2017年10月30日

#134 10月27日放送分 飲食店の実態

今回のテーマは、

「繁盛店の特徴は?」でした!

 

流行っている店の特徴は?

普段、外食する方もいると思いますが、

どんなお店に行って食事をしていますでしょうか?

 

もう何年、何十年も通っている店、たまたま入って気にいった店、

あるいはちょっと嫌な思いをして二度と行かなくなった店など

それぞれ良いお店との出会いや、自分に合わなかった店の苦い思い出などあるかと思います。

 

一方、お店の側というと、商売上様々な問題を抱えています。

 

立地が良いのにお客さんが入らなかったり、従業員やバイト、パートを確保できずに人手不足になったり、

後継者がいなくてお店を畳まなくてはならないなどそれぞれ深刻な問題を抱えています。

 

あなたもお気に入りのお店が突然閉店したなんて体験をしたことはないでしょうか?

 

繁盛している店と繁盛していない店の違いはどこにあるのでしょうか?

 

ということで今回は「あなたは飲食店を経営してみたいと思ったことはありますか?

お店を繁盛させるためには何が必要だと思いますか?」という質問をリスナーに投げかけて

座談会を行いました。

 

≪ゲストコーナー≫

クリエイションコンサルティング代表取締役社長佐藤昌司さんをお迎えして、

「飲食店の実態」についてお話を伺いました。

 

佐藤さんは、小売業、飲食業、サービス業を中心にコンサルティングをなさっています。

 

また、経営のアドバイスや、これからお店を始めたい人の支援、従業員の研修、執筆活動などもされています。

 

飲食店が直面している問題

ひとつは、市場が10兆円近くある“中食”の台頭です。

 

大手コンビニ3社だけでも現在5万店以上あるそうです。

そのコンビニが中食に力を入れています。

 

コンビニは、店内で食事のできる“イートイン”を積極的に設けています。

 

セブンイレブンは2022年2月までに、1万店以上の店舗にイートインスペースを設けていくそうです。

また、ファミリーマートのある店舗には、2階が全てイートインで40席もあるそうです。

 

スーパーにもフードコートやイートインスペースがあります。

 

こうした中食産業との競合で飲食店が客を奪われています。

 

もうひとつの問題が、“人手不足”です。

 

人材が集まらない、離職率が高いといった理由で人手不足感が強まっているそうです。

 

仕事がきつくて辞めていく人もいますが、学生が卒業を機に辞めてしまうこともあります。

 

人手不足解消の対策

短期的には“時給のアップ”“競合店からの引き抜き”などがあります。

“仕事の効率化”で、少ない人数でお店を回せるようにするのも大事です。

 

中長期的には、“働きがい”のある職場は離職率が低く、人手不足になりづらいそうです。

 

仕事をしていて楽しいと思う人がいると、友人を同じ職場で働くことを勧めるので、

結果的に採用に繋がり、人手不足解消になっています。

 

繁盛しているお店の特徴は?

飲食店の場合は、まず味がおいしくなければなりません。

 

“こだわり”がある、“サービス”がいいなどプラスαの何かがある店が繁盛するそうです。

“お店の雰囲気”というのも比重が高まっています。

 

例えば、“カフェカイラ”というお店は、行列のできる人気のパンケーキ店です。

 

パンケーキが美味しいのはもちろん、”接客”が非常に素晴らしいそうです。

 

店員さんが膝をついて、目線をお客様より低くして接客するそうです。

 

繁盛していないお店の特徴は?

美味しくない、こだわりがないなどが多いそうです。

 

ある調査によると、「こだわりのケーキを売るA店と

こだわりのケーキ、お菓子、パン、飲料水、食品を売るB店どちらがいいですか?」

と聞いたところ、A店は62%、B店は22%という結果になったそうです。

 

こだわりの一品に絞るというのも、繁盛するかどうかのポイントになるようです。

焦点は絞れば絞るほど突き刺さります。

 

なぜお客様に挨拶をしないのか、サービスをしないのか、店をキレイにしないのかと

疑問に思うお店はいくつもあるそうです。

 

秀逸なアイディアで繁盛したお店

地域密着型のあるイタリアンダイニングは、住民に釜焼きのピザ作り体験や、

音楽ライブ、スポーツ観戦会などのイベントを導入したところ、

固定客が増えて売り上げがアップしたそうです。

 

今は“モノの消費”より“コトの消費”と言われていて、

消費者は、“体験”“空間”を求めています。

 

例えば、銚子丸という寿司店の一部の店舗では、

マグロの解体ショーを行っています。

 

またスターバックスでは、コーヒーセミナーを行って、

コーヒーの良さを消費者に知ってもらう機会を設けています。

 

こうしたお店がこれから求められていくようです。

 

飲食店を始めるにあたり準備することは?

まずどういうお店にしたいかという“思い”“信念”を持つことが大事です。

 

料理の腕やマーケティング、経営などは後からでも学べるそうです。

 

信念がブレる、ブレないというのは、成功する、しないに大きく関わってくるそうです。

 

コンセプトは憲法みたいなもので、あまり変えることができないそうです。

オープン前に決まってしまいます。

 

ですから、ブレずにやっていくしかありません。

ブレないコンセプト作りは開店前の大きな仕事です。

 

もちろん時代の流れによって、柔軟に変えていかざるをえない場合もあります。

 

コンセプトなどは、頑固になっていい部分で、

逆にサービスやオペレーションなどは、お客様の視点で柔軟に変えておく必要があります。

 

硬軟織り交ぜていくことが大切です。

 

1年でお店が閉店する割合は?

一説によると、“1年”“3分の1”“2年”“5割”“10年”“9割”が閉店しているそうです。

 

長く続けていくには、地道にファンを作って、増やしていくことが大事です。

 

また自分本意ではなく、お客様にどういったサービスをしたら

喜んでもらえるのか突きつめられることも重要です。

 

これはお店に限ったことではなく、アーティストやコンサルタントも同様です。

 

お客様の声に耳を傾ける

レインフォレストカフェでは、会計時にアンケートの協力を

ひと言お客様に声がけして、アンケート用紙を回収しているそうです。

 

ある調査によると、“苦情”を言うお客と言わないお客の割合は、

“言う”“40%”で、“言わない”“60%”だったそうです。

 

苦情を言わないと答えたお客に「この店をまた使いますか?」と

追跡調査をしたところ、“使う”と答えた人は”3%”で、“使わない”と答えた人は“97%”もいたそうです。

 

一方、苦情を言ったお客で「また使う」と答えた人は、“77%”もいたそうです。

 

いかに苦情を言ってもらうかも大事なことなのです。

 

SNSの活用

商品を撮ってSNSにアップすると何割引きといった

サービスを取り入れているお店もあるそうです。

 

流行るネーミングは?

基本は、好きな店名を付けましょう。

 

ただ、文字数が少ない方が覚えてもらいやすいです。

できれば“四文字以内”がベストだそうです。

 

なぜ飲食店を経営するのか?

確固たる信念を持って、お店を始めましょう!

 

≪今週の金のつぶやき≫

普段、何気に利用している飲食店ですが、長く続けていくというのは、

すごく大変なことなんですね。

 

人気店があるときから突然繁盛しなくなるということもありますから、

佐藤さんがおしゃっていたように、お客様第一で当たり前のことを

忠実に地道に続けていくことが大事ですね。

 

お店でも始めようかなと考えている人は、今一度立ち止まって、

ブレないコンセプトを持っているかどうか再確認する必要がありますね。

 

実際にお店を経営されているリスナーからメールを頂きましたが。

長くお客様に愛されるお店を目指して、ガンバってください!

 

さて、医者からお酒を止められております。

ドクターストップってやつです。

 

ついに肝臓が苦情を言ってきました…。

 

ですから、これからは肝臓様の声に耳を傾けていこうと思ってはいたのですが、

たった2日で禁酒に挫折。

 

ブレまくっています…。

 

昨日も朝まで痛飲してしまい、本日は猛省。

 

今後は“サケ(酒)の消費”“髪の毛の消費”を抑えていきたいと思います。

 

次回11月3日は、ロックの殿堂日本代表西坂正造さんをお迎えして、

「博物館」をテーマにお送りします。

 

聞いてちょーだい!

投稿者 : kintubu|2017年10月30日

2017年10月29日

今夜の金つぶ!ゲストは佐藤昌司さんでした!

今夜のテーマは、

「あなたは飲食店を経営してみたいと思ったことはありますか?

                       お店を繁盛させるためには何が必要だと思いますか?」

でした!

 

7時20分頃からは

クリエイションコンサルティング代表取締役社長の佐藤昌司さんをお迎えして

「飲食店の実態」についてお話を伺いました!

 

飲食店は様々な問題を抱えているようですね。

1つが中食の台頭で、コンビニ内にイートインスペースを設けているところが増え、客を奪われてしまっているようですね。

2つ目が人手不足、アルバイトは学生が多く就職と共に辞めてしまう方が多く、離職率が高いようです。

特に1つ目は急ぎの用事がある時に、コンビニのイートインなら食事をパッと済ませられるので、

時間に余裕がない人には、そちらの方が合っているのかもしれませんね。

 

繁盛している飲食店の特徴は、

こだわりがある、サービスがいいの他に、

今は、お店の雰囲気も重視されるようですね!

また、音楽ライブ、スポーツ観戦会などのイベントを行って、

固定客を増やしたりと、色々な工夫がされているようですね!

 

1番お店を改善させるのは苦情という話がありましたね!

もっと良くして欲しい、また来たいと思っているからこそ、

アンケートなどにも積極的に意見を書いてくれる。

そういうお客様の声に耳を傾けるのが大切なようですね!

 

今回のテーマの1つに、

「 お店を繁盛させるためには何が必要だと思いますか?」がありましたが、

多かったメールが、挨拶やサービスを良くするといったメールものや、インスタ映えする料理を出すなど、

繁盛しているお店の特徴と、リスナーの皆様からのメールが合致していてとても興味深かったです!

 

投稿者 : kintubu|2017年10月29日

2017年10月27日

今夜の金つぶ!テーマは「飲食店の実態」

金曜つぶやきショー、略して“金つぶ”!

テレビや新聞のニュースとはちょっと違う、

ラジオならではの「今、知りたいこと」を、

毎週一つのテーマに絞って、じっくりと時間をかけて、

リスナーの皆さんと一緒に考えていきます!

 

今夜のテーマは、

「あなたは飲食店を経営してみたいと思ったことはありますか?

                       お店を繁盛させるためには何が必要だと思いますか?」

 

7時8分頃からは、ニック土屋さんの「金つぶITニュースWEB」

インターネットで飛び交う、今週1週間のIT、科学、経済のニュースから

独自の目線でピックアップします!

 

7時20分頃からは

クリエイションコンサルティング代表取締役社長佐藤昌司さんをお迎えして

「飲食店の実態」についてお話を伺います。

 

そして、今夜は衛藤さんが体調不良でお休みということで、

代わりのアシスタントとして、山崎怜奈さんに来ていただきます!

 

メッセージもお待ちしてます!

メールは kintubu@bayfm.co.jp まで!

佐藤さんへの質問もどしどし送ってください!

今夜も7時から座談会です!

投稿者 : kintubu|2017年10月27日

2017年10月23日

#133 10月20日放送分 eスポーツ

今回のテーマは、

「eスポーツが来る!」でした!

 

プロのゲーマーが活躍する時代!

“eスポーツ”というのを知っていますでしょうか?

 

eスポーツは“エレクトロニック・スポーツ”の略で、

コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦を“スポーツ競技”としてとらえる際の名称です。

 

つまり、もはや対戦型テレビゲームはひとつのスポーツとして扱うことが

世界では大きな流れになっているようです。

 

eスポーツのトッププロは、何億円も稼ぐと言われており、

海外ではプロに憧れる若者が多くいるそうです。

 

現在、日本にプロはいるのでしょうか?どのくらい稼いでいるのでしょうか?

果たして、eスポーツは日本でも大きく発展していくのでしょうか?

 

ということで今回は「テレビゲームやオンラインゲームやりますか?

あなたが好きな対戦型ゲームは何ですか?」という質問をリスナーに投げかけ

座談会を行いました。

 

テレビゲームの歴史

まずは、ITメディアクリエーターニック土屋さんに、テレビゲームの発展について解説して頂きました。

 

テレビモニターやスマートフォンでプレイするゲームのことを“コンピューターゲーム”と言います。

 

“IC”“プログラミング技術”の発達で、コンピューターを使ってゲームができるようになりました。

 

1950年代以前からコンピューターを使った“チェス”“ピンポン”はあったそうです。

 

1970年代に入ると、“アーケードゲーム機”“家庭用ゲーム機”“マイコン”の登場で

様々なゲームができるようになりました。

 

1972年には、アメリカで世界初のビデオゲーム製作を主眼とする会社“アタリ”が創業します。

 

創業者はビデオゲームの父と呼ばれる“ノーラン・ブッシュネル”氏。

 

彼がテニスのようにプレイする“PONG”というアーケードゲームを開発し、

ゲームセンターで大ブームとなったそうです。

 

その頃日本は?

日本は1973年に、セガが“ポントロン”、タイトーが“エレポン”というアーケードゲームを発売します。

これが日本初のコンピューターゲームでした。

 

1983年には、“任天堂”が家庭用ゲーム機“ファミリーコンピューター”を発売。

テレビにつないでゲームをするので、”テレビゲーム”と言われるようになります。

 

ファミコン発売から34年。

 

この間に“NINTENDO DS”“PSP”、さらに“スマホ”でもゲームをするようになり進化を遂げています。

 

対戦型ゲーム専門のプロゲーマー!

1990年代に入ると、ゲームセンターで“ネット”を通じた対戦が始まります。

欧米で盛んに広がります。

 

“韓国”では、ウィンドウズパソコンが一気に普及したため、

“PC房”という今で言うネットカフェが街にできて、対戦ゲームを楽しむようになりました。

 

1996年頃から“ブロードバンド”と呼ばれる高速回線普及し、

ネット対戦を専門にする“ゲームプレイヤー”が続々と登場するようになります。

 

1997年に世界初のネットゲーム競技会が開催。

 

優勝商品はアメリカのプログラマー・“ジョンカーマック”氏の所有する

“フェラーリ328GTSコンバーチブル”だったそうです。

 

この頃からネット対戦のテレビゲーム大会をスポーツ競技に捉えて“eスポーツ”と呼ぶようになります。

 

また世界初の“プロフェッショナルリーグ”も誕生します。

 

オリンピックの競技になる!?

2005年に“ワールドツアー”が開催されますが、賞金総額はおよそ“2億円”でした。

 

2007年には、eスポーツ日韓戦が開催されます。

 

2011年には、千葉県市川市に国内初のeスポーツ専用施設“e-sports SQUARE”がオープン。

 

2015年に“日本eスポーツ協会”が設立されますが、日本は世界よりだいぶ遅れているそうです。

 

2022年には、アジア競技大会が開催され、日本もエントリーすることが決まっています。

 

2024年の“パリ五輪”で、eスポーツが採用されるかもしれないというところまできています。

 

≪ゲストコーナー≫

DetonatioN Gaming(デトネーション ゲーミング)オーナーで、

日本eスポーツ連盟共同代表理事梅崎伸幸さんをお迎えして「eスポーツ」についてお話を伺いました。

 

ゲームのプロ集団!

梅崎さんたちのDetonatioN Gamingは、国内初の“フルタイム”“給与制””プロeスポーツチーム”です。

 

今、国内ではおよそ“20”のチームがあるそうです。

 

一方世界では、“500”以上のチームが存在し、選手も“4000人”います。

 

プロと呼ばれる世界基準は、ゲームだけで食べていくことが条件です。

 

韓国では、過去プロになるためのライセンスが必要だったときもあったそうです。

 

選手寿命は短い!?

梅崎さんは元々ゲームをする側の選手でした。

 

世界大会出場を目指して、DetonatioN Gamingのチームリーダーとしてチームを結成し、

その夢は実現しましたが、結果は最下位で悔しい思いをしたそうです。

 

リベンジをしようと思ったそうですが、29歳という年齢で選手を続けることへの限界を感じ、

チームをマネージメントする経営者の側になろうと考えました。

 

実はeスポーツの世界では、24~25歳で反射神経が落ちてくるため、

その頃に引退する人が多いそうです。

 

プロはいくら稼いでいるのか?

梅崎さんのチームには、今およそ50人の選手が所属しています。

 

その中で、ゲーム関連だけで生活できている人の平均年収は、“300~400万円”だそうです。

 

トップクラスの選手になると、平均“700~800万円”稼いでいます。

 

実際に試合に出場して賞金を稼ぐ以外にも、チームとの“年間契約”“イベント出演”

自分のプレイを観客に見せる“ゲームの生配信”“プロモーション”などで収入を得ているそうです。

 

日本では、法律上高い賞金を出せることができず、その辺りも今後の課題になりそうです。

 

世界のトップの稼ぎは?

韓国の20代前半のFaker選手は、“契約金”がおよそ“2億円”です。

 

その他の生配信などの収入や賞金を加えると、“4億円”以上もらっているそうです。

 

世界のトッププレイヤーは、ファンがグローバルに存在し、

またグッズなども売れるので、日本とは大きな差があります。

 

海外では、賞金総額が“27億円”という大きな大会もあります。

ゲーム内アイテムの売上の何%かを賞金に充てているそうです。

 

プロの日常生活

プロリーグ開催期間中は、12時起床、13時から練習開始、休憩も挟みながら23時まで練習します。

専属のコーチもいます。

 

その後は、深夜2~3時まで個人練習と自由時間だそうです。

 

大会期間中は、日曜日が休日になります。

 

実は、練習では覚えなきゃいけないこともたくさんあるそうです。

 

またチームで戦うため、お互いにコミュニケーションを取ることも重要です。

 

選手は、“ゲーミングハウス”と呼ばれる合宿所で、寝食を共にしています。

 

今後の課題は?

日本国内では大会の数が少ないのが現状です。

 

それは賞金が少ないからです。

法律上の問題で10万円ほどしか出ないそうです。

 

そうした課題を解決するために、最近、様々な団体が1つにまとまり、

新しいeスポーツの総合団体を設立しました。

 

これによって”プロライセンス”を発行し、ゴルフと同じように、

プロが高額な賞金をもらえるような流れにしていく動きがあるそうです。

 

また2024年のパリ五輪に向けて、JOCとも話し合いがもたれています。

 

≪今週の金のつぶやき≫

世界に誇る良質なハードとソフトが揃う日本は、ゲーム大国でありながら

eスポーツにおいては、まだまだ後進国のようです。

 

オリンピックの種目に採用される動きもあるようなので、

今後選手の育成や練習における環境面などが課題になってきますね。

 

いすれにせよ、プロとして食べていくというのは、どんな世界でも厳しいものです。

 

現状に風穴を開けてくれる世界的なプレイヤーが日本から誕生するのかどうか、

それによって一気に世間に認知され、人気が出ていくのか、今後に注目ですね。

 

さて、純粋な心で“ゲームボーイ”で遊んでいた少年は、

思春期を境に“チェリーボーイ”を卒業したいという想いが強くなります。

 

“プレステーション”よりも異性への“イマジネーション”ばかりが膨らみ、

誰もが女子と上手に“コミュニケーション”を取りたいと思うようになります。

 

さらに青年になりますと、悲しいかな男の性で、“ファミコン”より“合コン”

“ドリームキャスト”より“キャバクラのキャスト”が気になってしまいます。

 

ようやくできたステディな女性と仲良く“プレステ”で遊んだのも過去の思い出。

“ポイステ”され失恋…。

 

自棄になって、“ニンテンドースイッチ”ならぬ、焼酎“ニカイドーハイピッチ”であおり、

酩酊して、“セガサターン”ではなくて“身がバターン”と倒れてしまいゲームオーバー。

 

あーもうゲームのように人生を”リセット”したい!

 

次回10月27日は、株式会社クリエイションコンサルティング代表佐藤昌司さんをお迎えして、

「飲食店経営の実態」をテーマにお送りします。

投稿者 : kintubu|2017年10月23日

2017年10月22日

今夜のみさみさーくる!テーマは「映画」

今回のみさみさーくるは芸術の秋ということで、

衛藤さんのオススメの映画をご紹介しました!

 

今回ご紹介したのは、金つぶスタッフもオススメの「ドリーム」という映画です。

この作品は、アメリカと旧ソ連との間で、熾烈な宇宙開発競争が行われる中、

NASAの研究所に勤務する3人の黒人女性の実話を映画化した人間ドラマです。

 

黒人であり、女性ということで激しい差別を受けていた時代に、

アメリカが国家の威信をかけたマーキュリー計画を陰で支えた

3人の女性が信頼と尊敬を勝ち取る物語です。

 

ちなみに、衛藤さんの最近観たオススメは、

パッセンジャー、ピクセルとSFモノが多かったですね!

映画館に行ったときはポップコーンとメロンソーダやビールを飲みながら、

観るのが好きなようですね!!

 

投稿者 : kintubu|2017年10月22日

2017年10月22日

今夜のゲストは梅崎伸幸さんでした!

bayfm POWER WEEK!の金つぶ!

今夜のテーマは、

「テレビゲームやオンラインゲームやりますか?

      あなたが好きな対戦型ゲームは何ですか?」

でした!

 

7時42分からは、

DetonatioN Gamingオーナーで、日本eスポーツ連盟・共同代表理事の

梅崎伸幸さんをお迎えして「eスポーツ」についてお話をを伺いました!

 

eスポーツとは“エレクトロニック・スポーツ”の略で、

コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦を

スポーツ競技としてとらえる際の名称のようです。

つまり、もはや対戦型テレビゲームはひとつのスポーツとして扱うことが、

世界では大きな流れになっているようです。

 

eスポーツのトッププロの年収を聞いたときは驚きでしたね!

稼ぎ頭の選手で年収がおよそ600~700万円という、すごく夢のある世界ですね!

 

今回のテーマの1つに、あなたが好きな対戦型ゲームは何ですか?」がありましたが、

ストリートファイターや大乱闘スマッシュブラザーズ、ポケモンなど、色々なものがありましたね!

また、番組中に読んだメールの中で、

ゲームで父親とコミュニケーションをとっているというものがありましたが、

誰かとコミュニケーションを取りながら遊ぶのが、やはりゲームの醍醐味ですね!

 

そして、bayfm POWER WEEK!の金つぶからのプレゼント

「ニンテンドークラッシクミニ スーパーファミコン」の当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。

たくさんのご応募ありがとうございました!

投稿者 : kintubu|2017年10月22日

2017年10月20日

bayfm POWER WEEKの金つぶ!今夜のテーマは「eスポーツ」

金曜つぶやきショー、略して“金つぶ”!

テレビや新聞のニュースとはちょっと違う、

ラジオならではの「今、知りたいこと」を、

毎週一つのテーマに絞って、じっくりと時間をかけて、

リスナーの皆さんと一緒に考えていきます!

 

今夜のテーマは、

「テレビゲームやオンラインゲームやりますか?

      あなたが好きな対戦型ゲームは何ですか?」

 

7時8分からは、ニック土屋さんの「金つぶITニュースWEB」

インターネットで飛び交う、今週1週間のIT、科学、経済のニュースから

独自の目線でピックアップします!

 

7時42分からは、

DetonatioN Gamingオーナーで、日本eスポーツ連盟・共同代表理事

梅崎伸幸さんをお迎えして「eスポーツ」についてお話を伺います。

 

そして8時5分からは、衛藤美彩のコーナー

「みさみさーくる!」です!

 

そして今夜の金つぶは bayfm POWER WEEK!

開局28年を迎えたbayfmでは、

ただいま「秋の大感謝祭2017!bayfmパワーウィーク!」を絶賛開催中です!

各番組がいつも以上にスペシャルな企画と豪華プレゼントをお届けしていますが、

金つぶからも、もちろんプレゼントがございますよ!

 

気になる金つぶのプレゼントは…

ニンテンドークラッシクミニ スーパーファミコン

抽選で1名様にプレゼント致します!

 

スーパーファミコンが手の平らサイズになって復刻した、

こちらのゲーム機は様々なゲームを遊べるようになっています!

コントローラーも2つ付いていますので、家族や友人と楽しめちゃいます!

 

応募方法は、

郵便番号、住所、氏名、電話番号、

「ニンテンドークラッシクミニ スーパーファミコンが欲しい」と、書いてメールを送ってください!

皆様からのご応募お待ちしてます!

 

メールは kintubu@bayfm.co.jp まで!

梅崎さんへの質問もどしどし送ってください!

今夜も7時から座談会です!

投稿者 : kintubu|2017年10月20日

1 2 3