2017年3月12日

プロデューサー列伝〜第8章:ジョージ・マーティン②

伝説のミュージシャンから最新のアーティストまで、

過去から今、未来へとつながる音楽のルーツを紹介するコーナー「Roots Of Masters」。

現在のテーマは“プロデューサー列伝”です。

 

第8章:ジョージ・マーティン②

彼はビートルズのプロデュースをしながら、様々なことをやっていた。

例えば1964年に初めてビートルズがアメリカに行った。

彼らはボブ・ディランやエルビス・プレスリーらに会っていたが、

ジョージは大手のスタジオを回って機材をチェックして、

いくらかの機材を買ってビートルズのスタジオに流用しようと考えた。

(当時のアメリカの録音機材は最先端だった)

またレコーディングに関してはビートルズは音がいいと言われていて、

初期のローリングストーンズと比べても録音がいいと評判がいい。

それは彼がエンジニアを大切にしていてレコーディングにも力を入れていた。

ビートルズを手がけた後も多くの仕事があったのだが

その中でも彼が手がけ、アーティストの今まで続いている方向性を生み出した作品が、

ジェフ・ベックの「ブロウ・バイ・ブロウ」(1975)だ。

これまでジェフはエリック・クラプトンやジミー・ペイジ(レッド・ツェッペリン)に比べて、

名前は知られていて腕はしっかりしているが、方向性がはっきりしなかった。

彼はジェフのテクニックを受け止められるのは単なるロックだけではなく、

ジャズなのではないかと考えたのか、

今で言う“フュージョン”のようなジャズのミュージシャンをバックにジェフにギターを弾かせる。

当時フュージョンやクロスオーバーという言葉がなかった時代に、

その演奏スタイルをジェフにやらせて、ジェフを成功に導いたと同時に、

ジャズとフュージョンはしているが根底はしっかりとロックという新しいスタイルを生んだ。

彼は、そう只者ではない。

投稿者 : mins|2017年3月12日

2017年3月12日

ゲスト:田村直美(3/12)

毎月ゲストをお迎えして、その方が大切にしている心の1曲、

「パートナーソング」をご紹介していく「Sound Insurance」のコーナー。

今月は田村直美さんをお迎えしています!

第2週となる、今夜のリクエストは・・・?

♪「Me And Bobby McGee」— Janis Joplin

 

「ジャニスはすごい。

例えば私がジャニスと同じ時代に生きてて彼女を見ていたら、

同じようなヴォーカリストになろうと思ったかな?

(でも、金子マリさんやカルメン・マキさんみたいに、憧れていたらなれるのかな?)

また、彼女の映画を見たときに、彼女の悲しみとか、自身の居場所を探している時に、

たまたま素晴らしい歌声を持っていたって思って、

私はどこに自分の武器があるかを探すことが大事なんだと教えられたんです。」

投稿者 : mins|2017年3月12日

2017年3月6日

2017年3月5日OA

  1. Rumer 「The Look Of Love」(2016)
  2. Clap! Clap! 「A Thousand Skies Under Cepheus’ Erudite Eyes」(2017)
  3. カルメン・マキ&Oz 「空へ」(1977)※SOUND INSURANCE
  4. 田村直美「Against」(2016)※SOUND INSURANCE
  5. Maki 「築地フィッシュマーケットブルーズ」
  6. The Beatles 「Little Child」(1963)※ROOTS OF MASTERS
  7. The Beatles 「You Really Got A Hold On Me」(1963)   ※ROOTS OF MASTERS
  8. The Beatles 「Rock And Roll Music」(1965)※ROOTS OF MASTERS

投稿者 : mins|2017年3月6日

2017年3月6日

プロデューサー列伝〜第8章:ジョージ・マーティン①

伝説のミュージシャンから最新のアーティストまで、

過去から今、未来へとつながる音楽のルーツを紹介するコーナー「Roots Of Masters」。

現在のテーマは“プロデューサー列伝”です。

 

第8章:ジョージ・マーティン①

ジョージ・マーティン。

1926年1月3日生−2016年3月8日死去(享年90歳)

ジョージ・マーティンといえば?と聞かれ、すぐに浮かぶ答えは、やはりザ・ビートルズだろう。

もともとはピアノをやっていたがピアノの先生との折が合わず、独学で始めるようになる。

その後音楽と演劇の学校に入りEMIというレコード会社の傘下であった

“パーロフォン”というレーベルに入り、

スキッフルミュージック(洗濯板などを用い演奏された音楽でロックン・ロールの前身)や、

コメディのレコードなどをプロデュースしていた。

後の1962年。どこのレーベルにも自分たちのテープを聞いてもらえなかった

若きザ・ビートルズの音楽を唯一聞き、

その溢れ出る可能性を感じたジョージは彼らをプロデュースすることを決意する。

初期の楽曲のピアノはジョージが弾いていた他に、

ビートルズは曲を作ることができてもアレンジができなかったため、アレンジャーとして活躍し、

初期の彼らにとっては5人目のメンバーといっても過言ではないと言えるだろう。

投稿者 : mins|2017年3月6日

2017年3月6日

ゲスト:田村直美(3/5)

毎月ゲストをお迎えして、その方が大切にしている心の1曲「パートナーソング」を、

ご紹介していく「Sound Insurance」のコーナー。

今月は田村直美さんをお迎えします!

第1週となる今夜のリクエストは・・・?

♪「空へ」カルメン・マキ&Oz

「高校生の時、同級生のお兄ちゃんに、

 「空へ」のライブが入っているテープをもらって初めて知ったんだけど、

 友達と夜な夜な「これすごいね!」って言って物凄く聴いたんです。

 その後私がジャニス・ジョプリンのアルバム名から取った

 「PEARL」っていうバンドをやるようになった時、

 「空へ」の歌詞の中に“レコード擦り切れるまで聞いたお前のブルース”ってあって、

 歌詞の“お前”って誰だろうって思って・・

 貸しレコード屋のお兄さんとかに「どれだろう!誰だろう!」ってみんなで探したんですよ。

 で、“お前”ってジャニス・ジョプリンなんじゃないかってなったんです。

 そういう意味では私が一番聞いた曲だし、その後の私につながっていく一曲だと思います。」

 

投稿者 : mins|2017年3月6日

2017年2月26日

☆プレゼントクイズの正解発表☆

受付終了〜〜〜!!!

今日の「Music Insurance〜音楽の心を保険〜」では、

正解した方の中から抽選で2名の方に、

Amazonで使える5000円分のギフトカードが当たる

プレゼントクイズを実施しました!

クイズに正解した方の中から抽選で2名の方に、

Amazonで使える5000円分のギフトカードをプレゼントいたします!

 

<問題>

Q 第一生命の人気コンテンツ「サラリーマン川柳」

  この「サラ川」をより若い世代の方々にも楽しんでほしいと、

  昨年、20代限定企画を実施していました。

  その栄えあるグランプリに輝いた作品は次のうち、どれでしょう?

 

 

という問題でした!

どれも個性豊かな作品ですが、正解は…?

 

② 言ったよね はじめて聞いた でも言えず(ゆとり世代さん) でした!!

 

岩田さん「正解…言ったよね?」  

 

だそうです(笑)

 

当選者の発表は、プレゼントの発送を持って代えさせていただきます。

たくさんのご応募、ありがとうございました!

投稿者 : mins|2017年2月26日

2017年2月26日

2017年2月26日OA

  1. The Ocean Party「Restless」(2016)
  2. Arto Lindsay「Ilha Dos Prazeres」(2017)
  3. Supremes「ひとりぼっちのシンフォニー」(1966)※SOUND INSURANCE
  4. PANTA「NACHT MUSIK」(1987)※SOUND INSURANCE
  5. Sean Browney Sentimental Music Project「1959」(2016)
  6. Rod Stewart「I Don’t Want To Talk About It」(1975)※ROOTS OF MASTERS

投稿者 : mins|2017年2月26日

2017年2月26日

プロデューサー列伝〜第7章:トム・ダウド③

伝説のミュージシャンから最新のアーティストまで、

過去から今、未来へとつながる音楽のルーツを紹介するコーナー「Roots Of Masters」。

現在のテーマは“プロデューサー列伝”です。

 

 第7章:トム・ダウド③

音楽の3分の1はエンジニア
3分の1はプロデューサー
3分の1はミュージシャン

 

このように分けると音楽はうまくできるが、

トムはこれまでに紹介したように

録音機や調整卓など機材の開発やエンジニアリングだけでなく

南部の香りがするサザンロックを生み出すなど、

楽曲のプロデュースもできる男だった。

 

そこで、今日かけるロッド・スチュワートは、

イギリスでスーパースターになり、その後に渡米。

アメリカのミュージシャンと共演し、

アメリカ音楽にある南部の要素を取り入れたい。

アメリカらしいサウンドの要素が欲しいと、プロデュースをトムに依頼し、

後に名作と言われる「アトランティック・クロッシング」という名のアルバムを生み出す。

 

このようにトムは、

ロッド・スチュワートやDerek And The Dominos、The Allman Brothers Bandなど

様々なアーティストの名曲と言える曲、

名作と言われるアルバムを世に生み出し続けてきた。

その秀逸なプロデュースはもう受けられなくなってしまったが

彼の偉大な功績、彼にしか生み出せないサウンドを聞いて

皆の記憶にとどめておいてほしい。

投稿者 : mins|2017年2月26日

2017年2月26日

ゲスト:PANTA(2/26)

毎月ゲストをお迎えして、その方が大切にしている心の1曲「パートナーソング」を、

ご紹介していく「Sound Insurance」のコーナー。

今月はPANTAさんをお迎えしています!

最終週となる今夜のリクエストは…?

♪Supremes「ひとりぼっちのシンフォニー」

 

「ロックっていうのは“不良の音楽”だったから、俺も当時は不良のごとく夜な夜な遊んでいたよね。

新宿でナンパばっかりしたり、

らせん階段(60年代後半に盛んだった新宿のディスコ)に行ってばっかりだった。

そのある日…いつだったかな?

お姉ちゃん二人とソファーに座っていたら、ジュークボックスから

この「ひとりぼっちのシンフォニー」が流れていたんだよ。

聞いた前後どうなったかは覚えてないんだけど…

この曲を聞くとね、そんな遊んでばっかりな青春時代の甘酸っぱい思い出が錯綜するんだ。

俺のスウィート・ソングだね。」

投稿者 : mins|2017年2月26日

2017年2月19日

2017年2月19日OA

170219mins

  1. Nathaniel Rateliff & The NightOut On The Weekend」(2016
  2. Deni HinesExhaleShoop Shoop)」(2016
  3. The FugsTurn On Turn In Drop Out」(1967)※SOUND INSURANCE
  4. PANTA & HAL「マラッカ」(1979)※SOUND INSURANCE
  5. MamiRadiant World」(2014
  6. The Allman Brothers BandStatesboro Blues」(1971)※ROOTS OF MASTERS

投稿者 : mins|2017年2月19日

1 2 3 4 5 6 7 44