blogトップ

2018年4月29日

4月29日OA 『成田山は1080年!?』

JR成田駅からすぐの成田山新勝寺では、10年に一度のアレを開催!

 

 

という事で成田駅の脇さんにお話しを伺ってきました!!

 

今回行われるのが「成田山開基1080年祭・記念大開帳奉修」

「?」パっと見では分からないので簡単に説明すると、、、

今から1080年前の天慶3年に真言宗の寛朝大僧正が東の国の争いを

収めるために、西の京の都からやってきてココ成田で祈祷したことで

争いが鎮まったと言われていて、それが成田山の開基なんだそうです。

 

そんな成田山の開基をお祝いして10年に一度行なわれる行事が

「成田山開基1080年祭・記念大開帳奉修」なんですね。

 

この期間中には「ご開帳・特別大護摩札が授与されたり、

境内に建てられた13mの大きな塔婆という木の柱に結ばれた御手綱を握って

お不動様のご利益がいただけたりと様々な行事が行われています。

 

次にこの行事が行われるのが2028年!

簡単には体験できない特別な旅、見逃さないように!

 

 

投稿者 : tnavi|2018年4月29日