : mins|2017年3月12日

2017年3月6日

ゲスト:田村直美(3/5)

毎月ゲストをお迎えして、その方が大切にしている心の1曲「パートナーソング」を、

ご紹介していく「Sound Insurance」のコーナー。

今月は田村直美さんをお迎えします!

第1週となる今夜のリクエストは・・・?

♪「空へ」カルメン・マキ&Oz

「高校生の時、同級生のお兄ちゃんに、

 「空へ」のライブが入っているテープをもらって初めて知ったんだけど、

 友達と夜な夜な「これすごいね!」って言って物凄く聴いたんです。

 その後私がジャニス・ジョプリンのアルバム名から取った

 「PEARL」っていうバンドをやるようになった時、

 「空へ」の歌詞の中に“レコード擦り切れるまで聞いたお前のブルース”ってあって、

 歌詞の“お前”って誰だろうって思って・・

 貸しレコード屋のお兄さんとかに「どれだろう!誰だろう!」ってみんなで探したんですよ。

 で、“お前”ってジャニス・ジョプリンなんじゃないかってなったんです。

 そういう意味では私が一番聞いた曲だし、その後の私につながっていく一曲だと思います。」

 

投稿者 : mins|2017年3月6日

2017年2月26日

ゲスト:PANTA(2/26)

毎月ゲストをお迎えして、その方が大切にしている心の1曲「パートナーソング」を、

ご紹介していく「Sound Insurance」のコーナー。

今月はPANTAさんをお迎えしています!

最終週となる今夜のリクエストは…?

♪Supremes「ひとりぼっちのシンフォニー」

 

「ロックっていうのは“不良の音楽”だったから、俺も当時は不良のごとく夜な夜な遊んでいたよね。

新宿でナンパばっかりしたり、

らせん階段(60年代後半に盛んだった新宿のディスコ)に行ってばっかりだった。

そのある日…いつだったかな?

お姉ちゃん二人とソファーに座っていたら、ジュークボックスから

この「ひとりぼっちのシンフォニー」が流れていたんだよ。

聞いた前後どうなったかは覚えてないんだけど…

この曲を聞くとね、そんな遊んでばっかりな青春時代の甘酸っぱい思い出が錯綜するんだ。

俺のスウィート・ソングだね。」

投稿者 : mins|2017年2月26日

2017年2月19日

ゲスト:PANTA(2/19)

毎月ゲストをお迎えして、その方が大切にしている心の1曲「パートナーソング」を、

ご紹介していく「Sound Insurance」のコーナー。

今月はPANTAさんをお迎えしています!

panta_2

3週目となる今夜のセレクトは…?

61A-QwpydWL._SS500

The FugsTurn On / Turn In / Drop Out

「僕はフランク・ザッパが好きで、『Who Are the Brain Police?』って曲から

頭脳警察って名前にしたくらい。

でも彼を好きになるきっかけがこのThe Fugs。

『吠える』がアメリカでベストセラーになった

詩人アレン・ギンズバーグの仲間を集めたビートニクスたちがいたわけ。

それで彼らの音楽にフランクが似ていたからフランクを好きになったというのもあるんだよね。

そこで『あ!俺はThe Fugsが好きなんだ』って気づいたんだ。

でも今は勿論、当時は誰も知らなかったんだけど、

アレンをはじめに詩人たちが楽器を持って、下手だけど演奏するスタイルが素晴らしかったね。

そして、その彼らのスタイルが頭脳警察の根底にあるんだ」。

投稿者 : mins|2017年2月19日

1 / 612345...最後 »