| HOME |

2017年12月23日

今夜の歴史大好き!れなち発見伝!!テーマは「昔の日本のクリスマス」

今夜の金つぶの放送日12月22日、いよいよクリスマス直前ということで今回の歴史大好き!れなち発見伝!!は、

「昔の日本のクリスマス」を、ご紹介しました!!

 

記録は残っていませんが、宣教師のフランシスコ・ザビエルが来日した1549年に、

日本でクリスマスを祝い始めたのではないかと言われています。

キリスト教の宣教師が来日したということで、可能性は高そうですね!

 

記録として残っている日本最初のクリスマスは1552年、

山口県で、イエスズ会と日本人信徒たちがクリスマスを過ごした様子が書簡に記録されています。

しかし、日本は豊臣秀吉の伴天連追放令や鎖国政策、

キリスト教の禁止などによって、長年クリスマスから遠ざかっていました。

 

転機となったのは、1906年頃からで、ロシアに戦争で勝利したことにより、

西洋コンプレックスが解消され、積極的にクリスマスを楽しむ日本人が 徐々に増えていったそうですね!

 

1910年には、帝国ホテルでお楽しみクリスマスが開催されています。

昭和に入って、戦争のために禁止された時期もありましたが、

敗戦後は一気に、信仰とは関係なくクリスマスを祝う日本独自の文化が根付いたようですね!

 

そして、1980年代後半から、クリスマスは恋人たちの日という要素が強くなり、

イブに高級ホテルを予約する若者が増えていったそうです!

この頃には、今の日本のクリスマスのイメージが付いたことになりますね!

 

ちなみに、山崎さんのクリスマス事情はというと、

今までで嬉しかったプレゼントは、16歳の時に貰ったカメラで、

ケーキは生クリームよりタルトが好きと、なんだか山崎さんらしい感じですね!

 

投稿者 : kintubu|2017年12月23日