2017年1月8日

今夜のゲストは松久晃士さんでした!

今夜のテーマは、

「あなたは仕事や勉強のオンとオフをどう切り替えていますか?

                    働き過ぎていると感じることはありますか?何のために働いていますか?」

でした!

 

7時35分からは、

ワーク・ライフバランス コンサルタントの

松久晃士さんをお迎えして、「働き方」についてお話を伺いました!

 

松久さんの最初に仕事を始めたきっかけが働き方を知りたいというのは、

最初から今の仕事につながる考え方をしていて凄かったですね。

小島さんは女性の下着メーカーで働いていたのところに食いついてましたが(笑)

 

日本の労働時間が多いのは、バブルの時期から考え方が変わってないのが原因のようですね!

バブルの時期の会社同士の追い越せ、追い抜けの精神でモーレツ社員のようなワークスタイルが、

管理職の世代の人に染みついてしまっているようです。

今は人口オーナス期で、働き盛りの世代が少なく1人の負担が多いようです。

 

ワーク・ライフバランスという考え方が重要なようですね!

ワークとライフを切り離して考えるのではなく、お互いに良い影響をもたらす状況を作るのが大切なようです。

仕事もプライベートもバランスよく充実させる。

ワーク・ライフ・シナジーと考えるとイメージしやすいようですね!

 

また、テーマの1つに仕事や勉強のオンとオフをどう切り替えていますか?がありましたが、

皆さんそれぞれ切り替え方があるようです。

音楽を聴いて気持ちを高めたり、会社のドアを開けるとき切り替わる人、ラジオを聴いてオフモードになる人もいました!

起きてから出勤までをルーティン化して仕事に臨んでいる方もいたようです!

 

松久さん曰く、今の日本の働き方は“見直し”ではなく“変革”が必要。

全く異なるものにガラッと変わる、“仕事の変革”を成し遂げなければならない。

変革とは、「トランスフォーメーション」全く違うものに生まれ変わることが求められているようですね!

自分の働き方を一度見直して、周りの人と議論して自分にあったワークスタイルを見つけるのがこれから必要ですね!

 

unnamed-7

投稿者 : kintubu|2017年1月8日

2017年1月6日

今夜の金つぶ!テーマは「働き方」

金曜つぶやきショー、略して“金つぶ”!

テレビや新聞のニュースとはちょっと違う、

ラジオならではの「今、知りたいこと」を、

毎週一つのテーマに絞って、じっくりと時間をかけて、

リスナーの皆さんと一緒に考えていきます!

 

今夜のテーマは、

「あなたは仕事や勉強のオンとオフをどう切り替えていますか?

                    働き過ぎていると感じることはありますか?何のために働いていますか?」

 

7時20分過ぎからは、ニック土屋さんの「金つぶITニュースWEB」

インターネットで飛び交う、今週1週間のIT、科学、経済のニュースから

独自の目線でピックアップします!

 

7時37分からは、ワーク・ライフバランス コンサルタント

松久晃士さんをお迎えして、「働き方」について伺います。

 

そして8時30分頃からは、一緒に仕事したいお姉さんNo.1

「みさみさーくる!」です!

 

メッセージもお待ちしてます!

メールは kintubu@bayfm.co.jp まで!

松久さんへの質問もどしどし送ってください!

今夜も7時から座談会です!

投稿者 : kintubu|2017年1月6日

2017年1月3日

#91 12月30日放送分 仮想通貨

今回のテーマは、

「仮想通貨の未来」でした!

 

仮想通貨って何?

以前、“フィンテック”の回で取り上げた“仮想通貨”というのを覚えているでしょうか?

 

私たちが普段使っている“お金”は、“日本銀行”が発行しています。

 

電子マネーと呼ばれる“Suica”は、“JR東日本”が発行しています。

これは、お金の代わりにすばやく支払いができる道具のようなものですね。

 

これに対して、仮想通貨とは、私たちが普段使っているお札や硬貨のように

手に取って使うことはできませんが、ネット上や街中の飲食店などで流通している

独自のお金を指します。

 

例えば、仮想通貨を代表する“ビットコイン”は、発行している特定の人や組織はありません。

 

“サトシ ナカモト”という謎の人物が考えた仕組みで、2009年頃から利用され始めました。

 

取り引きするデータは、ネットの参加者が管理して、巨大なサーバーが必要ないのが特徴です。

また、“低コスト”で、世界中に手軽に“送金”“支払い”をすることができます。

 

2014年に取引所である“マウント・ゴックス”の破たんで、相場が暴落しますが

システムの信頼度が高まり、人気が再燃し、

現在“1ビットコイン”あたりおよそ“10万円”の値が付いています。

(12月7日 朝日新聞 参照)

 

ということで今回は、「あなたは今年何に一番お金を使いましたか?

仮想通貨を知っていますか?仮想通貨で私たちの生活はどのように変わると思いますか?」

という質問をリスナーに投げかけ、座談会をしていきました。

 

仮想通貨を使い始めた企業!

独自の仮想通貨を使っている地域や企業もあります。

 

例えば、“カブドットコム証券”は、昨年10月から社内だけで流通する通貨

“OOIRI”を使った実験を始めました。

 

1万歩歩けば100ポイント、午後6時までに退社すれば10ポイントなど

会社が定めた目標を達成すると、ポイントがもらえます。

 

仕事を代わりやってもらうと、「ありがとう」というメッセージと共に

相手に100ポイント送ることもできます。

 

今後は、ポイントが社内のカフェや、近隣の飲食店でも利用できるようにする予定だそうです。

 

「OOIRIをもらえるから早く帰ろう」という理由があると社員も帰りやすく

働き方改革にもなっているそうです。

(以上、12月14日 朝日新聞 参照)

 

そして、三菱UFJも2017年度中に、仮想通貨”MUFGコイン”を発行する予定です。

これは、メガバンクでは初となります。

 

≪ゲストコーナー≫

番組レギュラーで、ITメディアクリエーターのニック土屋さんに「仮想通貨」について

解説して頂きました。

 

仮想通貨の人気が出てきたワケ

これまで仮想通貨は、“通貨”として認められていなかったために、

国としても手が出せない状況でした。

 

しかし、昨年5月に“改正資金決済法”が可決、成立し、1年以内に施行されることになりました。

 

これによって、仮想通貨で、間違って大損をしたときの”救済措置”や、

”テロへの資金提供”の規制ができるようになりました。

また、”投資”の対象にもなります。

 

株などの既存の金融商品はITの対応が遅れていますが、

仮想通貨はITから生まれたので、一気に全世界に広がる可能性を持っています。

 

株などのオンライン取引とは、次元が違うそうです。

 

インターネットによる情報産業革命を経て、現在、金融技術革命=“フィンテック”

第四次産業革命に突入しています。

 

仮想通貨は、お金を瞬時に世界中に移動することができます。

 

ネットバンキングとの違いは?

ネットバンキングは“手続き”が大変で、“決済”にも時間がかかります。

 

お金を盗む情報がたくさんあるので、暗号化が何重にもなっていて複雑で、

その分コストが高くなっています。

 

一方、仮想通貨はハッキングなどに強い情報技術が採用されているため、

簡単に送金や決済をすることができます。

 

もしかすると、手数料が0円になる可能性もあるそうです。

 

ちなみに、海外では仮想通貨のことを“Crypto cuurency”と言われています。

 

“クリプト”は、“暗号”という意味なので、正しい翻訳は“暗号通貨”です。

世界には、“1200~2000”種類の仮想通貨があるそうです。

 

優れたセキュリティ・ブロックチェーン!

仮想通貨は、“P2P”と呼ばれる個人同士の通信手段で行われているため、

そのお金が正しいかどうかを判断してくれる“第三者”はいません。

 

しかし、“ブロックチェーン”という技術によって、その価値が担保されています。

 

この技術は、今世紀最大の発明とも言われているそうです。

 

私たちは、銀行にお金を預けたり、引き出した記録を“通帳”で確認することができ、

それは、銀行と自分だけが持っています。

 

一方、ビットコインの場合は、銀行のような主体者がいない代わりに、

通帳=記録が“ネット上”で公開されています。

 

新しい取引が出てくると、記録が追加され、チェーンのように繋がっていきます。

 

取引内容=記録は、複数のコンピューターが分散して、相互確認を行っています。

 

ですからあるコンピューターがダメになっても、他のコンピューターに記録は残りますし、

悪意のある人が記録を改ざんしようとしても、矛盾が出てくるので、不正をすることができません。

 

市場価値は2130兆円!

例えば、中古車を個人売買するとき、買い手は売り手の情報をチェックします。

売り手側の言う、車種、色、形、年式などが頼りです。買い手は、それが本当かどうか分かりません。

 

一方、ブロックチェーンの場合は、取引された内容は公開されているので

車の履歴が全て残っています。

 

売り手が敢えて、どういう車かを言わなくても、記録されている情報だけで

どんな車なのか分かります。

 

ビットコインは、ブロックチェーンで価値を担保されていて、

その市場価値は、“20兆ドル”=およそ“2130兆円”もあるそうです。

 

世界の“GDP”がおよそ“9000兆円”なので、その“4分の1”を占めるほどの

インパクトがある技術です。

 

マイニングとは何か?

ビットコインによる取引内容が正しいかどうかをネットワークの参加者は認証する必要があります。

 

この作業を“マイニング”=(発掘)と呼んでいます。

発掘と言っても、土を掘っていくわけではありません。

 

取引内容の暗号が正しいかどうかを計算し、最も速く認証した人に

報酬としてビットコインが与えられます。

 

しかし、この発掘者になるには、膨大なパソコンと大量の電気が必要なため

誰もがなれるわけではないそうです。

 

今仮想通貨への投資がスゴイそうです。

何年か前は、1000円もしなかったそうですが、

今は1ビットコインがおよそ10万円するので億万長者になった人もいます。

 

資産の逃げ場となったビットコイン!

2013年、地中海に浮かぶ小さな島国・“キプロス”が財政破綻になり、

国内の投資家が資産を避難した先が“ビットコイン”でした。

 

これによってビットコインの価格が急騰し、投資家は財産を得て、

結果キプロスの金融危機を救ったそうです。

 

仮想通貨の激しい競争!

ビットコインと並んで流通し始めている仮想通貨もあります。

“リップル”“イーサリアム”がそうです。

 

ビットコインは、決済に時間がかからないのが売りでしたが、

価値が認められてきた結果、大量の取引がサーバーに集中し、

少し時間がかかるようになっているそうです。それでも10分程度です。

 

これに対して、リップルは”2.5秒”で決済できます。

 

世界では、仮想通貨が認められ、それを使う人たちが増えています。

 

しかし、日本はマウント・ゴックスの経営破たんもあって、

ビットコインに対して、悪い印象を持つようになり、それが世界から遅れている原因にもなっています。

 

土屋さんは以前、千葉県でビットコインを使うことができる美容室を取材したことがあるそうです。

 

将来的に、こうした仮想通貨を使えるお店が増えてくると、もっと身近になってくるかもしれませんね。

注目しておきましょう!

 

≪今週の金のつぶやき≫

目の前に存在はしないのに、使うことができる“仮想通貨”。

2017年、注目のキーワードになりそうですね。

 

さて、番組内で紹介した金つぶ専用の仮想通貨についてまとめてみました。

 

・通貨の単位は“1キンタ”にします!ちなみに、“2キンタ”は禁止用語です!

・メールを読まれたリスナーには、1キンタを贈呈します!

・小島さん、衛藤さんは、放送中噛んだら、その都度“5キンタ”没収されます!

・衛藤さんの髪型が変わったことを気付いたスタッフは“100キンタ”もらえます!

・でも髪型が変わっていないのに、「変わった?」と言うスタッフは逆に“200キンタ”没収されます!

このパターンがけっこうあります(笑)

 

ということですが、いかがでしょうか?(実際はないです)

 

次回1月6日は、ワーク・ライフバランス コンサルタント松久晃士さんをお迎えして

「働き方」をテーマにお送りします!

 

なお、1月から番組時間が10分ほど延長になります!

メールもこれまで以上にガンガン読んでいきますので、送ってちょーだい!!

 

 

 

 

投稿者 : kintubu|2017年1月3日

1 2 3