2020年1月6日

#245 1月3日放送分 量子コンピューター

今回のテーマは、

「量子コンピューターが来る」でした!

 

世界が注目している最新技術!

昨年の10月、アメリカの“Google”社が、スーパーコンピューターでも1万年かかるとされる計算を、

およそ200秒で計算する量子コンピューターを開発しました。

量子コンピューターは、計算の速さがアップするだけではありません。

例えば、画期的な”薬”や、新しい機能を持つ”金属”などの開発、また今や自動車や

情報産業の中心となっている”人工知能”の性能が飛躍的に向上すると期待されています。

こうした事情もあって、各国が開発、研究を競い合っています。

アメリカは、5年間で最大13億ドル(およそ1400億ドル)を投資することを発表。

また中国は、暗号解読に応用できるなど安全保障上、重要と考え、力を入れ始めています。

一方、日本政府は、今年およそ300億円の予算で、研究環境を充実させる計画を立てています。

今回のGoogleの成果は、まだ実用化の段階には至っていないようですが、

同社の研究者はその成果を、「ライト兄弟の初飛行に匹敵する」とコメントしています。
(以上、2019年11月28日 朝日新聞 参照)

ということで今回は、「あなたが人生で最も驚いた、おったまげた技術、道具は何ですか?

普段便利だなぁと感じている技術、道具は何ですか?」という質問をリスナーに投げかけ座談会を行いました。

 

≪ゲストコーナー≫

ITメディアクリエーターニック土屋さんをお迎えし、「量子コンピューター」についてお話を伺いました。

 

今注目されている!

量子コンピューターが実現すると、AIの進化がさらに飛躍すると言われています。

今や様々なシーンで使われているAIですが、それに量子コンピューターの技術が加わることで、

新しい可能性が広がるそうです。

 

現在使われているPC
現在のコンピューターのしくみの原型は、イギリスの数学者の“アラン・チューリング”

第2次世界対戦など暗号解読にも応用された“チューリングマシン”と言われる“計算アルゴリズム”だと言われています。

アルゴリズムとは、物事を効率よく解決するための“手順”のことです。

その手順をそのまま機械に置き換えたものが、私たちが普段使っているコンピューターです。

これを“ノイマン型コンピューター”と呼んでいます。

ノイマン型コンピューターは、命令やデータをひとつひとつ処理していくため、

情報量が多くなるほど演算回路の密度を上げていかないと同じ速度で処理ができなくなってしまいます。

そのためデータが多くなっていくことに対応するために、

1980年頃から、世界中が技術力を発揮して、回路の集積度を限りなく上げ続けてきました。

ところが40年たった今、ついにその集積技術も限界が見えてきたため、

ノイマン型コンピューターでは対応できなくなってきているそうです。

 

量子って何?
量子コンピューターは、“非ノイマン型コンピューター”と呼ばれています。

今のコンピューターが何千年もかかる計算をあっという間にできてしまう技術があります。

量子コンピューターは、エネルギーの最小単位とも言われる“量子”の性質が大きく関わっています。

例えば、一滴の水をどんどん細かくしていくことができたとしたら、

これ以上細かく分けられなくなった最小の状態を“分子”と言います。

水の分子は、水の性質を持った最小の単位です。

この分子を構成するのが“原子”です。

原子とは“電子”“陽子”“中性子”が組み合わさったものです。

この原子を構成する「電子」「陽子」「中性子」などをひとまとめに“量子”と言っています。

量子コンピューターは、我々の世界の物理法則とはまた別の法則で、物事が進んでいるそうです。

 

常識外の世界!?

私たちの世界では、ある瞬間に0と1が同時に起こることはありません。

コインの表と裏が同時にはでません。

しかし量子の世界では、0と1が同時に現れるそうです。

これを“量子の重ね合わせ”と言います。

1つの量子で2通りの状態を同時に表すことができるのです。

2つ量子があれば4通り、4つあれば16通りの状態を一度に表現できます。

こうした量子の性質を使うことで、これまでのコンピューターの何百倍何千倍もスピードがアップするそうです。

 

もう1つの特徴!

“量子のもつれ”という特徴もあります。

これはある量子を操作すると、もつれ状態にある別の量子にも影響が出るという現象です。

これをうまく利用すると、同時にいくつもの操作=つまり計算ができるようになるそうです。

 

どんな量子CPがあるの?

カナダの“D-Wave”社が、2011年に機能を限定した128量子ビットの“量子アニーリング方式”

コンピューターを公開しています。

実は、これを発明したのは、東京工業大学の西森秀稔教授です。

このコンピューターは、現在2000量子ビットにまで改良され、2の2000乗のことが同時に行えるそうです、

量子コンピューターは、これまでのPCで使われていた半導体やメモリーを使うものもあれば、

ビーカーの中で行うものもあるそうです。

NECも、D-Wave社と協業して本格的に量子コンピューター領域に参入しています。

 

実現に必要な状態

量子コンピューターを実現するためには、“超電導”状態が必要となります。

それには、極限まで冷却して、電気抵抗をゼロにする“超低温”“−273度”状態を保たれなければなりません。

 

もう1つの方式!

アニーリング方式とは別に、“量子ゲート型コンピューター”もあります。

これは、2016年に公開され、昨年9月には53量子ビットにまで開発が進んでいます。

“IBMーQ”と呼ばれています。

 

世間に広める!
D-Wave社は“Leap”というサービスを公開しています。

誰でも試すことができる量子コンピューターの“クラウドサービス”です。

量子コンピューターを設置するには1500万ドル(およそ17億円)程度かかりますが、

このクラウドだと1カ月あたり1分間分までなら無料だそうです、

また、1時間あたり2700ドル(およそ30万円)払えばいつでも使えます。

量子コンピューターと全く同じ仕組みや計算をシミュレートできる

“シミュレーターサービス”も多数公開されています。

“blueqat”というプログラムは、オープンなので誰でも登録すれば無料で使えます。

「量子の重ね合わせ」や「量子のもつれ」がプログラミングで体験できるそうです。

 

どんなことができる?できない?

円周率や因数分解などには、効果が期待できるそうです。

一方、総当たりを計算する“巡回セールスマン問題”などは不得手だそうです。

 

AIに活用される!

AI分野への活用は大きな期待がかかっています。

例えば、名人棋士を負かした“アルファ碁”は、その能力を発揮させるために、

およそ1000台のコンピューターをつなぎ合わせて25万ワットもの電力がかかっています。

その運用費用は30億円です。

それが量子コンピューターになると、”超高速”で判断できるため、

設置費用を別に考えると、ほぼタダということになります。

囲碁が打てて、お料理もできて、自動車の運転もできるような

多機能な人工知能の開発も始まっているそうです。

 

様々な分野で活用
“化学”の分野では、新材料や新薬の開発において、分子の並べ方を瞬時に計算することで、

全く新しい素材が見つかると期待されています。

“モビリティ”分野では、大都市の交通規制をリアルタイムで制御できるようになるので、

全部の車が自動運転で動く、交通事故ゼロ社会が実現できるそうです。

“金融”分野でも、世界の金融市場の最適化が同時に可能になるそうです。

 

デメリットは?
銀行などで利用されている“公開鍵暗号”が解けてしまう可能性があるそうです。

そのため、日本はアメリカと連携して“量子暗号”の開発プロジェクトを始めています。

 

私たちはどうすればいいのか?

イスラエルの歴史学者・ユヴァル・ノア・ハラリ氏の著書“ホモ・デウス”では、

「人類はついに遺伝子工学や人工知能、量子コンピューターなどの武器を得て

“ホモサピエンス”から“ホモ・デウス”=神のヒトになる」と言及しています。

また同氏の著書“21Lesson”では、こうした武器を正しく活用するためには、

21のレッスンが必要だと解き明かしています。

便利なものが生まれれば、必ずそれを悪用するものも現れます。

人類の歴史はその繰り返しです。

それによって、平和にも戦争にもなります。

 

≪今週の金のつぶやき≫

“沖縄科学技術大学院大学”略して“OIST”は、世界最高水準の研究大学を目指し、

政府が2011年に設置した大学で、世界から優秀な若手研究者が集まっています。

シュプリンガー・ネイチャーが発表した「質の高い論文を効率良く生む機関」という

ランキングで、日本では最高の10位に入るなど、成果を上げています。

世界から優秀な人材が集まってくるのは、その豊富な研究資金にあります。

OISTは、国の支援によって、外部資金に頼らずに研究を行っています。

国立大学向けの運営費交付金の減少で、多くの研究者は自力で研究費を獲得するために

奔走する必要がありますが、OISTはそうした心配をせずに研究だけに打ち込むことができます。

同大学のグルース学長はランキングの結果に、「創設間もない大学であっても、適切な条件が揃えば、

世界レベルの研究が可能であることを示している」とコメントしています。

(以上、2019年6月30日 日本経済新聞電子版 参照)

 

科学技術の進歩が目覚ましい今、確かな技術と同時に、それを開発し、使いこなす確かな人材が必要です。

理数系離れと言われて久しい時代ではありますが、国を挙げて人材の育成が急務であることは明白です。

国は、税金の無駄遣いや、不透明な支出をなくし、さらに有意義な先行投資を集中的に行い、

新しい技術を支援していく必要があります。今夜の放送を聞いてあなたはどう感じましたか?

 

次回1月10日は、シーフードレガシー代表花岡和佳男さんをお迎えして、「魚の未来」をテーマにお送りします!

聞いてちょーだい!!

投稿者 : kintubu|2020年1月6日

2020年1月4日

れなち発見伝!テーマは「明智光秀」

2020年、最初のれなち発見伝ということで、

気合を入れて茶番から始まった、今回のテーマは「明智光秀」!

 

今年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主役は、

本能寺の変で主君である、織田信長に対して謀反を起こした明智光秀!

そういった背景もあって裏切り者のイメージが強い明智光秀ですが、

悪いイメージを払拭する、れなち先生の授業が始まりました!

 

明智光秀は、実は愛妻家で、

多くの武将が正室以外に側室を持つ一夫多妻という中、一夫一婦を貫いています。

一途で誠実な一面があったようですね!

 

当時は茶人のスキルがステータスになっていましたが、

茶人としても、明智光秀はエリートだったようですね!

 

れなち先生の授業はいかがでしたか?

大河ドラマを観る前に、いい予習になったのではないでしょうか?

 

投稿者 : kintubu|2020年1月4日

2020年1月4日

「量子コンピューター」とは?ゲスト:ニック土屋さん

今夜のテーマは、

「あなたが人生で最も驚いた、おったまげた技術、道具は何ですか?

                    普段便利だなぁと感じている技術、道具は何ですか?」

でした!

 

7時37分頃からは、

ITメディアクリエーターのニック土屋さんをお迎えして、

「量子コンピューター」についてお話を伺いました!

2020年最初の金つぶは、ニック祭りです!

 

従来のコンピュータと、量子コンピューターは全く違う物のようですね!

エネルギーの最小単位とも言われる量子の性質が大きく関わっていて、

量子コンピューターは、我々の世界の物理法則とはまた別の法則で、物事が進んでいるそうです。

 

今回のテーマの1つ、

「あなたが人生で最も驚いた、おったまげた技術、道具は何ですか?」で、

皆様からメールを募集しました!

1番多かったのはスマートフォン、

今や仕事でもプライベートでも無くてはならないものになっていますね!

 

投稿者 : kintubu|2020年1月4日

2020年1月3日

「量子コンピューター」!ゲスト:ニック土屋さん

金曜つぶやきショー、略して“金つぶ”!

テレビや新聞のニュースとはちょっと違う、

ラジオならではの「今、知りたいこと」を、

毎週一つのテーマに絞って、じっくりと時間をかけて、

リスナーの皆さんと一緒に考えていきます!

 

今夜のテーマは、

「あなたが人生で最も驚いた、おったまげた技術、道具は何ですか?

                    普段便利だなぁと感じている技術、道具は何ですか?」

 

7時20分過ぎからは、ニック土屋さんの「NECプレゼンツ 金つぶITニュースWEB」

インターネットで飛び交う、今週1週間のIT、科学、経済のニュースから

独自の目線でピックアップします!

 

7時37分頃からは、

再び、ITメディアクリエーターニック土屋さんをお迎えして、

量子コンピューター」についてお話を伺います。

 

そして、8時32分からは、2020年もキュートな女神!

れなち発見伝!」をお送りします!

 

メッセージもお待ちしてます!

メールは kintubu@bayfm.co.jp まで!

今夜も7時から座談会です!

投稿者 : kintubu|2020年1月3日

2019年12月30日

#244 12月27日放送分 2019年のヒット

今回のテーマは、

「2019年のヒット」でした!

 

ヒットした人、モノは?

2019年日経MJヒット番付が発表されました。

 

気になるものをチェックしてみると…

 

スタジオでも試食した“バスチー”は、コンビニで販売されているバスク風チーズケーキで、

コンビニスイーツの代表格になりました。

 

100均で売っている質の高いコスメ“URGLAM”もヒットして話題になりました。

 

スポーツ界では、NBAで活躍する“八村塁”選手や

全英女子オープンを制したプロゴルファーの“渋野日向子”選手、

W杯で快進撃を見せた”ラグビー日本代表”も大きな話題となりました。

 

≪ゲストコーナー≫

日経BP総研品田英雄さんをお迎えして、「2019年のヒット」についてお話を伺いました。

 

昨年の予想は?

昨年末に、品田さんは“Airbnbの別荘版”がヒットすると予想していました。

 

空き家や使われていない別荘をうまく利用したサービスが国内外の観光客に

利用されるようになっていくということでした。

 

この予想は、ちょっとハズしたそうです。

 

ただ8月のAirbnbのプレリリースによると、ひと晩でAirbnb を契約した件数が、

世界で“400万件”もあったそうです。

 

利用された件数の多い都市も発表され、東京と大阪がトップ10入りをしています。

 

利用者は、中国人が多いそうです。

 

普通のアパートやマンションの一室がAirbnb化しているそうです。

 

徐々に広がっているようですが、今年はまだブームまでには至っていません。

 

ヒットより幸せ!?

令和の時代は、ヒットではなく“幸せにすること”がキーワードだそうです。

 

人生100年時代と言われています。

 

経済格差が広がり、孤独な人が増えてくると、作ったモノやサービスが

人々の心をいかに豊かにできるかがポイントとなってきます。

 

幸せにするということを前提に、どんなものが人々にウケたかを分析するといいそうです。

 

今年は“大きな商品”“新しいサービス”がヒットしなかったそうです。

 

例えば、今年ドラマ「全裸監督」が話題になった“ネットフリックス”がスタートしたのは4年前でした。

 

平成の時代は、ネットを中心に新しいデジタルサービスが次々と出てきて、順番に話題になりました。

 

そうしたサービスを実際に利用した方々の声がフィードバックされ、

尚かつ小慣れてくると、使いやすくなってきます。

 

ちょっと様子を見て、どんな商品なのか?

どんなサービスなのか?を見極めてから試すという傾向があるようです。

 

ヒットしたモノは?

“ワークマン”は高機能なモノを安く買えるということが基本です。

 

現場で作業する人たちが寒くないようにする商品などがあります。

 

以前は、価格を安くするために、店内はお金をかけず、殺風景だったそうです。

 

しかし、店内をおしゃれに、カッコ良くし、女性向けの商品を目立つようにディスプレイした

“ワークマンプラス”を出店したところ、それが話題になりました。

 

山登りやキャンプ、釣り、ランニングなどをする人たちにも人気が出ました。

 

ちなみに、ワークマンとワークマンプラスは、基本的に置いてある商品は同じだそうです。

 

女性に刺さったヒットは?

山崎さんがハマった“ラムネ”もヒットしています。

 

大きさを1.5倍にし、大人のラムネということで販売したところ、女性に人気が出ました。

 

逆に小さくなってヒットしたのが、“ポケトル”です。

 

飲み物が120mlしか入らない小さい水筒です。

 

持ち運びに便利で、女性にとっては1回で飲み切るのにちょうどよいサイズだそうです。

 

サイズやターゲット、売り方を変えたことでヒットしたモノもあります。

 

必ずしも新しい技術や製品でなくても、昔からあるモノを変えるこことでヒットすることがあるそうです。

 

意外なヒットは?

映画「飛んで埼玉」がヒットし話題になりました。

埼玉県民が埼玉愛に目覚めるきっかけにもなったそうです。

 

東京も高級食パンブーム

昨年から地方でブームとなり、今年東京でもヒットとなったそうです。

 

地方で火が付いたモノを東京で売り出し、勝負するという傾向があるようです。

 

品田さんのマイブーム

“非婚化研究”にハマったそうです。

 

結婚しない男女が増えています。

 

恋愛を積極的にしようとする若者が減っているそうです。

 

恋愛をすることがリスクと感じているそうです。

 

結婚することで、経済的な問題に直面する人がいます。

 

親元を離れて暮らすことで、生活レベルが下がるかもしれません。

 

また、子どもが誕生したときに、自分と同等か、それ以上の教育を受けさせることが

できるかどうか自信がないと思っている人もいるそうです。

 

こうしたことが非婚化の原因になっているそうです。

 

社会全体で解決していかなければならない問題です。

 

乃木坂46は?

写真集が売れています。

 

乃木坂46は、もう宣伝しなくても売れる存在になっているそうです。

 

ファンを作ってコミュニティを作ることはお金も回り、幸せなことです。

 

そのコミュニティで、仲間を見つけることもできます。

 

孤独救済ビジネス!?

コミュニティに参加することは、幸せに繋がるそうです。

 

同じ趣味嗜好を持った人たちとSNSだけでなくリアルに繋がれる時代です。

 

宗教家、哲学者、研究者はひたすらやることがあるので、孤独でも苦にならないそうです。

 

一方、仕事をしなくなったり、お金に執着しなくなったときに、突然やることがなくなってしまう人がいます。

 

人生100年時代に大事になってくるのは、1に健康、2にお金、3が人間関係だそうです。

 

健康やお金は、民間ビジネスとして成り立っている分野です。

 

しかし、人間関係における孤独の救済は、まだビジネスになっていないそうです。

 

独身男性が多い中国では、耳かきカフェやメイド喫茶がブームとなっているそうです。

 

日本の秋葉原ビジネスを取り入れているそうです。

 

2019年のヒット予想

東京ディズニーランドでは、来年“美女と野獣”エリアが誕生します。

 

またユニバーサルスタジオジャパンには、“任天堂ワールド”ができます。

 

間違いなく人気となるスポットです。

 

ゲームの世界が現実に飛び出してくる時代です。

 

品田さんは、“筋肉”がブームとなると予想しています。

 

ファッション界でもフィッティングが重要視されています。

 

体にフィットしたファッションはおしゃれです。

 

プロテインバーなども出てきています。

 

努力をして理想の体づくりをする人が希望も含めて増えてくるのではと予想しています。

 

また、ジムで鍛えることで、コミュニティも生まれます。

 

≪今週の金のつぶやき≫

今年は自然災害が多く起こっています。

 

千葉では9月と10月に、大型台風が直撃し、大きな被害をもたらしました。

 

改めて、防災に対する意識を高めた方も多かったと思います。

 

地震や台風などの災害に備えて、様々なモノを買い置きしていく家庭も増えています。

 

例えば、電気やガスが使えなくなってしまうことを想定して、

ガスボンベやカセットコンロが売れました。

 

また、緊急時の避難用に、車の中からガラスが割れるハンマーが

今年は、通常のおよそ7倍も売れたそうです。

 

情報収集のための携帯用のラジオを求める人も増えました。

 

さらに、意外なのが“貯金箱”

 

非常時に携帯電話、スマホが使えなくなると、キャッシュレスも使えなくなるので、

小銭を貯めておくための貯金箱が見直されているそうです。

(以上、12月24日 Hint-Pot参照)

 

日本各地には、依然として災害の被害と戦っている方々がいます。

 

そうした方々のことを忘れずに、また命を守る準備を怠らずに、新しい年を迎えたいですね。

 

2019年、あなたはどんな1年でしたか?

 

次回1月3日は、ITメディアクリエーターニック土屋さんをお迎えして、

「量子コンピューター」をテーマにお送りします!

 

聞いてちょーだい!!

投稿者 : kintubu|2019年12月30日

2019年12月27日

れなち発見伝!テーマは「輝け!2019年金つぶ流行語大賞!」

今夜は本編のテーマが2019年のヒットを特集しましたが、

このれなち発見伝のコーナーでは金つぶの1年を振り返って、

「輝け!2019年金つぶ流行語大賞!」を行いました!

 

金つぶで話題になった、耳に残った、ちょっと流行ったワードを、

山崎さんがランキングにしてみました!

毎年恒例のにしたいと、言っていましたね!

 

3位「小島さん変態です……」(山崎)

ちょっと暴走した小島さんを止めるときに使ったワードです!

 

2位「山崎、いい女だな」(小島)

先々週の放送で小島さんが言ったワードで、

山崎さんが褒められて伸びる女なので、選んだようです(笑)

 

1位「こういうのは入江さんに頼んで」(小島)

山崎さんが小島さんに買って、お願いと頼むときに、

小島さんがプロデューサーにパスをする時に使うワード!

 

他にもノミネートされたのが、

「はちす」(山崎)

これは、山崎さんが8thを読み間違えたとき、

「山崎怜奈の母でございます。本物です。」(山崎母)

山崎さんのお母さんがメールの書き出しで使う言葉でした!

 

最後に、山崎さんが今年の金つぶでは、

去年、一昨年よりも伸び伸びできたと、総括していましたね!

小島さんとの掛け合いもだいぶ慣れてきたみたいですね!

 

投稿者 : kintubu|2019年12月27日

2019年12月27日

「2019年のヒットそして、2020年は?」ゲスト:品田英雄さん

今夜のテーマは、

「2019年にヒットしたモノは何だと思いますか?

  印象に残っている人、モノは何でしょうか?

                    あなたの今年のブーム、流行語を教えてください!」

でした!

 

7時37分頃からは、

日経BP総研上席研究員 品田英雄さんをお迎えして、

「2019年のヒット」についてお話を伺いました!

毎年恒例の品田さんによる、2019年のヒットと、2020年の予想、

今年はどうだったんでしょうか?

 

昨年末は、ママたちにヒットする商品を予想していましたが、

ママ限らず、1人暮らしにも助かる家事を楽にするグッズがヒットしたようですね!

ワンプッシュ洗剤などが、売れているようですね!

 

今年ヒットしたものの共通点が、「幸せ、幸福感」!

人々の生活を豊かにするのを前提としたものだけが、

ヒットしたものだったようですね!

 

来年のヒットするもの品田さんの今回の予想は、「筋肉」!

服を綺麗に着こなすためや、お尻などの身体の1部分を鍛えるなど、

流行ると予想していました!

さあ、答え合わせは来年末ですね!

 

今週のテーマの1つ、「2019年にヒットしたモノは何だと思いますか?」で、

皆様からメールを募集しました!

メールの中で、1番多かったのは「タピオカ」でした!

今年は、タピるという言葉も出てきたくらいブームになりましたね!

 

金つぶ、2019年ラストの放送いかがでしたか?

今年も、皆さんのおかげでたくさんの座談会を行えました。

2020年も金つぶをよろしくお願いいたします!2020年も聴いてちょーだい!!

 

投稿者 : kintubu|2019年12月27日

1 2 3 4 5 6 7 8 9 131