2017年5月28日

5月28日OA 『北の大地に初上陸!』

 

 

先週、青森から送り出されたRoniさんは、さらなる北へと向かいます!

 

 

そしてやって来たのが!!

 

 

とうとうトレナビは本州から北海道へとやってきました!

 

そしてこの北海道新幹線の終着駅「新函館北斗駅」がとにかくオシャレ!!

 

 

思わずのんびりしそうになったんですけど違うんです。

今回の目的地はここからすぐの所にある「大沼公園駅」

 

 

とても長閑なこの駅のそばにある「大沼国定公園」が今回の目的地!

 

 

この公園で遊覧船を営業している、大沼合同遊船の小泉さんにナビしてもらいました!

 

 

せっかくなんでまずは大沼公園にある「大沼」と「小沼」を巡れる遊覧船に乗船!!

 

 

ではRoni船長お願いします!!。。。って訳はもちろんありません。

実際はこんな感じですよ。

 

 

この遊覧船は窓の外が水面に近いのでホントに水の上を滑るように進んでいきます!

 

窓の外には、湖に点在する大小の小島や

 

 

北海道駒ヶ岳が一望できます!

 

 

そして大沼と小沼をつなぐ橋の下をギリギリで潜り抜けるアクティビティ?もww

 

 

こんな大自然を楽しめるのはもちろん!地元には「大沼牛」というブランド牛や、

数々の審査会で受賞歴がある「大沼ビール」なんていう美味しいものも!!

 

そして帰りには地元で100年以上の歴史があるという

「大沼だんご」を食べに、駅前にある「沼の家」さんへ。

 

 

「大沼」と「小沼」をイメージしたという「大沼だんご」がコチラ!

 

 

お団子を探しながら食べるのも楽しいですよ~

 

そして周辺には普段お目にかかれないフォトジェニックなスポットも

沢山あるので他の人と差をつけたい写真を撮りたい人も是非!!

 

 

最後のは新函館北斗駅で見かけましたww

 

旅先で巡り合える何かを求めて、皆さんも新たな一歩を踏み出してみてくださいね!

 

投稿者 : tnavi|2017年5月28日

2017年5月21日

5月21日OA 『お久しぶりに北の地へ!』

 

北海道新幹線に乗って、Roniさんは約二年ぶりに あの場所へと向かいました!

その場所は。。。

 

 

北海道新幹線が開通してから1年が経ってますます盛り上がる青森県です!!

 

 

ここから在来線に乗って移動しますよ!

 

 

なんか車内には見慣れない広告?が、

 

 

ドアにスイッチが付いてるタイプなので説明書きが。。。

千葉に住んでいると普段見ないだけに、地元の人にとっては当たり前のことでも

「違う土地に来たんだなぁ」って感じられる一瞬です。

 

そしてやって来たのは青森駅!

 

 

駅の近くにある青森県観光物産館アスパムへ

 

 

青森県の頭文字Aをあしらった斬新なデザイン!?

その中でお話しを伺ったのは青森県観光連盟の鳥山さん!

 

 

眺めの良い部屋だったんですが、逆光で上手く撮れずww

 

そんな鳥山さんに、これから夏にかけて楽しめるスポットを聞いたところ

前回「ワ・ラッセ」という青森ねぶたが体験できる施設に行った話をしたら

青森市のお隣、五所川原市の「立佞武多(たちねぷた)」も凄いんですって!

 

その名の通り高さが20m位になる山車を運行して

横に大きい青森ねぶたとはまた違った迫力が味わえるとか。

もちろんお祭りに行くのが一番なんですが、五所川原市にある「立佞武多の館」では

一年中実際の立佞武多を観ることができるのでオススメだそうですよ。

 

それから食では時期によって色んな食材が楽しめる「のっけ丼」がおススメ!

こちらは前回来た時に体験しているので詳しくはコチラで。。。

 

そんな夏の青森県を楽しむなら、北海道新幹線を使って

お得なびゅう旅行商品で遊びに来てください! 色んな旅がありますよ~

 

※これは青森ねぶたです。

 

青森駅周辺だけでも、青函連絡船が観られたり

 

 

取材した時期には桜(?)が満開だったり

 

 

青森名物の煮干しをつかったラーメンが味わえたり

 

 

色々楽しめます!

青森県を丸ごと楽しむには一度にじゃなくて、あせらず何度も足を運んでみてくださいね!

 

投稿者 : tnavi|2017年5月21日

2017年5月14日

5月14日OA 『今しか見られない風景』

今しか見られない風景を求めて、やって来たのは、茨城県の潮来市!

 

 

この時期しか見られない風景と言えば

100万株のあやめが咲き誇る「水郷潮来あやめ祭り」!

 

という事で今回は、潮来市地域おこし隊の

矢口さん、鈴木さん、そして潮来市秘書政策課の藤井さんにナビして貰いました!

 

 

 昭和27年から始まって、日本で最も歴史があるといわれている「水郷潮来あやめまつり」

残念ながら取材時には、まだあやめは咲いていませんでしたが、

今年は、5月27日(土)から6月25日(日)までの約一ヵ月間開催。

 

 

残念ながら取材時には、まだあやめは咲いていませんでしたが

今年も「手漕ぎの ろ舟遊覧」や

 

※写真はRoniの勝手なイメージですww

 

日中とはまた違う幻想的な雰囲気を味わえる「夜のライトアップ」

そして本物の花嫁さんが舟に乗って花婿さんの元へ向かう「嫁入り舟」など

盛り上がるイベントも色々ありますよ!

 

期間中、潮来までのJR往復の乗車券に昼食、そして遊覧船に乗って

園内を流れる前川からあやめを見ることができる、お得なびゅう旅行商品も販売中です!

是非、今しか見られない風景を目に焼き付けに行ってみてくださいね!!

 

 

投稿者 : tnavi|2017年5月14日

2017年5月7日

5月7日OA 『初夏の味覚は南房総で!』

富浦で初夏の味覚と言ったらもちろん、枇杷!

という事で今年もこの時期がやってきました!

去年もお世話になった「とみうら枇杷倶楽部」の 小川さんにナビしてもらいましたよ!

 

 

この日は暖かくて、周りの花々には蜂が蜜を集めに来てましたよ~

 

 

去年はこちらで 実際にびわ狩りを体験させて貰って

枇杷の品種の違いで味がかなり変わる事を教えてもらったんですよね。

 

そんな「びわ狩り」を今年もJRびゅう旅行商品で、気軽に楽しめます!

「往復のJR乗車券」と「びわ狩り30分食べ放題」、

そして「とみうら枇杷倶楽部」で自由行動と選べるデザートが食べられるコースと

それにプラスして観光や昼食が付いたコースがあるんです。

 

今日はせっかくそのコースにも入っている

とみうら枇杷倶楽部に来ているので、小川さんにお買い物のときに悩まないよう

枇杷を使ったお土産人気ベスト3を教えてもらいました!

 

第3位は!「枇杷パフ」

第2位は!!「房州産びわカレー」

そして第1位は!「完熟びわゼリー」

 

という結果に。

お買い物の参考にしつつ、もちろん他にも沢山の枇杷の商品があるので

あなた好みの一品を見つけてくださいね。

 

今の時期しか食べられない旬の枇杷を味わってください!!

 

 

投稿者 : tnavi|2017年5月7日