blogトップ

2019年3月3日

3月3日OA 『あなたの知らない街の歴史。。。』

もっともっと千葉の事を知りたいRoniさんがやって来たのは鴨川市!

なんでも鴨川の事を色々と知ることができる旅というのがあるという事で

鴨川プラットフォームという地元の活性化に力をいれている旅行会社の

根本さんにナビしてもらいました!

 

 

鴨川といえばRoniさん的には鴨川シーワールド、大山千枚田、鯛せんべい

なんていうイメージでしたが、そんな有名なところとはまた違う地元の話を

根本さんには教えて貰いました。

 

鴨川市の太海地区は実は明治頃まで「波太(なぶと)」と呼ばれていたことや、

新日本百景にも選ばれている「仁右衛門島」は、日蓮聖人や源頼朝に縁があって

松尾芭蕉の歌碑があったりすること、さらに江澤館という旅館には

「文藝春秋の表紙画」や「国立近代美術館」にも作品がある安井曾太郎さんに

縁があったりと、鴨川という街の歴史を聴くと街を散策するだけで

旅に深みがでてくる感じがしますよね。

 

そんな鴨川を楽しむための日帰りびゅう旅行商品

「ガイドと歩く 太海漁村巡り と 仁右衛門島散策」ではガイドと一緒に

太海の漁村を散策して、昼食は江澤館で地元の食材を中心としたランチ。

そして仁右衛門島への渡り船のチケットと仁右衛門島の自由散策がセットになった

ちょっと大人の旅となっています。

人とはちょっと違った旅を求めているあなたにはぴったりはハズ!

 

 

。。。ちなみにこの取材後、根本さんオススメの鴨川名物

「おらが丼」を食べに「名代亭さん」へ

 

 

やばいでしょ!

Roniさんもこの表情。。。

 

 

やっぱり旅に来たら地元のオススメを食べないとね!!

 

投稿者 : tnavi|2019年3月3日