blogトップ

2015年4月5日

4月5日OA 『女子旅もとめて三千里?』

春になって女子心がウズウズすると言い出したRoniさんww

そんなRoniさんに女子旅情報を教えてくれるという事で

やってきたのは。。。

 

150405a

 

JR大宮支社!

 

教えてくれたのは、大宮支社の清水さん!

 

150405b

 

今、栃木県では「本物の出会い 栃木」という観光キャンペーンをやっていて

その中で女子にオススメ旅があるという事で教えてくれました!

 

まずは『生産量・日本一を誇るイチゴ!』

 

栃木と言えばおなじみの「とちおとめ」をはじめとして、

栃木県に来ないと味わうことのできない幻の品種「とちひめ」の

摘み取りを楽しむことができたり、今年から本格出荷の新品種

「スカイベリー」が買えたりするんだそうです!

 

特に南那須観光いちご園では「とちおとめ」25分、そして幻の品種

「とちひめ」5分のいちご狩りが目玉。

5分。。。それぐらい貴重な品種なんですね~

 

そしてふたつ目は『徳川家康公 没後400年記念行事!』

 

今年、徳川家康公 没後400年の記念の年を迎える日光では

徳川家康公をお祀りする日光東照宮などで様々な記念行事が行われるんです。

 

特に5月17日から19日の3日間、日光東照宮で行われる

50年に一度の式年大祭では、徳川宗家18代当主と御三家をはじめとする

徳川御一門が一堂に会するんだそうです!

 

そして5月18日には家康公を久能山から改葬した時の行列を再現して

約1,200人の武者が1㎞に及ぶ隊列を組み練り歩く「百物揃千人武者行列」も!!

これは歴女にはたまらないイベントでしょう!!

 

最後3つ目は『着物で小江戸散策!』

 

着物をレンタルして、着付けをしてもらい、小江戸栃木「蔵の街」や「日光」を

散策することができるというもの!

栃木市中心街は、現在も黒塗りの重厚な見世蔵や白壁の土蔵が多く残っていて、

北関東の商都と呼ばれた当時の面影を感じることができます。

 

蔵の街中心部を流れる巴波川(うずまがわ)では、舟に乗って

街並みを楽しむこともできるほか老舗の和菓子店での和菓子づくり体験も。

 

日光エリアでは、世界遺産日光の社寺や 日光 田母沢御用邸記念公園などの

深い歴史をもつエリアの散策。さらに明治の館などで老舗のレトロな洋食が味わえるとか。

変身願望のある女子、これは見逃せないんじゃないですか?

 

色んなことが楽しめる「本物の出会い 栃木 春の観光キャンペーン」の詳しいことは

お近くの駅備え付けのパンフレットを手に取ってみてください。

 

Roniさんも最後に、へ~んしん!!

 

150405c

 

着物。。。じゃなくて法被って、お迎えする側かい!!

 

投稿者 : tnavi|2015年4月5日