2017年7月16日

7月16日OA 『ギガ!!!』

この夏、日本初公開のアレを見に行ってみませんか?

そのアレとは。。。日本恐竜展史上最大となる「ルヤンゴサウルス」です!

 

全長38m、高さ14m、重さ130tのルヤンゴサウルスの全身復元骨格を

公開しているのが幕張メッセで行われている

ギガ恐竜展2017~地球の絶対王者のなぞ~

 

今回は30点を超える、日本初公開の恐竜が展示。

ワイレックスという愛称のティラノサウルスの全身骨格も日本初公開

なんですが、このワイレックスは保存状態が素晴らしくて、

今まで発見されたティラノサウルスの中で唯一、皮膚の印象を残した

化石として知られているんです。

 

他にも恐竜の全身骨格や 化石標本、生体モデルやロボットなどを通して

「恐竜の大繁栄」の要因になった謎に迫る展示になっているんだとか。

 

9月3日まで開催している「ギガ恐竜展2017」が行われている

幕張メッセへは、JR京葉線・海浜幕張駅から徒歩約5分。

JR総武線・幕張本郷駅からバスでも行くことができます。

 

入場券はお手軽にSuicaで購入することもできるので、チャージを忘れずに!

 

今回ナビしてくれたのは、幕張メッセの林さんでした!

 

 

投稿者 : tnavi|2017年7月16日

2017年7月9日

7月9日OA『オススメグルメ in 成田!』

旅の楽しみといえば、美味しいご飯を食べる事!

という事で今回はJRの駅社員さんがオススメするグルメをご紹介しますよ!

 

教えてくれたのはJR成田駅社員の 佐藤さん!

そんな佐藤さんオススメのお店が、成田駅すぐそばにある「キッチン拓」さん。

 

 

地元の人たちを中心に愛されているコチラのお店で、

佐藤さんの一押しが『帆立とアボカドとサーモンのクリームパスタ』!

 

 

細麵のパスタにクリームソースが良く絡んでいます!!

Roniさんも絶賛です!!

 

そして「キッチン拓」の 渡辺さんにもお話を伺ったんですが

この「拓」という店名は息子さんの名前からとっているそうで、

イタリアでは漁師さんが自分の船に子供の名前を付けると神様に守られて

沈没しないという由来から付けたんだとか。

そのお陰か長い間愛されるお店になっていますよ!

 

 

パスタ以外にも、仔牛のグリルやエスカルゴなど本格的な料理が

リーズナブルに楽しめるお店です。

気さくな渡辺さんとお話ししながら料理を楽しんでくださいね!

 

ランチは午前11時からお昼1時30分、

ディナーは夕方5時から夜10時までで日曜・祭日はお休みです。

成田に来た際には是非!!

 

※Roniさんはこの取材の後、プライベートでも行ったそうですww

 

投稿者 : tnavi|2017年7月9日

2017年7月2日

7月2日OA 『成田うなぎ祭り!』

この夏、成田で行われている美味しそうなイベントが「成田うなぎ祭り!」

暑い夏を乗り切るために、一度は食べておきたいですよね!!

 

今回ナビしてくれたのがは成田観光館の 山下さん

 

 

成田といえば成田山新勝寺の参道には江戸時代から成田詣でのお客さんを

もてなしてきた、うなぎ料理のお店が並んでいます。

 

そんな「うなぎの街」とも呼ばれる成田のうなぎを

もっと知ってもらうために行っているイベントで今年は土用の丑の日を挟んだ

7月14日(金)から8月27日(日)まで開催。

 

どうやって楽しむお祭りかと言うと、まず観光案内所などで配布している

専用のスタンプ用紙を手に入れて、この期間中に「成田うなぎ祭り」の

参加店舗で、買い物やお食事、お買い上げ金額が1,000円毎に

スタンプを1個押してもらえます。ちなみに1店舗、スタンプは2個まで。

 

それで2店舗以上巡ってスタンプを3個集めれば、豪華賞品が当たる

抽選会に応募できます。

参加店舗は、うなぎ屋さんを中心に107店舗もあるので、

ちょっとお出かけしてご飯を食べつつ、お土産を買えばスタンプ3個なんて

すぐじゃないですか!!

 

気になる賞品は、とにかく豪華!!

まずはスタンプ用紙にもなっているパンフレットを手に取ってみてください!

 

成田は千葉から 30分ちょっと列車に揺られれば着いちゃうので、

お散歩気分で遊びに来てください。

 

ちなみに帰りに参道で見つけた「うなぎぱん」

 

 

かば焼きが挟まってて、うまし!

 

投稿者 : tnavi|2017年7月2日

2017年6月25日

6月25日OA 『房総へウエルカム!』

首都圏からちょっとお出かけするのにぴったりな房総を

お得に楽しめるキャンペーンがスタートしています!

その名も「ウエルカム房総プレゼントキャンペーン!!」

 

JRの首都圏主要駅に設置されている縦長の専用リーフレットを手に入れて

房総の対象の観光施設で1つでもスタンプを押すと

ステキなプレゼントに応募ができるんです。

 

その対象の観光施設と言うのが「東京ドイツ村」「マザー牧場」

「かつうら海中公園」「東京湾フェリー」「鴨川シーワールド」

「仁右衛門島」「鋸山ロープウェイ」「館山ファミリーパーク」

「太海フラワーセンター」の9か所。

 

そして気になるプレゼントは?

スタンプ1つで貰える C賞から、3つ集めれば貰える A賞まで

合計118名様分の賞品が用意されているんです。

気になるA賞は「サンライズ九十九里ペア宿泊券」や

「駅レンタカーSクラス利用券」など豪華な賞品が揃ってますよ!!

 

期間は12月31日までと年内いっぱいまでやっているので

時間をかけて房総を回ってみて下さいね!!

 

ちなみにこのパンフレットには対象の観光施設の割引券が付いているので

上手く活用してお得に旅を楽しみましょう!

 

今日ナビしてくれたのは、JR千葉支社の 長島さんでした。

 

 

投稿者 : tnavi|2017年6月25日

2017年6月18日

6月18日OA 『無形文化遺産ですよ!』

今回は夏の訪れを感じさせてくれる、千葉を代表するお祭り

「佐原の大祭 夏祭り」をナビして貰う為に佐原にやってきました!

 

 

ナビしてくれたのは、

いつもお世話になっている水郷佐原観光協会の増子さん!

 

そんな「佐原の大祭・夏祭り」といえば、

去年「山・鉾・屋台行事」としてユネスコの無形文化遺産に

佐原の山車行事が登録されたんですよね!

登録後、初のお祭りなので地元は盛り上がっていました!!

そんなお祭り、今年は7月14日(金)から16日(日)までです。

 

ちなみに佐原の大祭は毎年 夏と秋に行われているんですが

市内に流れる小野川を挟んで、夏は東側の本宿地区

秋は、西側の新宿地区で行われていて、それぞれ夏祭り、秋祭りとして

行なわれているそうです。

一年に二回もお祭りがあるなんて羨ましい。。。

 

お祭りを楽しむには、山車の惹き廻しはもちろん

日本三大囃子のひとつと言われている、佐原囃子にも注目ですよ!

 

 JRでは、往復のJR乗車券とランチがセットになった

日帰りびゅう旅行商品を販売中です!

ユネスコ無形文化遺産に登録されたお祭り、お得に楽しんでくださいね!

 

投稿者 : tnavi|2017年6月18日

2017年6月11日

6月11日OA 『JRナンバー1といえば?』

今回はJRで一番を求めて、Roniさんの地元・長野県の小海線へ初乗車!

 

 

車窓から見える景色が都会の喧騒を忘れさせてくれます!

 

 

列車内の路線図もなんかいつもと違う感じ!

 

 

そんな旅気分を味わいながらやってきたのは「野辺山駅」!!

 

 

外観も可愛らしい駅でしたよ~

 

 

この「野辺山駅」、実はJRの中で最も標高の高い場所にある駅なんです!

 

 

そんな野辺山でお話を伺ったのは「八ヶ岳グレイスホテル」支配人の 小塩さん。

 

 

そして、このJRいち高い場所にある駅の

最寄りのホテルで楽しめる事といえば景色!

 

 

。。。は、もちろんなんですが その景色のさらに上

夜に楽しめる「星空」なんです!!

 

今回は昼間の取材で観ることができませんでしたが

ここ野辺山は天文学者の方たちが選ぶ「日本三選・星名所」に選ばれていて

沖縄県石垣島、岡山県井原市美星町と並ぶ、

日本で一番きれいな星空ベスト3に選ばれています。

 

そしてここ「八ヶ岳グレイスホテル」は夜空を楽しむ為に

ホテルには専用の星空グラウンドがある、星空観察にぴったりなホテル。

 

7月から信州デスティネーションキャンペーンが始まって

お得なプランもあるので、お子さんの夏休みの自由研究から、

ロマンティックな気分に浸りたいカップルまで是非一度、

この星空を眺めてもらいたいです!

 

 

でも正直、昼間でも楽しかったですww

 

投稿者 : tnavi|2017年6月11日

2017年6月4日

6月4日OA 『今年の夏は信州が熱い!』

今回やって来たのは長野県の「飯山駅」!

 

 

Roniさんの地元でもある長野県で、この7月から

信州デスティネーションキャンペーンがスタート!

 

という事で、ここ飯山を中心としたアクティビティを紹介してくれる飯山駅構内にある

信州いいやま観光局の 高柳さんにナビしてもらいました!

 

 

今回のキャンペーンに併せて、色んなアクティビティが用意されていて

例えば日帰りなら、森林ヨガ、ノルディックウォーキング、森林散策などが楽しめたり

宿泊なら、コテージに泊まって色々な里山遊びを楽しめたりと

山の信州ならではの遊びが色々体験できるんです!

 

 

ちなみにコチラの信州いいやま観光局では、レンタサイクルもやっているんですが

色んなタイプの自転車があるのでちょっとした街乗りでも楽しみ方が変わってくるとか!

Roniさんが気に入ったのはこのタイプ!

 

 

信州デスティネーションキャンペーンに併せてお得なびゅう旅行商品も揃っています!

この機会に新幹線で日帰りもできちゃう信州の大自然を満喫してくださいね!!

 

投稿者 : tnavi|2017年6月4日

2017年5月28日

5月28日OA 『北の大地に初上陸!』

 

 

先週、青森から送り出されたRoniさんは、さらなる北へと向かいます!

 

 

そしてやって来たのが!!

 

 

とうとうトレナビは本州から北海道へとやってきました!

 

そしてこの北海道新幹線の終着駅「新函館北斗駅」がとにかくオシャレ!!

 

 

思わずのんびりしそうになったんですけど違うんです。

今回の目的地はここからすぐの所にある「大沼公園駅」

 

 

とても長閑なこの駅のそばにある「大沼国定公園」が今回の目的地!

 

 

この公園で遊覧船を営業している、大沼合同遊船の小泉さんにナビしてもらいました!

 

 

せっかくなんでまずは大沼公園にある「大沼」と「小沼」を巡れる遊覧船に乗船!!

 

 

ではRoni船長お願いします!!。。。って訳はもちろんありません。

実際はこんな感じですよ。

 

 

この遊覧船は窓の外が水面に近いのでホントに水の上を滑るように進んでいきます!

 

窓の外には、湖に点在する大小の小島や

 

 

北海道駒ヶ岳が一望できます!

 

 

そして大沼と小沼をつなぐ橋の下をギリギリで潜り抜けるアクティビティ?もww

 

 

こんな大自然を楽しめるのはもちろん!地元には「大沼牛」というブランド牛や、

数々の審査会で受賞歴がある「大沼ビール」なんていう美味しいものも!!

 

そして帰りには地元で100年以上の歴史があるという

「大沼だんご」を食べに、駅前にある「沼の家」さんへ。

 

 

「大沼」と「小沼」をイメージしたという「大沼だんご」がコチラ!

 

 

お団子を探しながら食べるのも楽しいですよ~

 

そして周辺には普段お目にかかれないフォトジェニックなスポットも

沢山あるので他の人と差をつけたい写真を撮りたい人も是非!!

 

 

最後のは新函館北斗駅で見かけましたww

 

旅先で巡り合える何かを求めて、皆さんも新たな一歩を踏み出してみてくださいね!

 

投稿者 : tnavi|2017年5月28日

2017年5月21日

5月21日OA 『お久しぶりに北の地へ!』

 

北海道新幹線に乗って、Roniさんは約二年ぶりに あの場所へと向かいました!

その場所は。。。

 

 

北海道新幹線が開通してから1年が経ってますます盛り上がる青森県です!!

 

 

ここから在来線に乗って移動しますよ!

 

 

なんか車内には見慣れない広告?が、

 

 

ドアにスイッチが付いてるタイプなので説明書きが。。。

千葉に住んでいると普段見ないだけに、地元の人にとっては当たり前のことでも

「違う土地に来たんだなぁ」って感じられる一瞬です。

 

そしてやって来たのは青森駅!

 

 

駅の近くにある青森県観光物産館アスパムへ

 

 

青森県の頭文字Aをあしらった斬新なデザイン!?

その中でお話しを伺ったのは青森県観光連盟の鳥山さん!

 

 

眺めの良い部屋だったんですが、逆光で上手く撮れずww

 

そんな鳥山さんに、これから夏にかけて楽しめるスポットを聞いたところ

前回「ワ・ラッセ」という青森ねぶたが体験できる施設に行った話をしたら

青森市のお隣、五所川原市の「立佞武多(たちねぷた)」も凄いんですって!

 

その名の通り高さが20m位になる山車を運行して

横に大きい青森ねぶたとはまた違った迫力が味わえるとか。

もちろんお祭りに行くのが一番なんですが、五所川原市にある「立佞武多の館」では

一年中実際の立佞武多を観ることができるのでオススメだそうですよ。

 

それから食では時期によって色んな食材が楽しめる「のっけ丼」がおススメ!

こちらは前回来た時に体験しているので詳しくはコチラで。。。

 

そんな夏の青森県を楽しむなら、北海道新幹線を使って

お得なびゅう旅行商品で遊びに来てください! 色んな旅がありますよ~

 

※これは青森ねぶたです。

 

青森駅周辺だけでも、青函連絡船が観られたり

 

 

取材した時期には桜(?)が満開だったり

 

 

青森名物の煮干しをつかったラーメンが味わえたり

 

 

色々楽しめます!

青森県を丸ごと楽しむには一度にじゃなくて、あせらず何度も足を運んでみてくださいね!

 

投稿者 : tnavi|2017年5月21日

2017年5月14日

5月14日OA 『今しか見られない風景』

今しか見られない風景を求めて、やって来たのは、茨城県の潮来市!

 

 

この時期しか見られない風景と言えば

100万株のあやめが咲き誇る「水郷潮来あやめ祭り」!

 

という事で今回は、潮来市地域おこし隊の

矢口さん、鈴木さん、そして潮来市秘書政策課の藤井さんにナビして貰いました!

 

 

 昭和27年から始まって、日本で最も歴史があるといわれている「水郷潮来あやめまつり」

残念ながら取材時には、まだあやめは咲いていませんでしたが、

今年は、5月27日(土)から6月25日(日)までの約一ヵ月間開催。

 

 

残念ながら取材時には、まだあやめは咲いていませんでしたが

今年も「手漕ぎの ろ舟遊覧」や

 

※写真はRoniの勝手なイメージですww

 

日中とはまた違う幻想的な雰囲気を味わえる「夜のライトアップ」

そして本物の花嫁さんが舟に乗って花婿さんの元へ向かう「嫁入り舟」など

盛り上がるイベントも色々ありますよ!

 

期間中、潮来までのJR往復の乗車券に昼食、そして遊覧船に乗って

園内を流れる前川からあやめを見ることができる、お得なびゅう旅行商品も販売中です!

是非、今しか見られない風景を目に焼き付けに行ってみてくださいね!!

 

 

投稿者 : tnavi|2017年5月14日