blogトップ

2019年2月3日

2月3日OA 『発酵食品と言えば?』

今日は体に嬉しい旅をナビということでやってきたのは

発酵の町としてもお馴染みの神崎町に酒蔵がある酒造、鍋店さん。

社長の大塚さんにお話しを伺いました!

 

 

そんな神崎町に縁のある鍋店さんは元禄2年創業、去年330年目を迎えたそうです!

日本酒の「仁勇」や「不動」といったら見たことある人も多いハズ。

伺った時期はちょうど お酒の仕込みをしている時期なので

造りたての「新酒」も楽しめましたよ。

 

もちろん日本酒も発酵食品ですけど、それ以外にもいろいろあるんです。

味噌や醤油、糀や、第一回長野県甘酒鑑評会で名誉審査長賞に輝いた甘酒、

さらに「発酵の里こうざき」という道の駅には、

全国から仕入れた色んな発酵食品も揃っているんです。

 

列車に揺られながらそんな神崎町をブラっとしてみるのはいかがですか?

「発酵の里こうざき」はJR成田線・下総神崎駅からタクシーや自動車で

7分くらいの所にあります。

街中を散歩しながら歩いてみるのもオススメですよ~

 

 

今回は成田山新勝寺の近くにあるお店でお話しを伺ったので

次こそは「発酵の里こうざき」へ!!

 

投稿者 : tnavi|2019年2月3日