| HOME |

2018年11月9日

今夜のれなち発見伝!テーマは「焼き芋」

最近、朝晩はだんだんと冷え込みを感じるようになりましたね。

秋が深まるこの時期は、なんといても食欲の秋!

ということで、今回のれなち発見伝では、この季節に食べたくなる「焼き芋」を取り上げました!

 

焼き芋の歴史は古く、

サツマイモが焼き芋として食べられるようになったのは、

文化文政時代の1800年頃で、200年前から!

少し前はリヤカーで販売している石焼き芋が主流でしたが、

2003年に自動焼き芋機が普及したことで、コンビニやスーパーで売られるようになったようです!。

 

それまで、ほくほくした食感の“紅あずま”が主流でしたが、

“安納芋”が登場し、ねっとりした食感のお芋が人気となり、

また、2007年には、ねっとりした食感で甘味の強い“紅はるか”が登場し、

安納芋と同じように人気品種となっているようですね!

 

ちなみに、山崎さんが好きな品種は、安納芋だそうで、

クリーミーな味わいが、お気に入りのようです!

そして、オススメの食べ方は、焼き芋を半分にして、

半分食べて、もう半分は1日寝かせると、より美味しくなる様ですね!

 

焼き芋も奥が深いですね。

皆さんもこの秋は、焼き芋の専門店もあるようなので、

食べ比べてみたりして、秋の味覚を楽しんでみてください!

 

れなち「半分どうぞ♡」

投稿者 : kintubu|2018年11月9日