2019年3月31日

3月31日OA 『カワイイ動物に会える旅』

毎日カワイイ動物に会いたくて会いたくて震えているRoniさんがやってきたのは

JR「安房鴨川駅」! ここの近くでカワイイ動物に会えると言ったら。。。

鴨川シーワールド

 

 

コチラの立川さんにナビしてもらいました!

お邪魔して早速シャチのショーを見学!!

 

 

さらに屋内でセイウチの子供に興味津々のRoniさん

 

 

あっ、一頭増えた。。。

 

 

どちらかというとセイウチの子供がRoniさんに興味津々みたいww

 

さらに現在、鴨川シーワールドでは世界初となる「メガマウスザメ」の

全身骨格標本を展示しているんです!

なぜ世界初なのかというと、そもそもサメの仲間は軟骨で形成されているため

骨格標本を作るのがとても難しいそうで、それを特殊な方法を使って

骨格標本化しているとても貴重で珍しいものなんです。

 

 

写真だと小さく見えますが、実際はかなり大きくて

その隣に展示してあるシャチの骨格標本と比べてみると

質感の違いとかが分かってより楽しめます、一見の価値ありですよ!

 

他にも常に様々なイベントで私たちを迎えてくれる鴨川シーワールドへは

JRのオトクな日帰り旅行商品があるので、お出かけの際にはどうぞ!!

 

さぁトレナビは、まだ見ぬスポットを探しに旅に出ます。

次にお会いできるときはもっともっと素敵な旅を見つけてきますね!!

 

またラジオやラジコの前で会いましょう!!

 

投稿者 : tnavi|2019年3月31日

2019年3月24日

3月24日OA 『山武のグランプリといえば?』

山武市で行われるグランプリといったらそれは。。。

第8回いちごの里 さんむS1グランプリ&桜まつり

 

という事でやって来たのはその会場となっている「さんぶの森公園」。

そこにある展望タワー「グリーンタワー」に勝手に昇るRoniさん!?

 

 

結局そこでお話しを聞くことに。。。

ナビしてくれたのは山武市役所の鈴木さん!

 

 

鈴木さんがまさかの山武市のキャラクター

「SUNムシくん」になって登場! 気合入ってます!!

 

そんな山武市で行われるS1のSとは地元の名産、ストロベリーのS、

そして山武、スイーツ、桜のSにかかっていて地元の特産のイチゴを使った

スイーツを食べる事ができるんですが、なんと今年は

過去のS1グランプリで受賞した商品から投票によってグランプリを決定するという

ベストオブベストな大会! いちご好きの方なら見逃せません!!

 

さらに時期的に桜の季節という事もあって当日は桜まつりも開催するんです。

美味しいスイーツを楽しみながら桜も愛でるチャンス!

開催日の3月30日(土)にはJRの駅からハイキング

「春を感じる里山さんぽ ~樹齢約300年のしだれ桜めぐり~」も行われるので

たっぷり山武市で春の訪れを感じる事ができるハズです!

是非、遊びに来てね~

 

 

投稿者 : tnavi|2019年3月24日

2019年3月17日

3月17日OA 『かわいい動物とイチゴで映えまくり!』

この時期、千葉県のいろいろな所で楽しめるのイチゴ狩り。

今回訪ねたのは。。。成田市にある「成田ゆめ牧場」!!

 

 

成田ゆめ牧場でも、もちろんイチゴ狩りが楽しめるんです!

ナビしてくれたのはスタッフの太田さん。

 

 

Roni氏、早速イチゴ狩り開始

 

 

今年はいろんなイチゴを食べているRoniさんも納得の味!

 

そしてイチゴはもちろんなんですが、やっぱり成田ゆめ牧場といえば

春先は色んな動物の赤ちゃんに会えたり、イースターのイベントが行われたりと

一日遊べること間違いなしです!

特にイースターのイベントでは何故かイースター島のモアイが出現してるらしい。。。

何が起こっているのかはあなたの目でチェックしてくださいね。

 

その後Roni氏は沢山の動物たちとたわむれていましたよ。

仔牛と会話するRoni氏。

 

 

ハリネズミを撮りまくるRoni氏。

 

 

フクロウでインスタ映えを狙うRoni氏。

 

 

この時期しか楽しめないことがいっぱい!

成田ゆめ牧場へはオトクなJRの日帰り旅行商品もあるので

詳しくは「えきねっと」や「JR千葉支社のHP」で!!

 

投稿者 : tnavi|2019年3月17日

2019年3月10日

3月10日OA 『欲張りRoniさん』

冬の間に体が鈍っていたRoniさん。

どんどん暖かくなっていく南房総で体を動かせる旅がないか

道の駅・とみうら枇杷倶楽部 の 鈴木さんに伺いに来ましたよ!

 

※外の景色をメインにしたら逆光にww

 

そんな鈴木さんからオススメされた旅は3つ。

まずは、とみうら枇杷倶楽部のイチゴを栽培しているハウスの中を歩き回って

イチゴ狩りをする。。。たしかに美味しいイチゴを探して歩き回りそう。

 

続いては「道の駅・おおつの里 花倶楽部」ではキンギョソウやストックなどの

花摘みができるということで、これもハウスの花畑を歩き回りながら

お気に入りの花を探すという旅。。。これも確かに歩き回りそう。

 

そして最後は館山市神戸地区のブランドレタス「神戸レタス」狩り。

広い畑を歩いて大きいレタスを探すのはなかなかの運動になりそう

。。。なんか全部狩りだったんですけど。

 

3月31日まで限定のJRの日帰りびゅう旅行商品

「観光周遊バスで巡る 早春の南房総 欲張り満喫だっぺ号」なら

今紹介した収穫体験が全てできるので、オトクで体も動かせて

美味しいものも食べられるからオススメだなんですって!

 

しかも途中で地元の人に大神宮と呼ばれている「安房神社」での自由散策や

釜めし「さわ希」で、びゅうオリジナルの「さざえ釜めし御膳」、

渚の駅たてやまでお買い物など盛りだくさんの内容。。。

確かにこれはアリですね!

 

※何故か微妙な顔つきのお二人ww

 

投稿者 : tnavi|2019年3月10日

2019年3月3日

3月3日OA 『あなたの知らない街の歴史。。。』

もっともっと千葉の事を知りたいRoniさんがやって来たのは鴨川市!

なんでも鴨川の事を色々と知ることができる旅というのがあるという事で

鴨川プラットフォームという地元の活性化に力をいれている旅行会社の

根本さんにナビしてもらいました!

 

 

鴨川といえばRoniさん的には鴨川シーワールド、大山千枚田、鯛せんべい

なんていうイメージでしたが、そんな有名なところとはまた違う地元の話を

根本さんには教えて貰いました。

 

鴨川市の太海地区は実は明治頃まで「波太(なぶと)」と呼ばれていたことや、

新日本百景にも選ばれている「仁右衛門島」は、日蓮聖人や源頼朝に縁があって

松尾芭蕉の歌碑があったりすること、さらに江澤館という旅館には

「文藝春秋の表紙画」や「国立近代美術館」にも作品がある安井曾太郎さんに

縁があったりと、鴨川という街の歴史を聴くと街を散策するだけで

旅に深みがでてくる感じがしますよね。

 

そんな鴨川を楽しむための日帰りびゅう旅行商品

「ガイドと歩く 太海漁村巡り と 仁右衛門島散策」ではガイドと一緒に

太海の漁村を散策して、昼食は江澤館で地元の食材を中心としたランチ。

そして仁右衛門島への渡り船のチケットと仁右衛門島の自由散策がセットになった

ちょっと大人の旅となっています。

人とはちょっと違った旅を求めているあなたにはぴったりはハズ!

 

 

。。。ちなみにこの取材後、根本さんオススメの鴨川名物

「おらが丼」を食べに「名代亭さん」へ

 

 

やばいでしょ!

Roniさんもこの表情。。。

 

 

やっぱり旅に来たら地元のオススメを食べないとね!!

 

投稿者 : tnavi|2019年3月3日