blogトップ

2017年4月9日

4月9日OA 『蔵の街とちぎ!』

前回の栃木取材だけじゃもの足りなかったので

宇都宮市から栃木市に移動して街を散策!

 

 

栃木市は蔵の街とも呼ばれていて街の至る所に蔵の姿が。。。

 

 

そしてそんな街中を流れる「うずまがわ」ではこんな景色が!

 

 

分かります? 鯉のぼりがずっと先まで泳いでるんです!!

昔ながらの街並みと川にかかる鯉のぼり、なんか不思議な空間にトリップした感覚です!

 

そんな中、お昼ご飯を食べに寄ったのが

「とちぎ江戸料理」という江戸時代の文献を元にした料理を出している「かな半」さん。

 

 

この「とちぎ江戸料理」というのは市内約20店舗で出している料理で

「かな半」さんもその内の1店舗なんです。

 

そんな「かな半」さんで出している江戸料理がコチラ!

 

 

お品書きも付いていたのですが、初めて食べる味もあって新鮮!!

 

 

どんな料理を食べているのか確かめながら食べるのって楽しいですよね~

 

そしてお腹がいっぱいになった私たちが訪ねたのが「横山郷土館」

 

 

麻の問屋として、そして銀行として栄えた建物が当時の趣そのままに

郷土資料館として使われているスポットなんです。

 

 

 

こちらで市役所の関口さんにお話しを伺いました!

 

 

今、蔵の街とちぎでは「とちぎ江戸料理」をはじめ

「蔵の街を着物で街歩き」ができたり、長い歴史のある老舗和菓子屋さんで

「和菓子づくり体験」ができたりと、その街並みを活かした体験ができるんだとか!

 

着物に身を包んで横山郷土館の庭園で写真とか取ったらフォトジェニックじゃないですか!!

 

 

そしてこの庭園にはある秘密もあるんですが。。。

それはあなたが実際に行って確かめてみてくださいね!

 

ヒントはこの像!

 

 

暖かくなって散歩するのにもちょうどいい季節!

春の栃木に遊びに来てくださいね!!

 

投稿者 : tnavi|2017年4月9日