2019年8月19日

#224 8月16日放送分 モテる男子とは?

今回のテーマは、

「モテる男の条件とは?」でした!

 

モテたい!

いつの時代も男女ともに「モテたい!」という思いは、共通した思いではないでしょうか?

 

モテたい!誰かに認められたい!頼りにされたい!という気持ちは、

誰もが大なり小なり持っていることかと思います。

 

若い男性の何かをがんばる原動力は、

ほぼ「女の子にモテたい!」という思いではないでしょうか?

 

しかし、モテたい!と思って努力しているのに、

なぜか空回りをしてしまうという方も少なくないですよね。

 

特に男性は、女性の心の奥底を汲み取らずに、

一方的に、自分の価値観を何かと押し付けがちです。

 

彼女や奥さんは話を聞いて欲しいだけなのに、やたら自分の話を挟んだり、

見当違いのアドバイスを良かれと思ってしてしまう男性の方いませんか?

 

男がモテる条件とは、男らしさか、やさしさか、それとも経済力なんでしょうか?

 

ということで今回は「モテる男性の条件って何だと思いますか?

あなたの周りにいるモテ男子ってどんな人ですか?」という質問を投げかけ、

座談会を行いました。

 

3高から4低へ

かつては、女性が結婚相手に求める条件といえば、

“高身長”“高学歴”“高収入”“3高”でした。

 

現在、女性が結婚相手に求める条件は“4低”だそうです。

 

4低とは、“低姿勢”“低依存”“低リスク”“低燃費”のことです。

 

低姿勢とは、「家族に威張らない」といったやさしさが求められています。

 

低依存は、家事、育児を女性に依存しないことです。

イクメンという言葉があるように、家事、育児も分担の時代というあらわれですね。

 

低リスクとは、相手が失業やリストラなどのリスクが少ないことを指します。

 

そして、低燃費とは無駄なお金を使わない男性だそうです。

(以上、3月22日 日経MJ 参照)

 

≪ゲストコーナー≫

評論同人作家手条萌さんをお迎えして、「平成の男子」についてお話を伺いました。

 

評論同人作家とは?

手条さんは、同人誌を自費出版で販売しています。

 

主に評論を掲載しているそうです。

 

これまで、カレーのお店のレビューやレトルトカレーのレビューといった

内容のものを世に出してきています。

 

先日、来場者数が過去最高となったコミックマーケットにも参加したそうです。

 

平成の時代とは?

90年代の世紀末感、閉そく感、ゼロ年代の自己責任論など、

社会的にはシビアなムードが流れていた時代だったそうです。

 

その後、2010年代は、SNSなどのコミュニケーションが風穴を開け、

不完全さを愛することができるようになった時代になったそうです。

 

例えば、イケメンではなく、クセのある男子も愛されるようになったのです。

 

不完全さを愛する

これまでメディアの中心にしたのは、芸能人やスターでした。

 

顔がカッコいいというのが絶対的条件でした。

 

しかし、平成ではその人自身のキャラクターや特徴が愛されるようになったそうです。

 

“Youtuber”“インフルエンサー”などがそうです。

 

身近な存在に支持が集まるようになりました。

 

それは自分との関係を重視する傾向にあるからだと、手条さんは分析しています。

 

女性たちは、一緒にいて楽しい、関わっていて楽しいということを

重視にするようになったそうです。

 

平成男子の変化は?

90年代に“イケメン”という言葉が登場したそうです。

 

それによって、男性はイケメンか?イケメンじゃないか?と

女性からフランクに評価され、半ば振り回されていたそうです。

 

一方で、3高的な、見た目や収入などの社会的スペックだけの評価から引き剥がされ、

キャラクター性を含めて評価されるようになったそうです。

 

モテるために、がんばる余地ができたのです。

 

理想とする男性像は?

何か光るものを持っていたり、一緒にいて楽しいということが

女性が求める理想の男性像に変わっていったそうです。

 

例えば、バーベキューに関して詳しいなどの専門性や

面白い、気遣いができるなどが、モテる要素になっていったそうです。

 

距離感を見誤らない人がいいそうです。

 

女性が結婚を考える場合、いくらイケメンでお金をたくさん稼げる男性でも、

自分と合わないと意味がないと思うようになっているそうです。

 

女性も社会に出て働くことが当たり前になっているので、

価値観重視の傾向になっています。

 

溺愛系男子が求められている!?

3高的要素プラス、自分を甘やかしてくる男性がモテるそうです。

 

家事をしてくれたり、気をつかってくれる男性です。

 

J-POPで見る変化

95年に発売された“Mr.children””シーソーゲーム”の歌詞では、

『友人の評価はイマイチでも、She so cute』と見た目について言及しています。

 

一方、それから20年経った2015年発売の“NMB48””ドリアン少年”では、

一般的にカッコ良くない見た目の男の子をクセのあるフルーツ・ドリアンに例えて、

「それでもわたしは彼が好きだ」というような歌詞になっています。

 

これは、見た目について言及したうえで、「見た目は重視しない、

それよりもキャラクターと自分との関係性を重視する」ということを歌っています。

 

平成の恋愛とは?

平成は“脱恋愛の時代”だったそうです。

90年代は、まだバブル的恋愛の時代でした。

 

ゼロ年代以降は、主にネットカルチャーでは、

脱恋愛と呼べるような、“アンチリア充カルチャー”が台頭してきたそうです。

 

例えば、“バレンタイン粉砕デモ”“クリスマス終了のお知らせ”などがそうでした。

 

みんなで共感の時代

恋人同士で過ごすクリスマスよりも、みんなで「ウェイ、ウェイ」と騒ぐ

ハロウィンのようなイベントが重視されるようになっているそうです。

 

手条さんは、こうした現象を“ラブからウェイへ”と呼んでいます。

 

ちなみに、ハロウィンは仮装やコスプレをするので、

自分の顔を晒す必要もなく、イケメンかどうかは関係ありません。

 

みんなで一緒に楽しむという共感性の時代になったそうです。

 

非現実と現実

女性にとって、“高スペックな男子”は現実の恋愛ではなく、

“漫画”“アニメ”などのフィクションの世界で求めるようになったそうです。

 

女性たちは、現実の男性にそれを求めるのは失礼だと気付いたのです。

 

現実ではなく、フィクションに夢をみる傾向があるようです。

 

非現実のキャラクターと、現実の彼氏、それぞれ求めるものが別だそうです。

 

一般人の中にも推しメン!?

恋愛感情ではなく、“応援したい”気持ちが“推す”というカタチになっているそうです。

 

「営業部の○○さん推し」のように、アイドルとファン以外の場でも、

推す、推されるという関係があるそうです。

 

自分とは恋愛関係にならないという覚悟がある新しい関係です。

 

コミュニケーション能力は大事?

コミュ力とは“ペラペラしゃべれること”と思われていますが、

全くそんなことはないそうです。

 

つつがなくしゃべれなくても、誠実に自分の考えを伝えることができれば、

SNSなどツールはそろっているので、相手に想いを届けることはできます。

 

“ハッシュタグ的交流”が盛んな時代なので、自分と似た価値観の人や

違う価値観でも面白く伝える人と繋がりやすくなっています。

 

どんどん多くの人と交流し、多くの価値観をインストールしていけば、

生きづらさを克服するヒントに出会うことができます。

 

令和時代のモテ条件とは?

自分の身近で、信条や想いを伝えてくれる人が男女問わず、人気が出るそうです。

 

誠実さが必要です。

 

8月19日に、手条さんの「平成男子論 僕のエッジと君の自意識。」

彩流社から発売されます。

 

今夜のお話で、興味を持った方は是非チェックしてみてください!

 

≪今週の金のつぶやき≫

今年は、国民的人気の映画“男はつらいよ”第一作が公開されて、

50年という記念の年に当たります。

 

お人よしで、おせっかい、そして惚れっぽいけど、恋に不器用な渥美清さん演じる

主人公・車寅次郎こと寅さんは、作品の中で数々の名言を残しています。

 

中でも、恋に関する名言というと…

 

『今度あの娘に会ったら、こんな話をしよう、あんな話をしよう、そう思って

ウチを出るんだよ。いざその娘の前に座ると、ぜーんぶ忘れちゃうんだね。

バカみてーに黙りこくってんだよ。そんなてめえの姿が情けなくて、

こー涙がこぼれそうになるんだよ。な、女に惚れている男の気持ちって、そういうもんなんだぞ』

 

さも分かったように語っておりますが、寅さんは毎度ヒロインに惚れて、

いい仲になるもフラれるというのが定番です。

 

それでも、めげずに再び旅に出て、恋をします。

 

不格好、不器用、若干のロマンチスト…時代遅れの振舞いや考え方ではありますが

もうしかするとこうした純粋な心意気こそ、モテる男に必要な   要素かもしれません。

 

寅さんを演じた渥美清さんは、1996年に亡くなっていますが、今年の年末には、

およそ22年ぶりとなる新作『男はつらいよ お帰り 寅さん』が上映される予定です。

 

山田洋二監督は、どんな演出で、寅さんを復活させるのか?

 

楽しみですね!

 

ということで、今回はこの辺でお開きってことにしましょう!

 

次回8月23日は、みずほ総合研究所主任エコノミスト宮嶋貴之さんをお迎えして

「プレミアム・フライデー」をテーマにお送りします!

 

聞いてちょーだい!!

投稿者 : kintubu|2019年8月19日

2019年8月16日

「平成の男子」!ゲスト:手条萌さん

金曜つぶやきショー、略して“金つぶ”!

テレビや新聞のニュースとはちょっと違う、

ラジオならではの「今、知りたいこと」を、

毎週一つのテーマに絞って、じっくりと時間をかけて、

リスナーの皆さんと一緒に考えていきます!

 

今夜のテーマは、

モテる男性の条件って何だと思いますか?

                    あなたの周りにいるモテ男子ってどんな人ですか?」

 

7時20分過ぎからは、ニック土屋さんの「金つぶITニュースWEB」

インターネットで飛び交う、今週1週間のIT、科学、経済のニュースから

独自の目線でピックアップします!

 

7時37分頃からは、

評論同人作家手条萌さんをお迎えして、

平成の男子」についてお話を伺います。

 

そして8時32分からは、山崎怜奈のコーナー!

れなち発見伝!」をお送りします!

 

メッセージもお待ちしてます!

メールは kintubu@bayfm.co.jp まで!

手条さんへの質問もどしどし送ってください!

今夜も7時から座談会です!

投稿者 : kintubu|2019年8月16日

2019年8月12日

#224 8月9日放送分 名所・旧跡

今回のテーマは、

「おススメの名所・旧跡」でした!

 

お気に入りは?

名所・旧跡とは、“美しい景色や由緒ある場所”

また“歴史的な出来事が起こった場所”“歴史的建造物”のことを指します。

 

歴史好きの山崎さんは、お城巡りをしているそうで、

中でも松本城(長野県)がお気に入りだそうです。

 

小島さんは、旧古河庭園(東京都北区)、厳島神社(広島県)、

伊勢神宮(三重県)がお気に入りです。

 

ということで今回は、「あなたのお気に入りの名所・旧跡はどこですか?

この夏おススメ、行ってみたい、名所・旧跡を教えてください!」という質問を

リスナーに投げかけ、座談会を行いました。

 

千葉で名所・旧跡巡り!

千葉県では、観光名所や史跡、神社仏閣を巡る

“ちば文化遺産スタンプラリー”が8月31日まで開催されています。

 

千葉ポートタワー、県立美術館、水郷佐原山車会館、玉前神社など

6ヵ所をチェックポイントにしています。

 

各地で集めたスタンプに応じ、ホテル宿泊券や特産品を抽選でプレゼントという特典もあります。

 

千葉県は2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に合わせ、

国内外に千葉の魅力をアピールするため、昨年111件のちば文化遺産を認定しています。

 

伝統的な史跡や芸能の他にも、東京湾アクアラインや京葉臨海工業地帯の工場の夜景、

勝浦タンタンメンなどが認定されているそうです。

(以上、7月11日 日本経済新聞 参照)

 

名所・旧跡巡りの初心者にも、ピッタリな企画ではないでしょうか?

 

≪ゲストコーナー≫

All About 名所・旧跡ガイド村田博之さんをお迎えして、「名所・旧跡」についてお話を伺いました。

 

名所・旧跡ガイドとは?

国内の風光明媚な場所やお城、神社などを旅して、

旅行者の視点から、インターネットで情報発信しているそうです。

 

ハマったきっかけは?

幼い頃、村田さんは駅の近くに住んでいました。

その影響もあって、鉄道好きになり、旅をするようになりました。

 

乗り鉄、撮り鉄であり、鉄っちゃんです!

 

そのうち鉄道に乗るだけでなく、その土地で名所や旧跡を回るようになったそうです。

 

どのくらい訪れたのか?

47都道府県すべてに足を踏み入れ、しかも宿泊もしています。

 

“日本さくら名所100選”は42ヶ所、“日本100名城”は61ヶ所も訪れているそうです。

 

村田さんは、お城では最初天守閣に興味が湧いたそうです。

 

そして、建物の美しさや石垣などに惹かれていったそうです。

 

写真映えするところがいいそうです。

 

山崎さんいわく、お城の魅力とは「作り手のロマンを感じるところ」だそうです。

 

村田さんは、1000ヵ所以上もの名所・旧跡を訪れています。

 

父島は2週間滞在せよ!

“小笠原諸島・父島”は、船で24時間かかります。

 

一度行ったら船の都合で、1週間滞在しなければなりません。

 

しかし、透き通るような美しい青い海が印象的で、港の周辺まで青いそうです。

潜れば、魚を目の前で見ることができます。

 

崖の上をヤギがのぼっているそうです。

 

父島に行く場合のおススメは、“2週間”の滞在だそうです。

 

そうすると、島を出るときに島民が見送りに来てくれます。

 

漁船も追いかけてきて、手を振ってくれるそうです。

 

絶景スポットは?

沈む直前の夕陽に照らされた“厳島神社”の大鳥居は絶景だったそうです。

 

春では、東京の駒込にある“六義園”のライトアップされた“しだれ桜”が最高に美しいそうです。

 

村田さんは、その桜に毎年会いに行っています。

 

冬だと、世界遺産にもなった岐阜の“白川郷”など雪化粧の美しい場所に出向くそうです。

 

白川郷は交通の便があまり良くなかったのですが、最近は、北陸新幹線があるので、

金沢まで出て、高速バスに1時間半も乗れば、着いてしまうそうです。

 

全国で追いかけるのは?

好きな場所は、毎年何度も行くそうです。

 

天気や四季によって、姿が変わるからです。

 

桜と紅葉を追いかけて全国を旅しています。

 

おそらく京都が一番多く訪れた場所のようです。

それでも、まだまだ回り切れていないそうです。

 

最近行った場所は?

新潟県の長岡に日本一の花火を見に行ったそうです。

ハマって、9年連続で行っているそうです。

 

また、横浜のみなとみらいに打ち上がる花火を

わざわざ羽田からリムジンバスに乗って、車内から鑑賞したそうです。

 

先月は、北海道の知床にも行っています。

ヒグマやエゾ鹿にも遭遇したそうです。

 

マイルールは?

遠くに行く場合は、行き帰りの交通手段と宿泊先だけは決めておくそうです。

 

また、絶対に行きたい所だけ決めておいて、あとはフリーです。

 

予定外でいい所が見つかったりするそうです。

 

この夏のおススメは?

①清瀬のひまわり畑
西武池袋線 清瀬駅からバスで10分。

都内最大級のひまわり畑が広がっているそうです。

 

およそ10万本のひまわりが咲いています。

 

これから咲くので、まだ間に合うそうです。

 

②テレコムセンター展望台
人が少なく、しかも料金が大人500円という安さで、展望台から東京ゲートブリッジや

お台場の夜景などを眺めることができます。

 

③鋸山
ロープウェイで登った山頂からは、東京湾をダイナミックに見下ろせます。

 

山頂から15分ほど歩くと、地獄のぞきがあり、スリルを感じることもできますし、

日本寺にある大仏も大きくてインパクトがあるそうです。

 

訪日外国人に人気

定番の浅草や京都、鎌倉の寺社周辺は今も人気があるそうです。

 

意外な場所としては、江ノ島電鉄の“鎌倉高校前駅”近くの海が見える“踏切”

訪日外国人の方に大人気です。

 

特に台湾の方が多く集まるそうです。

 

実は、この場所はアニメ“スラムダンク”のオープニングに登場する場所として人気が高く、

ユニフォームを着て記念撮影に訪れる外国人が絶えないそうです。

 

いわゆる“聖地巡礼”ですね。

 

初心者が楽しむには?

まずは、その土地で名前がよく知られている所に足を運んでみましょう!

 

例えば、千葉なら“成田山新勝寺”“銚子・犬吠埼”

東京なら“浅草寺”“浜離宮恩賜庭園”などから訪れてみてはいかがでしょうか?

 

課題や問題は?

人気の名所に人が集まり過ぎてしまう、“オーバーツーリズム”です。

 

交通機関が観光客で常に満員になって、地元の人たちが利用しづらくなったり、

渋滞で日常生活に制限がかかったりするという問題が起こっています。

 

訪れる側も、満足度が下がってしまいます。

 

また、“撮影のマナー”も大きな問題です。

 

撮影のために、足を踏み入れてはいけない場所に入ってしまうなど、マナーの悪い人もいます。

 

他の人の迷惑にならないようにしましょう!

 

紅葉のおススメは?

佐賀県・武雄の“御船山楽園”の夜にライトアップされた紅葉はおススメだそうです。

 

また、“立山黒部アルペンルート”の紅葉もキレイです。

 

中でも、“黒部ダム”では、タイミングが良いと、

“樹木の緑”“紅葉の赤”“冠雪の白”という“三段紅葉”を見ることができるそうです。

 

旅をする上での注意は?

計画をがちがち決めず、緩めにするのがいいそうです。

 

その土地でないと食べることができないグルメを食べるのもおススメです。

 

≪今週の金のつぶやき≫

国連によると、国境を越えて旅行をする人は世界で1日に“300万人”以上で、

年間にするとおよそ“12億人”にもなるそうです。

 

今、世界の各地では、街の許容量を越える観光客が訪れ、

住民生活に影響を与える“観光公害”が問題となっています。

 

年間1000万人あまりの宿泊客が訪れるイタリアの“ベネチア”では、

外国資本の流入で住宅価格が高騰し、住民流出が相次いでいます。

 

また、お店の観光地化が進み住民の利便性や歴史的な雰囲気が損なわれているそうです。

 

こうしたことから、年内には観光客に対する“訪問税”を導入することも検討されています。

 

オランダの“アムステルダム”では、観光公害対策として、

“民泊営業日数”を年間“30日”に制限し、旧市街地では観光客向けの“出店規制”

始めていますが、“観光客向け”という定義が難しく、反発も招いています。

(以上、6月19日 京都新聞 参照)

 

日本はラグビーワールドカップ、そして来年は東京オリンピック・パラリンピックという

世界的な祭典が控えています。

 

ますます増え続ける訪日外国人観光客に、いかに旅を楽しんでもらえるか、

また受け入れ態勢は整っているかを考える一方で、その土地の景観や文化、

そして、住民の生活が脅かされることのないようにしなければなりません。

 

政府は観光立国を掲げ、外国人観光客をさらに増やして消費の拡大を狙っていますが、

それによってそこに住んでいる人たちに弊害を及ぼすようなことがあると、

本末転倒ではないでしょうか?

 

あなたはどう感じましたか?

 

次回、8月16日は、評論同人作家手条萌さんをお迎えして、

「平成の男子、令和の男子」をテーマにお送りします!

 

聞いてちょーだい!!

投稿者 : kintubu|2019年8月12日

2019年8月9日

れなち発見伝!テーマは「焼き鳥」

放送日の翌日が8月10日、実はやきとりの日らしいのです!

夏は生ビールがおいしい季節、そんなビールの最高のお供の「焼き鳥」をテーマに、

今回のれなち発見伝はお送りしました!

 

焼き鳥というと鶏肉と思いがちですが、

実際は豚や牛、馬などを串に刺して焼いたものも”やきとり”と言っている地域もあります。

全国には、ご当地やきとりがあって、それぞれ特徴があるようです!

 

例えば、室蘭では豚を使用し、タレだけでなく、洋がらしも付けるそうで、

また、長ねぎではなく、玉ねぎを使うのも特徴の1つです!

愛媛の今治のやきとりは、鶏の皮を細かく切って、鉄板でハサミ焼きにするので、串に刺さっていません。

そして、福岡の久留米では、鶏、豚、牛、馬なんでもありで、

酢ダレがかかったキャベツが一緒に出てくることが多いそうですね!

 

せっかくなので、山崎さんと、小島さんの焼き鳥の好みを話してもらいました!

山崎さんは塩派、小島さんはタレ派です。

好きな串の種類は、小島さんがぼんじり、

山崎さんが砂肝、ハツ、セセリと、とても渋いですね!

 

焼き鳥は、どの季節に食べても美味しいですが、

夏は片手に生ビール、片手に焼き鳥と、さらに美味しく食べられますね!

れなち「じゃあ、乾杯!」

投稿者 : kintubu|2019年8月9日

2019年8月9日

「名所旧跡」をご紹介!ゲスト:村田博之さん

今夜のテーマは、

あなたのお気に入りの名所・旧跡はどこですか?

                    この夏オススメ、行ってみたい名所・旧跡を教えてください!」

でした!

 

7時37分頃からは

All About名所・旧跡ガイドの村田博之さんをお迎えして、

「この夏オススメの名所旧跡」についてお話を伺いました!

 

村田さんは、47都道府県、名所・旧跡を1000ヶ所を巡っています。

そんな村田さんが、印象に残っている1つの名所が、小笠原諸島・父島です!

船で24時間かかり、行ったら1週間船が来ないので帰れず、

時間がないと行くことができないが、海がとても綺麗で、

崖の上でヤギが登っているところが、見れるなど、大自然が感じられます!

 

これから夏に素敵な思い出を残せるように、オススメの名所・旧跡を教えていただきました!

①清瀬のひまわり畑

西武池袋線の清瀬駅から、バスで10分ほどの所にあり、

約10万本のひまわりが見ることができます!

 

②テレコムセンター展望台

お台場にある展望台で、人も少なく穴場スポット!

ここからの眺めが最高なようですね!

 

③鋸山

ロープウェイで山頂まで行くことができ、東京湾を眺めることができます!

山頂から15分歩いた先の、地獄のぞきでは、スリルを味わえます!

 

投稿者 : kintubu|2019年8月9日

2019年8月9日

「この夏オススメの名所旧跡」!ゲスト:村田博之さん

金曜つぶやきショー、略して“金つぶ”!

テレビや新聞のニュースとはちょっと違う、

ラジオならではの「今、知りたいこと」を、

毎週一つのテーマに絞って、じっくりと時間をかけて、

リスナーの皆さんと一緒に考えていきます!

 

今夜のテーマは、

あなたのお気に入りの名所・旧跡はどこですか?

                    この夏オススメ、行ってみたい名所・旧跡を教えてください!」

 

7時20分過ぎからは、ニック土屋さんの「金つぶITニュースWEB」

インターネットで飛び交う、今週1週間のIT、科学、経済のニュースから

独自の目線でピックアップします!

 

7時37分頃からは、

All About名所・旧跡ガイド村田博之さんをお迎えして、

この夏オススメの名所旧跡」についてお話を伺います。

 

そして8時32分からは、一緒に名所・旧跡を巡りたい!

れなち発見伝!」をお送りします!

 

メッセージもお待ちしてます!

メールは kintubu@bayfm.co.jp まで!

村田さんへの質問もどしどし送ってください!

今夜も7時から座談会です!

投稿者 : kintubu|2019年8月9日

2019年8月4日

#223 8月2日放送分 反社会的勢力

今回のテーマは、

「反社会的勢力から身を守る」でした!

 

反社会的勢力とは?

闇営業を発端に、芸能人の反社会的勢力との付き合いが問題となっています。

 

2007年に政府の犯罪対策閣僚会議が取りまとめた指針によりますと、

反社会的勢力とは、“暴力団”やその“関係企業”“総会屋”“詐欺グループ”など

暴力や威力、詐欺的な手法を使って、経済的利益を得ようとする集団や個人を指すそうです。

 

昔だと、その筋の恐い人というのは、見た目で判断ができましたが、

最近は一見すると、ビジネスマンにしか見えないなんてことも多いようです。

 

また反社会的勢力が関係する企業も巧妙に実態を隠して、普通の企業に近づいてくるために、

知らないうちに経済取引をしているということも少なくありません。

 

ちなみに、警視庁によりますと、今年上半期の“特殊詐欺”の被害は“8025件”で、

被害額はおよそ“146億円”にものぼっています。

 

真の姿が見えにくくなっている反社会的勢力から、

わたしたちが身を守るにはどうしたらいんでしょうか?

 

ということで今回は「あなたは自分の身や家族、財産を守るために

注意していることはありますか?反社会的勢力に脅されたり、

騙されたりしないためにはどうしたらいいと思いますか?」という質問をリスナーに投げかけ、

座談会を行いました。

 

知らないうちに近づいてくる!?

警察白書によると、暴力団対策法で各都道府県の警察が指定した組織は

“指定暴力団”と呼ばれています。

 

2018年6月の時点で指定暴力団は、24団体あるそうです。

 

こうした組織に所属している“構成員”と周辺で活動をしている“準構成員”

いわゆる反社会的勢力にあたりますが、最近は表向き暴力団と距離を置き

普通の企業を装いながら、実は暴力団の資金集めに協力する企業もあります。

 

また、元暴走族などのメンバーが組織する“半グレ”と呼ばれる集団もあります。

 

そのため、実態が分かりにくく、知らず知らずのうちに関係を持ってしまう個人や企業があります。

(以上、7月26日 ビジネスインサイダー 参照)

 

≪ゲストコーナー≫

日本信用情報サービス渡邊邦彦さんをお迎えして、

「反社会的勢力から身を守るには?」についてお話を伺いました。

 

日本信用情報サービスとは?

主に企業を対象に、“反社会的勢力データベース”を作成して提供し、

企業の暴力団排除活動の一端を担っています。

 

新聞記事などを基にして、そこからさらに深く調査し、データを作っていくそうです。

 

反社会的勢力とは?

“暴力団”“暴力団関係企業”、株主総会などを紛糾させる“総会屋”

お金を騙し取ることを目的にゆすり、たかり行為を行う“社会運動等標榜ゴロ”

暴力団的背景を利用して詐欺や横領を働く“特殊知能暴力集団”などが

反社会的勢力にあたるそうです。

 

近年は、オレオレ詐欺などの“特殊詐欺グループ”

“不公正ファイナンス”関与者なども反社会的勢力に含まれるという考えもあるそうです。

 

不公正ファイナンスとは、反市場勢力とも呼ばれ、ウソの情報を流して

株価をつり上げるなどの犯罪を行っています。

 

例えば、株価が1円の企業に、投資をするという情報を流して、

株価をつり上げ、不当に利益を得ているそうです。

 

特徴、傾向は?

平成3年、暴力団はおよそ“9~10万人”いましたが、

“暴力団対策法”“暴力団排除条例”の施行もあって、現在は“3万人”まで減っています。

 

法律によって活動がしにくくなっている一方で、10年ほど前から、

レーダーでも見つからない戦闘機・ステルスのごとく、姿が見えなくなっているそうです。

 

関わることで生まれるリスクは?

お金などを要求される“不当要求”のリスクがあります。

 

企業にとっては“条例違反”リスク、“契約解除”リスクがあります。

 

監督官庁等からの“指導”リスクもあります。

 

これは、反社会的勢力と繋がりのある企業は、

企業名が公表され、公共工事などからハズされてしまいます。

 

社会的には、企業の評判、信用が落ちる“レピュテーション”リスクもあります。

 

こうしたリスクによって、最悪の場合倒産してしまう企業もあるそうです。

 

どのように近づいてくるか?

個人の場合、税金や保険料の還付金があるといって近づいてきます。

 

銀行のATMを操作させ、お金を騙し取ろうとします。

 

個人商店などは、“取り込み詐欺”の被害に遭う場合もあるそうです。

 

最初は少額の取引を持ちかけてきます。

 

その後、これまでの取引の何倍、あるいは何十倍にもなる大きな仕事を持ちかけてくるそうです。

 

個人商店としては、1回でも正規の取引があると、相手のことを信用してしまいがちですが、

そこに浸けこんで、お金を払わずに大量の商品を持ち逃げするという手口です。

 

うまい話には乗らないようにしましょう!

 

ミスに乗じてくる

喫茶店でアルバイトをしている店員が、お客さんにコーヒーをこぼしてしまいました。

 

もしお客が暴力団だとすると、そのミスに乗じて脅されてしまうこともあるそうです。

 

お金を要求され、一度それに応じてしまうと、際限なくそれが続くそうです。

 

また、すれ違いざまに肩が当たったと因縁をつけてくる場合もあります。

 

狙われやすい人は?

自分から危険なことに近寄っていく人は要注意です。

 

おいしい話に弱い人は、狙われる可能性があります。

 

知らずに活動している人もいる?

自分が反社会的勢力だと思っていなくても、暴力的不当行為で

同等に見られてしまうことがあるそうです。

 

例えば、飲食店のスタッフのミスに乗じて、土下座を強要するなどは

暴力団と同じように見られてしまいます。

 

傍から見て、暴力団のような行為をしていると見られてしまうと、

属性に関係なく、信用を失うリスクがあります。

 

どんな被害が出ているか?

オレオレ詐欺による金銭的被害、取込詐欺による金品の被害、

交通事故や各種トラブル解決のため不当な示談金や解決金を要求されるなどがあります。

 

企業の対策

日頃の備えが重要です。

 

危機管理の7割は、“事前の準備”“未然防止”です。

 

反社会的勢力を見破るために、日頃からデータベースで、

訪問者の名前や所属している会社名などを調べて、

暴力団であるかどうか、また反社会的勢力との関係などをチェックしておくことが大切です。

 

小さな商店などは、インターネットで検索するだけでも良いそうです。

 

被害が発生してからは?

取引先の中に反社会的勢力がいた場合は、取引の経緯などを記録して

反社チェックをしましょう!

 

説明、責任を果たし、謝罪をする必要があります。

 

そして反社会的勢力との関係を遮断する意思表明をしなくてはなりません。

 

また排除のために、弁護士や警察に届け出て、しっかりと事件化することも重要です。

 

個人の対策は?

”暴力団追放三ない運動 +1”というのがあります。

①暴力団を利用しない

②暴力団を恐れない

③暴力団に金を出さない

+1 暴力団と交際しない

 

実践しましょう!

 

家族の絆

また、日頃から”家族の絆”を大切にしておきましょう!

 

家族間でコミュニケーションを図り、ルールなどを決めておくことで、

卑劣な詐欺行為などから身を守ることができます。

 

最近のオレオレ詐欺は、「オレだよ!」ではなく、家族の名前を騙ってダマしてくるそうです。

 

反社会的勢力をサイトでチェック!

暴力団は本名を名乗らないことが多いそうです。

 

ただ、ネットには構成員の名前などが記されている組織図などを紹介するサイトもあるそうです。

 

不当な要求をされた場合は?

毅然とした対応をするのが基本です。

 

違法行為があったら躊躇せず、弁護士や警察に相談しましょう!

 

例え自分に非があったり、違法行為をしていたとしても、必ず第三者に介入してもらいましょう!

 

アウエーな環境での対応は避けましょう!

 

会社内で対応し、メモ・録音・録画など証拠保全の準備をしておきましょう!

 

また、来訪した反社会的勢力よりも数で勝る体制で対応しましょう!

 

暴力に訴える人や虚勢を張る人は、こうした状況に自分自身が弱いという

一面を持っているそうです。

 

ですから毅然とした態度で、多くの人数で対応することは効果があるそうです。

 

人数がある程度いれば、助けを呼ぶこともできますし、警察に迅速に通報することもできます。

 

不退去罪作戦!?

相手に「帰ってくれ」と言ったのに、帰ってもらえない場合、

“不退去罪”という罪に問うことができるそうです。

 

例えば、「今日は忙しいので○時までにして頂けますか?」と

最初に終了時間を区切っておきましょう!

 

それでも、相手の反社会的勢力が時間が過ぎても帰らない場合、

警察に通報すれば不退去罪として逮捕される可能性があるそうです。

 

排除していくには?

被害者が被害届を出さなかったばかりに、警察の対応が遅れてしまうことがあるそうです。

 

誰かに助けを求めたら、全てを委ねましょう!

 

暴力団員が逮捕されることによって、社会から隔離することができます。

 

それによって、被害を減らすこともできます。

 

また、暴力団から足を洗った人や、辞めようとしている人の“更生プログラム”も重要です。

 

組を抜けても、生活をすることができずに、再び反社会的活動に手を染める人も少なくありません。

 

≪今週の金のつぶやき≫

全国の刑務所に届けられる受刑者向けの求人情報誌があります。

 

情報誌“Chance!”には、「身元引き受けOK」「寮完備」といった会社が

受刑者に向けて求人情報を載せています。

 

各社の代表者は社会復帰を目指す受刑者に対して、

「本気でやり直したい人は応援します」などメッセージも寄せています。

 

罪を償い刑務所を出ても、帰る場所や仕事がなければ再び罪を犯すという

悪循環に陥ってしまう人も少なくありません。

 

法務省によると、刑務所に再入所した人のうち、再犯時に仕事がなかった人の割合は、

およそ7割にものぼるそうです。

(以上、2月18日 東京新聞 参照)

 

刑期を終えた出所者の中には、偏見や差別にさらされ、なかなか職に就けないという人もいます。

 

罪を犯したことは消えませんが、その罪を悔い改め、覚悟を決めて、

本気で人生をやり直そうとする人たちに手を差し伸べることは、再犯防止の大きなカギになります。

 

わたしたち社会の受け入れ態勢はどうなっているか?

 

出所者を一方的な先入観で見ていないか?

 

ひとりひとりが見直すときがあってもいいんじゃないでしょうか?

 

あなたはどう感じましたか?

 

次回8月9日は、All About 名所旧跡ガイド村田博之さんをお迎えして、

「この夏おススメの名所旧跡巡り」をテーマにお送りします!

 

聞いてちょーだい!!

投稿者 : kintubu|2019年8月4日

1 2 3 4 5 114