2019年6月16日

#216 6月14日放送分 フィンガーフード

今回のテーマは、

「フィンガーフード」でした!

 

パーティー料理とは?

結婚パーティー、ホームパーティー、誕生パーティー、婚活パーティー、

出版パーティーなどなど、世の中にはパーティーと付く、お祝いが多くなされています。

 

山崎さんは、ハロウィンパーティーやバースディパーティー、

そしてクリスマスパーティーなどが印象深いようです。

 

パーティーの楽しみのひとつと言えば、お料理ではないでしょうか?

 

普段、あまり口にすることがないゴージャスなお料理は、おいしいだけではなく、

見た目も美しく、心を奪われますね。

 

そんなパーティー料理で、今注目されているのが、“フィンガーフード”です!

 

フィンガーフードとはその名の通り、指でつまんで食べることができる料理のことで、

ホームパーティーのおもてなし料理として、家庭で作る方が増えているそうです。

 

果たして、フィンガーフードとは、どんな料理なのでしょうか?

 

スポーツ観戦前のパーティー!

日本人初のサイクル安打を達成した、メジャーリーガー・“大谷翔平”選手が活躍する、

エンゼルスのホームグラウンド・エンゼルスタジアムでは試合前に、

“テールゲートパーティー”が行われています。

 

テールゲイトとは、車やトラックの“後部荷室扉”のこと。

 

つまり、テールゲートパーティーとは、車の後部の開いた扉の周辺で

食べたり、飲んだりするパーティーのことです。

 

このテールゲートパーティーは、アメリカのスポーツ観戦の際に、

スタジアムやアリーナの駐車場でよく行われ、大型グリルや燻製釜を持ち寄って、

バーベキューを楽しむスポーツファンの姿がたくさん見られます。

 

ただ、ドジャースタジアムをはじめ、バーベキューを禁止するスタジアムが多く、

エンゼルスタジアムは、数少ないバーベキューができる寛容な球場だそうです。

 

試合開始が近づくと、残った料理をアルミホイルに包み、

球場に持ち込むことで、食事代を浮かせる人もいます。

(以上、6月8日 時事通信社 参照)

 

≪ゲストコーナー≫

日本フィンガーフード協会代表理事丸山佳枝さんをお迎えして、

「フィンガーフード」についてお話を伺いました。

 

丸山さんはこれまで、およそ2000種類のフィンガーフードを作っています。

 

フィンガーフードとは?

手でつまめる料理のことを、フィンガーフードと呼んでいます。

 

小さなグラスやお皿に盛りつけた料理も、ひと口サイズであれば、

フィンガーフードということになります。

 

どこ発祥?

様々な国で昔から食されていて、発祥ははっきりしないそうです。

 

国によって、呼び方も違うそうです。

 

例えば、アメリカですと、パンの上にペーストをのせた“カナッペ”

スペインだと、料理をピックで刺す“ピンチョス”

フランスは前菜の前に頂く“アミューズブーシェ”などがあります。

 

日本のフィンガーフードは、“焼きとり”“たこ焼き”、そして“お寿司”です。

 

懐石料理の“八寸”などもそうです。

 

日本フィンガーフード協会とは?

フィンガーフードのプロフェッショナルを育てるスクール運営を中心とした組織です。

 

卒業された方は、ケータリング会社を運営したり、教室を開いたり、

プロとして活動されているそうです。

 

日本全国はもちろん、韓国から学びに来る受講生もいます。

 

きっかけは?

丸山さんはレストランで食事をするのが好きで、よく行っていたのですが、

メニュー選びに迷うことが多かったそうです。

 

「あれもこれも食べたい!」と思っていたそうです。

 

あるとき、自分で小さいサイズで作れば、色々と食べることができる考え、

フィンガーフードを作るようになったのです。

 

魅力は?

小さくて食べやすく、カラフルで見た目もかわいいところが魅力です。

 

山崎さんいわく「ひと口ちょーだい」という女の子の気持ちを叶えてくれます。

 

身近なお惣菜をフィンガーフードスタイルにすることで、かわいく変身することができます。

 

例えば、から揚げに色のついたピックを刺して、

そこにパセリをのせるだけで、おしゃれなオードブルになります。

 

コンビニで売っているポテトサラダもアイスクリームディッッシャーで丸くくり抜いて

お皿に盛り付け、そこにハーブやエディブルフラワー(食べられる花)をのせるだけで、

見た目が一新します。

 

サンドウィッチも小さくすることで、遠慮なく手が出しやすくなります。

 

また、前菜からデザートまでフルコースを表現することができるのもフィンガーフードならではです。

 

美味!フィンガーフードメニュー

丸山さんが、フィンガーフードを作ってきてくださいました。

 

酢豚と揚げパクチーのピンチョス

酢豚を小さく切って2つ重ねます。

 

そのままだとお皿にのせたときに、グラグラして不安定なので、

レンジで温め型抜きしたサツマイモを土台にしてピックを刺します。

 

そこにパクチーの素揚げを添えています。

 

市販の酢豚を使ってもいいそうです。

 

★ひと口うな丼

ウナギのタレをまぶしたごはんを四角に型どり、その上に蒲焼きをのせます。

 

さらに、薄く焼いて刻んだタマゴと赤いクコの実をのせて、竹の葉で包んで、串で刺しています。

 

ごはんは手につきやすいので、笹の葉や大葉などで巻くことで、

食べるときに、手が汚れなくて済みます。

 

マスカルポーネのムース

マスカルポーネチーズと生クリーム、グラニュー糖を混ぜてホイップし、

小さな器に入れ、その上にアメリカンチェリーとゴールドキウイ、

ミントをのせています。

 

小さな器がないときは、大きなスプーンを代用してもいいそうです。

 

初心者でも簡単にできるレシピは?

クラッカーやバゲットの上に、クリームチーズをのせて、

その上にミニトマト、オリーブなど冷蔵庫にあるものをのせるだけで、

カラフルなカナッペが簡単にできます。

 

気をつける点!

揚げ物など食材が茶色のモノが多いので、

色を意識して作らないと茶色ばかりになってしまいます。

 

赤やグリーンなど、色のある食材を使うことを意識しましょう。

 

また、初心者が失敗しがちなのが、ゼラチンを使う場合だそうです。

 

フィンガーフードは、おしゃべりを楽しんだ後で食べることが多く、

料理を並べてから時間が経っているので、ゼラチンが溶けてしまいます。

 

ゼリーを作ったつもりが、ジュースになっていたなんてこともあるので気をつけましょう。

 

ゼラチンの代わりに、アガーや寒天など室温でも溶けないモノを使うといいそうです。

 

苦労は?

あまりにも奇をてらったモノにすると、完成したときに、

「あれ!?」と首を傾げてしまうような料理になってしまうそうです。

 

赤い食材があまりないので、探すのに苦労しているそうです。

 

おもてなしの心

おもてなしをするメンバーがどんな方なのか考えましょう!

男性か?女性か? 若者か?高齢者か?

 

またシチュエーションも考慮しましょう!

座って食べるスタイルなのか?立食なのか?

 

ビジネスシーンなのか?プライベートのリラックスした会なのか?

 

例えば、男性のゲストならば、少しボリュームのあるメニューする、

子どもが中心ならば、子どもが好きそうなメニューにするなど、

参加するメンバーを意識して料理を作ることが大事です。

 

座って食べられる時には、スプーンやフォークを使ったモノもいいですが、

立食スタイルは、グラスやバッグを持っていることが多いので、

ピンチョスを中心にしたほうが、食べやすいです。

 

ビジネスシーンだと、お客様は会話を重視するので、

ひと口でパクッと食べられるより小さなサイズの方が好まれます。

 

≪今週の金のつぶやき≫

最後に、こんな記事を紹介しました。

 

アメリカのアラスカ州で結婚式を挙げた、ケリーさんとベッキーさん。

 

会場には、誰も座ることがない特別な席が用意されていました。

 

それは、2年前に亡くなったベッキーさんの息子・トリストンくん19歳の席でした。

ベッキーさんは、息子の悲しみの死を乗り越えての再婚だったのです。

 

式が始まる直前、新郎のケリーさんが、ある若い男性をベッキーさんに紹介します。

 

花婿の介添え人として参加していたジェイコブさんというその男性は、

実はトリストンくんから心臓移植を受けた人だったのです。

 

ケリーさんがベッキーさんに内緒で、式に招待していました。

 

ベッキーさんは、ジェイコブさんを抱きしめて、再愛の息子・トリストンくんの心臓の音を聞きます。

 

新郎ケリーさんからの粋なはからいで、新婦ベッキーさんは、

息子の一部が今も生き続けているということを実感しました。

(以上、2018年5月11日 grape 参照)

 

パーティーやお祝いには、おいしい料理やプレゼントが付き物です。

 

もちろん、そうした目に見えるおもてなしも大事ですが、

相手の気持ちを慮った、ちょっとした心遣いも大切です。

 

参加した誰もが、「来て良かった」と思える時間と空間をさりげなく演出するのも、

おもてなしの極意ではないでしょうか?

 

あなたはどう感じましたか?

 

次回6月21日は、第一生命経済研究所・主任エコノミスト西濱徹さんを

お迎えして、「G20と中国経済のその後」をテーマにお送りします!

 

聞いてちょーだい!!

投稿者 : kintubu|2019年6月16日

2019年6月15日

れなち発見伝!テーマは「あじさい」

梅雨ということで、雨の多い季節となりましたね。

気持ちがふさぐこともあるかと思いますが、

梅雨の楽しみ方もありますよね?

ということで、今回のれなち発見伝は憂鬱なジメジメ気分を吹き飛ばす花「あじさい」を取り上げました!

 

ここ千葉県内には、あじさいの名所がたくさんあります。

茂原市の服部農園あじさい屋敷は、総面積1万8000平方メートルの敷地に、

250種類、1万株以上のあじさいがあるそうです!

開園期間が6月1日から7月上旬までということなので、

広大な自然の中に咲き誇るあじさいを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

そして、京都にある宇治茶の老舗・伊藤久右衛門は、昨年SNSでも話題となった

期間限定の紫陽花パフェを今年も販売しているようです!

こちらのパフェは、お花の部分が抹茶味のきんとんとあじさい色のゼリー

葉っぱ部分は、抹茶クッキーにブルーベリーを添えるなどして、雨の中の紫陽花が表現されています!

 

山崎さんが大学に行く途中に、

撮るか迷ってUターンして撮ったあじさいの写真はこちらです!

  

 

今回紹介したあじさいスポットやスイーツを楽しめるのは梅雨だけ!

雨の季節だからこそ、楽しめることもあると思うので、

色鮮やかなあじさいを見に、外に出かけるのもいいかもしれませんね!

 

投稿者 : kintubu|2019年6月15日

2019年6月15日

「フィンガーフード」の魅力!ゲスト:丸山佳枝さん

今夜のテーマは、

「あなたが参加したことのあるパーティーでの思い出は?

  あなたの憧れのパーティーは?

                    パーティー料理と言えば何を思い浮かべますか?」

でした!

 

7時37分頃からは

日本フィンガーフード協会代表理事の丸山佳枝さんをお迎えして、

「フィンガーフード」についてお話を伺いました!

 

フィンガーフードとは、その名の通り、指でつまんで食べることができる料理のことで、

日本ではお寿司が、フランスではアミューズブーシェ、スペインではピンチョス、アメリカではカナッペと

呼ばれるもの全てがフィンガーフードと言えるようですね!

 

丸山さんが今回の金つぶのために、フィンガーフードを作ってきてくださいました!

①和食のフィンガーフード

ご飯系のフィンガーフードは男女問わず人気なようですね!

小さいので食べ過ぎることがなく、

うなぎの蒲焼きを小さく切って、小さく握ったご飯の上に乗せるだけで、

うな重がお手軽なフィンガーフードになります!

 

②中華のフィンガーフード

酢豚を作って、サツマイモをレンジで柔らかくして型抜きしたものの上にのせて、ピックを刺すだけで、

中華の定番おかずもフィンガーフードにすればおもてなしになる1品に!

 

③デザートのフィンガーフード

マスカルポーネチーズに砂糖を混ぜて、ショットグラスに入れ、フルーツを飾るだけで美味しくて可愛いフィンガーフードができます。

丸山さんの本の中ではグラスの側面に、いちごの薄切りを貼り付けているが、上に乗せても可愛いですね!

 

今夜のゲスト、丸山佳枝さんの著書

「THE FINGER FOOD BOOK 手軽につまめる小さなごちそう フィンガーフード」が発売中です!

気になった方は、ぜひお手に取ってみてください!

https://www.facebook.com/LeCoeurYoshieStyle/posts/2183502405096277

 

投稿者 : kintubu|2019年6月15日

2019年6月14日

ゲストの丸山さんが持ってきてくださったフィンガーフードです!

投稿者 : kintubu|2019年6月14日

2019年6月14日

フィンガーフードの写真です!

フィンガーフードの写真こんな感じです!

 

投稿者 : kintubu|2019年6月14日

2019年6月14日

「フィンガーフード」とは?ゲスト:丸山佳枝さん

金曜つぶやきショー、略して“金つぶ”!

テレビや新聞のニュースとはちょっと違う、

ラジオならではの「今、知りたいこと」を、

毎週一つのテーマに絞って、じっくりと時間をかけて、

リスナーの皆さんと一緒に考えていきます!

 

今夜のテーマは、

「あなたが参加したことのあるパーティーでの思い出は?

  あなたの憧れのパーティーは?

                    パーティー料理と言えば何を思い浮かべますか?」

 

7時20分過ぎからは、ニック土屋さんの「金つぶITニュースWEB」

インターネットで飛び交う、今週1週間のIT、科学、経済のニュースから

独自の目線でピックアップします!

 

7時37分頃からは、

日本フィンガーフード協会代表理事丸山佳枝さんをお迎えして、

フィンガーフード」についてお話を伺います。

 

そして8時32分からは、パーティーの似合うお嬢様!

「れなち発見伝!」をお送りします!

 

メッセージもお待ちしてます!

メールは kintubu@bayfm.co.jp まで!

丸山さんへの質問もどしどし送ってください!

今夜も7時から座談会です!

投稿者 : kintubu|2019年6月14日

2019年6月9日

#215 6月7日放送分 クイズ

今回のテーマは、

「クイズの奥深さ」でした!

 

どんなクイズ番組を見てた?

山崎さんは、お父さんとよくクイズ番組を見ていたそうです。

 

まさか、自分がそのクイズ番組に出演するとは思っていなかったそうです。

 

よく見ていたクイズ番組は、“脳内エステ IQサプリ”“高校生クイズ”だそうです。

 

小島さんは“ベルトクイズQ&Q”“アメリカ横断ウルトラクイズ”

“クイズグランプリ”“世界まるごとハウマッチ”などを見ていたそうです。

 

あの名フレーズ!

数々の人気クイズ番組には、それぞれ名フレーズがありました!

 

スタジオにいるお客さんが、回答者の答えに対して「あるあるあるー」と掛け声を

出していたのは“クイズ100人に聞きました”(1979~1992年 TBS系)。

 

一般人100人に行ったアンケートの上位の回答を当てるというクイズ番組で、

あの「あるあるあるー」は、演出ではなく、自然と生まれたそうです。

 

また、「ニューヨークへ行きたいか?」でお馴染みの

“アメリカ横断ウルトラクイズ”(1977~1998年 日本テレビ系)も、ブームとなりました。

 

「知力、体力、時の運」なんて、フレーズもありました。

 

その他、“クイズダービー”の司会・大橋巨泉さんの「倍率ドン!」

また“100万円クイズハンター”では、柳生博さんの「ハンターチャンス!」

愛川欽也さんの「ハイ、消えたー!」は“なるほど・ザ・ワールド”でした。

 

2000年代に入って流行語にもなったのが、“クイズ$ミリオネア”

司会・みのもんたさんの「ファイナルアンサー」。

 

みのさんの正解までの、長い溜めが印象的でしたね。

(以上、2018年5月21日 女性セブン 参照)

 

≪ゲストコーナー≫

一般社団法人日本クイズ協会代表理事齊藤喜徳さんをお迎えして、

「クイズ」についてお話を伺いました。

 

齊藤さんは、『100万円クイズハンター』優勝、『パネルクイズアタック25』優勝、

『史上最強のクイズ王決定戦』で第六回準優勝などなど、

その他多くのクイズ番組に出場し、好成績を収められています。

 

日本クイズ協会とは?

クイズの魅力や楽しみ方についての提案を通じて、広く文化の発展や

青少年教育の振興及び健全な青少年の育成に寄与することを目的としています。

 

最近は、部活動としてクイズに取り組みたいと考えている中高生たちを支援しているそうです。

 

オフィシャルな大会も開催しています。

 

クイズにハマったきっかけは?

齊藤さんが大学に入学する頃は、視聴者参加型のクイズ番組が多かったそうです。

しかし、入学後はクイズ番組の波が引き、ブームが去ってしまいました。

 

齊藤さんは、早稲田大学クイズ研究会に入会します。

 

クイズに強くなることよりも、クイズの魅力や可能性を

いかに世の中の人たちに広く伝えるかということについて取り組むサークルだったそうです。

 

そうは言ってもそこは名門サークル。

 

なんと、同研究会では、昔からクイズの早押し機を自分たちで作っていたそうです。

 

当時は、番組から出ていた番組本や、友だちが録画したビデオを

何回も見て、クイズの勉強をしていたそうです。

 

齊藤さんは在学中に、「100万円クイズハンター」に出演しています。

 

社会人の頃には、クイズ王決定戦といった特番が各局でスタートし、

それにも出場するようになったそうです。

 

勉強の仕方は?

まずは、番組や大会でよく出題される問題が載る“ベタ本”で基本を押さえます。

 

そこで、問題の作り方を覚え、次に自分で問題を作ってみるといいそうです。

 

クイズの問題は、文章の形式がいくつかあって、

そのパターンの問題を自分で作っていくそうです。

 

その際に、問題集に載っていない新しい情報も混ぜていきます。

 

齊藤さんの時代は、インターネットがなかったので、

顔を合わせてクイズを出し合って勉強していましたが、

今はネットに繋いで、いつでもどこでも勉強することができます。

 

また、クイズを実践できる場もたくさんあるので、

そういった場所で慣れるというのもひとつの勉強法です。

 

必勝法!

自分の得意ジャンルがあれば勝てるそうです。

また、学校の勉強で出ないようなところを覚えるといいそうです。

 

早押し問題はなぜ途中で分かるの?

問題文の先を読めるかどうかは、クイズに慣れている人と慣れていない人では大きく差が出ます。

 

英文法と同じで、クイズの問題にも文法のパターンがあるそうです。

 

そのパターンを抑えるのと、「何を問題の最終的な答にすると面白いか?」

ということを意識すると、問題文の途中でボタンを押すことが可能になるそうです。

 

例えば、

Q、自衛隊を構成する3つの部隊とは、陸上自衛隊、海上自衛隊と何でしょう?

というような、3つの中から1つを答える形式の問題があります。

 

クイズデビューしたばかりの人は、だいたい海上の「か」と聞いた時点で、

ボタンを押すそうです。

 

一方、少しレベルが高い人だと、「陸上」と「海上」は”上””韻”を踏んでいて、

”航空”だけが他と違うから、答えにすると面白いと考えるそうです。

 

クイズ界では、これを「他と違うから最終解答にするバリューがある」と言うそうです。

 

そのため、多くの場合「航空自衛隊」を答えとして出題する確率が高いのです。

 

ですから、勝負どころになると

「Q、自衛隊を構成する3つの部隊とは?」の部分を聞いたあたりで

答えをバリューのある「航空自衛隊」だと予想して、ボタンを押しているそうです。

 

3つのうちの1つを答えるパターンとしては、

「Q。国民の三大義務は?」という問題の場合は、26条の教育、27条の勤労に次いで、

憲法の条文順でで3番目にくる“納税”(30条)が問われることが多く、

「Q、カラマーゾフの三兄弟は?」という問題だと、三男の”アリョーシャ”を問われることが

多いそうです。

 

「~といえば…ですが」ときは?

例えば、「Q.ウルグアイの首都はモンテビデオですが、パラグアイの首都は

何でしょう?」という問題なら、国名の”グアイ”で韻を踏んでくるなと予想して

「Q.ウルグアイの首都は/モンテビデオですが、パラグアイの首都は何でしょう?」と

”/”のあたりで、ボタンを押しているそうです。

 

反射神経の鍛え方!?

齊藤さんと同世代のクイズ王は、スポ根マンガのような特訓をしていたそうです。

 

常に早押しボタン機を持ち歩き押す練習をしていた人や、

脳の活性化のために、普段は左手でボタンを押す練習をしていた人がいたそうです。

(科学的な根拠はありません)

 

また、信号が変わる瞬間に歩き出すなど、涙ぐましくも、バカバカしい

特訓を実践していたそうです。

 

皆さん、それほど「クイズで強くなりたい!」と思っていたのでしょう。

 

山崎さんによると、ボタンを押して反応するギリギリの境界線、

鳴らない直前の位置を知っておく人もいるそうです。

 

本番に弱い?

齊藤さんは、「予選のクイズ王」と呼ばれていたそうです。

 

予選では好成績なのに、本戦では日頃の力が出せないときがあったそうです。

 

そのため、イメージトレーニングをしたり、問題を読むアナウンサーの声を、

普段から聞くようにしていたそうです。

 

読み手のクセで分かる!?

「~といえば…ですが」のような変化がある問題のときに、

「ですが」の前の部分は、少し早めに読むことが多いそうです。

 

出題者が解答者に「ですが問題」だと、教えたいという思いがあるために、

前半部分が気持ち早くなるそうです。

 

また、「ですが」のときには、気持ちイントネーションが上がるそうです。

 

そうしたことから、問題が変化するということを予測しているのです。

 

今後のクイズ番組は?

クイズ界は、男社会だそうです。

 

一方、中高生でクイズを楽しんでいる人たちの中には女性が増えています。

 

今後、そうした人の中から、クイズクイーンと呼ばれる女性のスターが出てきて欲しいそうです。

 

真剣勝負が売りの競技クイズのクイーンだけでなく、

ワチャワチャした女子ならではの雰囲気でクイズを楽しむ人たちが

どんどん現れてくると、またクイズ界も盛り上がりますね。

 

イベント情報

日本クイズ協会主催の大会が開かれます!

 

「ニュース・博識甲子園:全国高等学校総合クイズ大会」(高校生対象)

「JQSグランプリシリーズ」

 

ともに7月15日に予選が行われます。

 

エントリーの締め切りが6月末となっていますので、

興味がある方は、日本クイズ協会のHPを参照してみてください。

 

≪今週の金のつぶやき≫

下北沢にある“RBLカフェ”は、クイズ問題の資料として使用された書籍

およそ7000冊が本棚にずらりと並んでいます。

 

辞典や図鑑、ユニークな専門書など、幅広いジャンルの本を読むことができ、

一部は販売もしているそうです。

 

店長の仲野隆也さんは、クイズ作家でテレビのクイズ番組や

クイズアプリ用の問題を作成しています。

 

お店には、クイズの早押し機も常備されているので、クイズイベントも開催されています。

(RBL CAFÉ ホームページ 参照)

 

クイズは、問題がなければ答えることができません。

 

その問題を作成するには、地道な作業の積み重ねや、正確で丁寧な裏取りが必要です。

 

それでも、問題作成者にとって、誰もが「へぇー」と関心を寄せる問題が作れたときは

クイズに正解するのと同じくらいの喜びがあるんじゃないでしょうか?

 

あなたはクイズをどのように楽しんでいますか?

 

次回6月14日は、日本フィンガー・フード協会代表理事

丸山佳枝さんをお迎えして「フィンガー・フード」をテーマにお送りします!

 

聞いてちょーだい!!

投稿者 : kintubu|2019年6月9日

1 2 3 4 5 109