2015年12月28日

#38 12月25日

今回のテーマは、

「パンの美味さ、魅力を再発見!」でした!

 

今年最後の「金つぶ」は、クリスマスでした。

クリスマスと言えば、“イエス・キリスト”の”降誕祭”ですが、

キリスト教では、“パン”はキリストの”肉体”とされています。

 

ということで今回は、「パン食べていますか?おススメのパンは何ですか?

おいしいパンの食べ方ありますか?」という質問をリスナーに投げかけ、

パンをテーマに座談会をしました。

 

あなたは厚切り派?薄切り派?

“朝食”“トースト”という方も多いと思いますが、

あなたは、“厚切り派”それとも“薄切り派”、どちらでしょうか?

 

“食パン”は、全国的に1斤“6枚切り”が主流ですが、

“関西”では“厚め”“5枚切り”が一番人気があります。

“関東”で売られている“8枚切り”は、関西ではほとんど見かけないそうです。

 

“関東”では、“銀座木村屋”“あんぱん”から、親しんだため、

パンは“お菓子”という感覚があり、“間食”“サンドウィッチ”として普及しました。

 

“関西”では、“神戸屋”“外国人”に提供したのをきっかけに、

“ホテル”“レストラン”を、主な販売先として広がっていきました。

 

つまり、“関東”“間食”であるから、“薄切り”

“関西”は、“食事”であるから、“厚切り”ということになります。

 

パリッとした“煎餅文化”“関東”は、さくっとした“6枚切り”が人気。

一方、“お好み焼き”など“粉もん文化”“関西”は、もっちりした食感の“5枚切り”が人気です。

関西では、“40ミリ”近い厚さの、“3枚切り”も売られているそうです。

 

(2014年9月10日 日本経済新聞 参照)

 

流行したパンの変遷

日本は“終戦直後”“食料難”に悩まされていました。

“アメリカ”からの支援で、大量の“小麦”が届いたことにより、パン作りが復活し

以後、パンは日本の食卓に欠かせない食にとなりました。

 

1950年代

“ロバのパン”というのが流行りました。

そもそも“札幌”で、“ロバ”に引かれた“小さな馬車”で、パンを販売したのが始まりです。

その後、ロバではなく、“ポニー”に代わり全国各地でパンを販売しました。

 

そして、“給食”でお馴染みだった、“コッペパン”もこの時代に登場しました。

 

1960年代

“頭脳パン”が登場します。

“ビタミンB1”を摂取することで、“脳”の働きが“活発”になり、“記憶力”“思考力”

よくなるということで、それを練り込んだパンが、“受験生”を中心に爆発的にヒットしました。

 

1960年代後半には、給食に“揚げパン”が登場。

“揚げた”コッペパンに“砂糖”をまぶすのが一般的ですが、

“ココア味”“きなこ味”なんて、地域もあったそうです。

 

1970年代

映画「クレイマークレイマー」がきっかけで、“フレンチトースト”ブームが起きました。

ダスティン・ホフマン演じる父親が、息子のためにフレンチトーストを作るのが

印象的でした。

 

1980年代

“北海道”のメーカーが売り出し、“口コミ”で火が付き“チーズ蒸しパン”が流行ります。

これは、後に登場する“ふわふわ”“もっちり”を特徴とするパンの“先駆け”になりました。

 

1990年代

“デパート”“地下”にある“ベーカリー”が話題になりました。

中でも人気になったのは、シンプルな生地に、“金時豆”などの煮豆を混ぜ込んだ“豆パン”

意外な組み合わせに注目が集まります。

 

2000年代

“メロンパン”“カレーパン”が豊富なバリエーションで人気となりました。

メロンパンは、本物のメロンの果汁を使った生地で、果汁の入ったクリームを包んだ

“クリーミーメロンパン”が発売されました。

 

また、カレーパンも、“ご当地”の味付けや、“焼きカレー”“白い生地”のカレーパンなど

従来の揚げタイプでないものが登場しました。

 

(以上、Column Latte 参照)

 

≪ゲストコーナー≫

パンを食べることを研究している、

パンラボの池田浩明さんをお迎えして、お話を伺いました!

 

パンにハマったきっかけ

池田さんは、幼少期を検見川で育ち、千葉は第二の故郷だそうです。

そんな池田さんが子どもの頃、あるとき母親が、“ドンク”“バケット”を買って来てくれました。

 

見た目の長さ、バケットを包む紙のデザイン(パリの地図)を見て、一気に興味が湧いたそうです。

パリの地図がデザインされた包み紙は、ずーっと見ていても飽きませんでした。

 

津田沼に、“ポンパドール”ができたとき、母親がパンをまた買ってきてくれて、

「パンってすごいなぁ」と思ったそうです。

 

特に“クロワッサン”には、“驚き”“発見”がありました。

「あの層はどうやって作っているのだろうか」と好奇心がくすぐられ、

またパンの範疇でありながら、お菓子を食べることができるという感覚に

感激したそうです。

 

その後、“フランス”のおいしいパン屋“ロブション”が、東京に出店したときは

「こんなおいしいパンが世の中にはあるのか」と驚いたそうです。

 

フランス人とパン

池田さんは、フランスに住んでいたことがあるそうです。

”フランス人”は、”カフェ”が好きで、”居間”の延長がカフェみたいなところがあります。

 

フランス人は前日のパンは食べません。

また、”クロワッサン””贅沢”なものなので、休みの日だから食べようみたいな

感覚だそうです。

 

生活にしっかりと密着していて、パンは文化となっています。

 

ホテルブレッドとは?

おいしいというイメージがある、“ホテルブレッド”

腕が立つ、エライ職人さんが、ホテルを担当していたことがあり、

この名が付いたそうです。

 

なので、“ホテルブレッド”と書いてあると、その職人さんの流れを組んでいる

職人によって作られたパンであることが分かります。

 

なぜメロンパンなのか?

実は誰が最初に作ったのかは、ハッキリと分かっていないそうです。

 

“関西”では、”メロンパン”というと、“ラグビーボール型”で、

“丸い形”のモノは、“サンライズ”と呼ばれています。

 

昔、メロンは“瓜”のような形をしていたので、ラグビーボール型が、

メロンパンと名付けられたようです。

 

千葉のおススメパン屋さん

今回、パンのテイスティングをするために、

池田さんに千葉でおススメのパン屋さんをご紹介して頂きました!

 

Zopf(ツォップ) :松戸

山小屋のような店の構えをしているこの店は、行列に並ばないとパンを食べることが

できないほどの人気ぶり。しかし、待っても食べたいという思いが湧き、

行くと常にテンションが上がるそうです。

カレーパンが有名ですが、一日合計300種類ものパンが並び、

パンが「おいしいぜ!」と全身で表現しています。

 

Boulangerie dodo(ブランジェリー ドド) :稲毛

女性の職人さんが1人でパンを作っている、かわいい雰囲気のお店。

食パンは、上の部分が山型になっている“山食”が、特徴。

これは、型に入れて焼くときに、蓋をしていないからで、そうすることにより、

丸くなって、“フワフワ感”が出ます。

逆に、蓋をして焼くと、“角食”となって、“なめらか”に仕上がるそうです。

 

DONNA(ドンナ) :幕張本郷

池田さんが、ドンナママと呼ぶ女性が切り盛りしている、このお店は

女性によるパン屋の草分け的存在。

“無添加”“体にやさしい”パンを子どもからお年寄りまで食べてもらいたいと

愛情が込められたパンが並んでいます。

 

パンのテイスティングとは?

パンにもワインのように、“テイスティング”があります。

これを行うことで、それぞれのお店の味、特徴が分かるそうです。

 

その手順は…

①まずは、鑑賞する(形、色)  

②手に取ってみる(重さ、押したときの感触、肌触り)

③香りを味わう(口に入れ鼻から抜けたときの香り)

④のど越し(耳と中身を別々で食べてみる)

 

②と③を行う上で、有効なのが、“パンマスク”!

食パンを顔に当て、自分がパンに最も接触している状態を保ちます。

そして、深呼吸をしてみましょう!

これは、まさに食べる直前の瞬間が続いている状態。

池田さんはいわく、“マジで恋する5秒前”状態だそうです。

 

3つの食パンの違いが分かった!

さて、それぞれの食パンをテイスティングしてみて、感じたことを語ってもらいました。

 

Zopf(ツォップ) ・Z酵母食パン

まず重さが、金ののべ棒を思わせるズッシリした感覚があります。

バナナのような香りは、酵母の甘さ。

耳の部分は、ほのかに酸味やスパイシーさを感じ、ひと筋縄ではいかないと思わせる。

白い部分は、バナナっぽく、実も味も詰まっている感じで、たっぷりバターを塗って

食べたくなる。

後味は、小麦の繊細さがよく出ています。

 

Boulangerie dodo(ブランジェリー ドド)・食パン

耳のてっぺん(上部)は、チョコレート色。

このように焼き切ると、小麦のポテンシャルが発揮されます。

ふわふわ柔らかく、ミルキーな感触。

耳のてっぺん部分を食べると、苦みと香ばしさのせめぎ合いが感じられ、

香ばしさもMAXとなる。

こちらから、迎えにいきたくなるような味。

 

白い部分は、薄いのにシャキシャキとしています。

エアリーなのに、腰があり、おかずと一緒に食べたくなるパン。

キツネ色に網焼きするのもいい。

 

DONNA(ドンナ) ・ドンナママの食パン

なめらかで、母の香りがする。

ふにゃふにゃとして、パンの方から自分に吸いついてくる感じ。

耳の部分は柔らかく、甘みがある。

これなら、耳がキライな人でも大丈夫!

白い部分は、甘さがうわっと広がり、このパンを食べると完全な幸福を感じるそうです。

 

焼き加減は?

おいしいパンを焼くときに注意することはあるのでしょうか?

 

焼くまでは、それを作った“職人”“リスペクト”する時間。

焼くというのは、“イマジネーション”の世界。

パンを感じることで、「ちょっと焼きたい」など、イメージが出てくるそうです。

ですから、自分のイマジネーションを頼りに、焼き加減を決めていくのが

ベストなのです。

 

2016年に流行るパンは?

2015年は、”パンケーキ”が流行りましたが、

2016年は、パンっぽいパンケーキ“クランペット”が流行るそうです。

これは、“イギリス”“スイーツ”で、“食感”“ぷるんぷるん”としているそうです。

来年は、クランペットに注目しましょう!

 

≪今週の金のつぶやき≫

パンの達人・池田さんは、パンについて語るときも、またパンを味わっているときも

本当に幸せそうでした。独特の言い回しにも、パンへの強い愛が感じられましたね。

 

小島さんも、最近食パンにハマっているということで、3つの食パンの味の違いに驚き

テンションが上がっていましたね。

 

過去2回の出演時に“安保法制”“AIIB”と固いテーマだった伊藤さんも、

今回はリラックスして、パンを味わっていました。

 

さて、“金つぶ”も年内の放送を終え、無事に新しい年を迎えることになりました。

これも一重に、リスナーである皆さまのおかげです。

本当に、ありがとうございました!

 

来年も引き続きよろしくお願い致します。よいお年を~。

 

ちなみに…

2015年・金つぶ流行語大賞!

年間大賞

・みさみさーくる(衛藤美彩&みさみさーくるの皆さん)

 

トップ3

・金た…(小島嵩弘)

・みさ先輩に言いつけちゃいますよ(新内眞衣)

・女は自分のことを棚に上げる生き物なの(by Mディレクター)

 

投稿者 : kintubu|2015年12月28日

2015年12月26日

あなたに王手!かりん党!テーマは「子供のクリスマスプレゼント」

今日はお仕事でお休みの衛藤さんに代わり、

乃木坂46の伊藤かりんさんが来てくれました!

ということで久しぶりのコーナー「あなたに王手!かりん党!」

クリスマスの今日は「子どものクリスマスプレゼント」について取り上げました!

 

クリスマスおもちゃ見本市2015で発表された、

“プロが選んだ今年のクリスマスおもちゃ”

男の子の人気ランキング1位は、変身ベルト DXゴーストドライバー (バンダイ)

女の子の人気ランキング1位は、ファンルームDX デコレーションセット(ハナヤマ)

だそうです!

今年サンタさんは人気商品を届けてくれたのでしょうか?笑

 

伊藤さんは小さい頃はパズルやLEGOで遊ぶような子供だったそうです!

ちなみに今伊藤さんがリアルに欲しいものはおもちゃか一眼レフみたいですよ笑

FullSizeRender-77

 

 

そしてお仕事で2週お休みだった衛藤さんが、

どうしてもリスナーのみなさんに年内最後の挨拶をしたい!ということで、

急遽電話出演してくれました!

すぐ推しメンを変える浮気性の小島さんに釘を刺しつつ笑、

今年の金つぶの感想を語ってくれました!

 

来年も金つぶ、みさみさーくるをよろしくお願いします!

投稿者 : kintubu|2015年12月26日

2015年12月26日

今夜のゲストは池田浩明さんでした!

今夜のテーマは

「パン食べてますか?

おススメのパンは何ですか?

おいしいパンの食べ方はありますか?」

でした!

 

8時台は、パンの研究所・パンラボの池田浩明さんをお迎えして、

「パン」についてお聞きしました!

FullSizeRender-76

 

池田さんのパンへの熱烈な愛情が伝わる軽快なトーク、

最高でしたね!

本番終了後にはスタッフも含めみんなで「パンマスク」で

五感でパンを感じて楽しみました!笑

投稿者 : kintubu|2015年12月26日

2015年12月25日

今夜の金つぶ!テーマは「パン」

金曜つぶやきショー、略して“金つぶ”!

テレビや新聞のニュースとはちょっと違う、

ラジオならではの「今、知りたいこと」を、

毎週一つのテーマに絞って、じっくりと時間をかけて、

リスナーの皆さんと一緒に考えていきます!

 

今夜のテーマは、

「パン食べてますか?

                   おススメのパンは何ですか?

                             おいしいパンの食べ方はありますか?」 

 

そして今日はお仕事でお休みの衛藤さんに代わって、

乃木坂46 伊藤かりんさんを迎えての放送となります!

 

7時40分過ぎからは、ニック土屋さんの「金つぶITニュースWEB」

インターネットで飛び交う、今週1週間のIT、科学、経済のニュースから

独自の目線でピックアップします!

 

8時台は、パンの研究所・パンラボ池田浩明さんをお迎えして、

「パン」について伺います!

 

久しぶりに盤上の女神が登場!「あなたに王手!かりん党」

もありますのでお聞き逃しなく!

 

メールは kintubu@bayfm.co.jp まで!

池田さんへの質問もどしどし送ってください!

 

今夜も7時から座談会です!

投稿者 : kintubu|2015年12月25日

2015年12月21日

#37 12月18日放送分

今回のテーマは、

「美しい姿勢で一年の疲れを取ろう」でした!

 

今年もあとわずかになってきました。

「良いお年を~」という言葉も耳にするようになってきましたね。

 

忘年会や仕事のラストスパート、年賀状づくり、大掃除と

皆さん何かと忙しいと思います。

1年の溜まった疲れも出てくる頃ではないでしょうか?

 

ということで今回は、「あなたは美しい姿勢をしていますか?

肩凝り、腰痛、ダイエットに効果のある方法を知っていますか?」という質問を

リスナーに投げかけ、「健康法」について座談会していきました。

 

姿勢が悪いと老化も進む!?

“猫背姿勢”“アゴ”を出し、黙々と“デスクワーク”

こんな生活習慣が、顔に“下方向”への力をかけ続け、“たるみ”を加速させています。

 

それに加えて、顔の“筋肉組織”は、“筋膜”“たるみ”が直接“皮膚”

反映されやすいという特徴もあります。

 

“たるみ”“加齢”によるものではなく、“姿勢”によってどんどん“悪化”していくのです。

 

(以上、2012年9月16日 「日経ヘルス&メディカル」参照)

 

スマホ首って何?

“テキストネック”という言葉をご存じでしょうか?

 

最近、アメリカを中心に注目されている“疾患”で、

“スマートフォン”の操作のやり過ぎによって、“頸椎”の形が、“変形”してしまう病気です。

通称・“スマホ首”とも呼ばれています。

 

“スマホ”をいじっていると、どうしても“前かがみ”になってしまいますよね。

本来の“頸部”は、少し“反り返った形”をしています。

この形こそが、“頭部”を支えるのに最適で、およそ10㌔もある”

”頭部の重さ”をうまく“分散”させる役割を担っています。

 

“テキストネック”は、この“自然なカーブ”がなくなってしまい

それによって“椎間孔”という“神経”を通る“隙間”が狭くなってしまったり

“椎間板”と呼ばれる骨と骨との間にある“クッション”の役割をしている組織が

薄くなったりします。

 

アメリカでの調査によると、“スマホ”“使用時間”は1日“4時間”から“7時間”という

報告がなされています。

もし仮に、1日4時間使うとすると“1年間”“1400時間”

“頸部”に異常な“ストレス”をかけていることになります。

 

また、ある研究によれば、首を“60度”傾けると、”頸部”への”負担”

“6倍”にもなることも報告されています。

 

(以上、12月13日 ヘルスプレス 参照)

 

懐かしの健康グッズ!

「スタイリー」

1970年代前半にブームとなりました。

“パイプ式”“ベッド”に仰向けになり、身体を“「く」の字”“屈伸”させる“健康器具”で、

♪スタイリースタイリーという耳に残る“コーラス”

「ワタシにデンワしてください」という“決めゼリフ”“CM”で人気となりました。

CMを真似する小中学生も大勢いました。(小島さんもやっていたそうです)

 

「ぶら下がり健康器」

“棒”にぶら下がって、“身体”“伸ばす”ことで、“肩凝り”“腰痛”“姿勢”の嬌声に

効果があるとされ、1970年代に爆発的ブームになりました。

まあ、だいたいブームが過ぎると、部屋の隅に置かれたり、洋服や洗濯物を吊るされたり

悲しい運命をたどったものでしたが…。

当時は、多いときで“20万台”も売れたこともあったそうです。

 

この2つの“ホームフィットネス”が流行となった“1970年代”は、

“第一次健康産業ブーム”とも呼ばれています。

全国に“スイミングスクール”が次々とオープンしたのもこの頃でした。

 

その後、時代によって、様々な健康グッズやダイエット商品が出ましたね。

ルームランナー、金魚運動器、乗馬マシン、ボディブレード、、乗馬マシン、

ダイエットスリッパ、痩せる石けん、バランスボール、ビリーザ・ブート・キャンプ…

何かハマったものはありますか?

 

≪ゲストコーナー≫

パーソナルトレーナーの高橋義人(たかはし よしと)さんに解説して頂きました!

 

姿勢で分かる身体の状態!

まずは、高橋さんに、本日のアシスタント・秋元さんと、小島さんの

姿勢を見て頂くことにしました。

 

秋元さんは、肩が前に出ていて、右肩が下がっているそうです。

肩が下がって、体が傾いてしまうと、腰に負担がかかり、

そうなると足がむくんだり、右足だけが太くなってしまうそうです。

ひとつの弊害が他の弊害を生み出していくんですね。

 

一方、40代で50肩になり、当時ショックを受けたという小島さんは

やはり右肩が下がっていると指摘されました。

 

“美しい姿勢”“定義”とは、“耳”“肩”“股関節”“くるぶし”“4点”

“一直線”の状態になっていることを言うそうです。

 

スマホ、パソコンの弊害

スマホやパソコンを使って、1点に集中していると、顔が自然と前になってきます。

頭部が前になると、“肩甲骨”周りが固くなってしまいます。

 

肩と繋がっている首の前方も凝ってきます。

 

目からの影響で、首の神経にも弊害が出ます。

 

美しい姿勢で歩く

“アスリート”は、より“力が出せる”“筋肉”を使えるように鍛えます。

なので、故障をすることもあります。

 

“美しい姿勢”になるというのは、“バランス良く”“筋肉”を使えるようになることです。

 

美しい姿勢で歩くと、“骨盤底筋群”が強化され、“お尻”“お腹”もキュッと締まってきます。

“内臓”“正しい位置”に戻るので、“下腹部”“ポッコリ”の解消にも繋がります。

 

“骨盤底筋群”は、フライパンで言うところの、“熱”を出している部分です。

ですから弱ると、“冷え”にも繋がります。

また圧迫された“内臓”が下がってしまいます。

 

“血液”“60~70%”は、“下半身”に集まっています。

下半身の力が弱ると、血液が体に流れなくなってしまいます。

 

美しい姿勢で歩くことは、体にとって重要なのです!

 

うしろ肩を作って美しい姿勢になろう!

背中が丸まり、肩が前に出てしまっているのが、“まえ肩”

肩が本来の正しい位置にある美しい姿勢が、“うしろ肩”です。

 

胸を張っていると、正しい姿勢のように感じますが

“反り腰”になってしまうため、美しい姿勢とは言えません。

 

“うしろ肩”を作るには…

①両肩を真上に上げる

②うしろにくるりと回す

③肩を落としお尻をしめる

 

これが本来の正しい位置なんだそうです。

肩は球体で、前と後ろの関節では、全然使い方が違うそうです。

 

うしろ肩にするとどんな効果があるのか?

“うしろ肩”にすると、“肩甲骨”をしっかり動かせる体になり、

肩甲骨のまわりが“熱”を多く生み出せる場所に変わります。

 

肩甲骨まわりには、“脂肪の燃焼”を促す作用がある“褐色脂肪細胞”があります。

これは“筋肉”“数十倍”“熱量”を作りだし、“脂肪”を燃えやすくする働きがあるので、

“活発化”させると、“痩せやすい体質”に変わっていくそうです。

 

その他、

肩凝り、首痛、腕凝りの軽減。四十肩、五十肩の改善。

1カ月で3㌔減、基礎代謝アップ、柔軟性アップ。

ウェストサイズのダウンなどの効果があった人もいるそうです。

 

とにかく肩甲骨は動かしたほうがいいのです!

動かさないというのが、体が一番劣化する原因になります。

 

うしろ肩エクササイズ

その1つをご紹介します。

手の平を上に向けて、そのまま頭上に上げましょう!

上で手を叩くように合わせます。(ライブの手拍子みたいな感じです)

 

肩甲骨が熱を発するようにするためには、日々の積み重ねが大事です!

 

足のむくみは歩き方が原因

秋元さんは、夕方になると足がパンパンになって、むくんでしまうそうです。

これは“膝歩き”が原因となっていることが多いそうです。

“膝”“曲げたまま”歩くというのは、ずーっと“つま先立ち”している状態と同じです。

これでは、負担がかかってしまいますね。

 

セクシーの象徴である、“マリリンモンロー”“モンローウォーク”のように、

“足”“付け根”を軸にして歩くと、“股関節”が左右に揺れて、

“骨盤”“負担”がかかってしまいます。

また、“外もも”“筋肉”も張り出してきます。

 

“付け根”(腰の骨)を“前”に出して、バランス良く歩くことが大事です!

 

運動が続かない人は?

“日常生活”に少しの“プラスα”を行う。

例えば、”うしろ肩”にしたり、“歩幅”“5~10㎝”大きくすることで、

“代謝量”“1.5倍”にもなるそうです。

 

運動をするのに適した時間帯は、“14時”(7時起床の場合)。

“基礎代謝”が上がりやすい時間です。

 

“BMAL1”(ビーマルワン)は、“たんぱく質”の一種で、“脂肪”“溜め込む”働きをします。

このBMAL1が、“最も多く”の出るのが、“夜の22時”から“午前2時”の間。

この時間帯に食べると太るのは、こういうことだったんですね。

 

逆に、“昼の15時”は、“最も少ない”そうです。(おやつはこの時間が正解ですね)

 

“運動”をするなら“14~17時”までの間がおススメだそうです。

 

これからの季節注意すること!

冷やさないこと!

特に“首まわり”

“脂肪”“燃焼”を促す“褐色脂肪細胞”“一番多く”あるのは、“首”“肩甲骨”まわりです。

“首”“司令塔”なので、冷やさないように心掛けましょう!

 

≪今週の金のつぶやき≫

うしろ肩の重要性、分かって頂けましたでしょうか?

パーソナルトレーナー・高橋義人さんの「うしろ肩を回すだけで誰でもやせられる!」

講談社から発売されていますので、興味のある方は、是非読んでみてください。

 

年末ということで、何かと物入りで、首が回らない状態です(涙)

“金欠”ではありますが、 うしろ肩を回して、“ケツ”をキュッと締めて、

1年を締めくくりたいと思います。

投稿者 : kintubu|2015年12月21日

2015年12月19日

今夜のゲストは高橋義人さんでした!

今夜のテーマは

「あなたは美しい姿勢をしていますか?

肩凝り・腰痛・ダイエットに効果がある方法を知っていますか?」

でした!

 

8時台には、パーソナルトレーナーの高橋義人さんをお迎えして

「美しい姿勢」についてお聞きしました!

image

 

美しい姿勢のコツはうしろ肩を作ること!

ポイントは、

①両肩を真上に上げる

②うしろにくるりと回す

③肩を落とし、お尻を締める

だそうです!

みなさんも美しい姿勢に是非チャレンジしてみてください!

 

 

そして今夜はお仕事でお休みの衛藤さんの代わりに、

乃木坂46の秋元真夏さんが金つぶ初登場!

打率10割でスタジオの笑いを誘っていました笑

ありがとうございました!

 

投稿者 : kintubu|2015年12月19日

2015年12月18日

今夜の金つぶ!テーマは「美しい姿勢」

金曜つぶやきショー、略して“金つぶ”!

テレビや新聞のニュースとはちょっと違う、

ラジオならではの「今、知りたいこと」を、

毎週一つのテーマに絞って、じっくりと時間をかけて、

リスナーの皆さんと一緒に考えていきます!

 

今夜のテーマは、

 「あなたは美しい姿勢をしていますか?

               肩凝り、腰痛、ダイエットに効果がある方法を知っていますか?」

 

7時40分過ぎからは、ニック土屋さんの「金つぶITニュースWEB」

インターネットで飛び交う、今週1週間のIT、科学、経済のニュースから

独自の目線でピックアップします!

 

8時台は、パーソナルトレーナーの高橋義人さんをお迎えして、

「美しい姿勢」についてお聞きします!

 

メッセージもお待ちしてます!

メールは kintubu@bayfm.co.jp まで!

高橋さんへの質問もどしどし送ってください!

今夜も7時から座談会です!

投稿者 : kintubu|2015年12月18日

1 2 3